テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.05.11

クレジットカードの審査が通らない理由

 クレジットカードを作るときには、必ず審査を通る必要がありますよね。クレジットはカード会社が先に負担して申込者が後払いするシステムなので、申込みを受けた会社は信用情報機関を通して、申込者の返済能力に問題ないかを確認しなくてはならないためです。しかし、時にはクレジットの審査に落ちてしまうこともあります。クレジットの審査はどんな仕組みになっていて、なぜ審査が通らないことがあるのでしょうか。

クレジット審査の流れ

 クレジットの審査をするときには、各項目でポイントをつけて最終的な総合点によって可否の判断を下すスコアリングシステムを採用しています。

 返済能力のない人に対してクレジットカードを作るわけにはいかないので、まずは現在の状況に問題がないかを確認します。年齢や雇用形態、勤続年数、年収、他社の借り入れ状況などを確認し、それぞれの項目に点数をつけていきます。虚偽の申告がないように、企業に在籍確認を行うこともあります。

 こうした情報の他に必ず確認するのが、クレジットやローンの利用に関する信用情報です。この情報は信用情報機関に登録されていて他の金融機関と連携して共有しているため、申込みを受けた企業は申込者の情報を閲覧することができるようになっています。これまでのクレジットやローンの使用状況に問題はなかったか、遅延は発生しなかったか、収入に対しての借り入れは適切であるかなどを細かくチェックしていきます。

 こうしたチェック項目でスコアリングを行い、規定以上のスコアであればクレジットカードを発行してもらえますが、規定以下の場合には審査で落とされてしまいます。つまり、クレジットカードの審査に通過しない大きな原因は「スコアが足りないこと」にあるのです。

なぜ通る場合と通らない場合があるのか

 500人の男女に聞いたアンケートの中で、クレジットの審査に落ちた経験を持っている人は99人で、全体の2割にのぼることが分かりました。その原因は何だと思うか聞いたところ「収入が低いため」「延滞履歴がある」「勤続年数が短い」「非正規雇用」という意見が上げられていました。確かに、上記のスコアリング項目と照らし合わせるとこうしたポイントが原因になっていることは想像に難くないですよね。(「クレジットカードの審査に関するアンケート調査」保険マンモス株式会社)

 しかし、この99人のうち78%の人が別のクレジット会社の審査に通過したと回答していることも分かりました。スコアリングによる審査であれば、どの企業がやっても同じスコアになるはずなのに、なぜ「A社では通ってB社では落ちる」という現象が起こるのでしょうか?

 実は、審査のときの項目は各企業でほぼ変わらないものの、スコアの付け方や規定のスコアは企業によって異なっているために、企業によって審査に通ったり通らなかったりするのです。なかでも流通系と呼ばれるカードは営業戦略としても利用者を増やす必要があるため、他のカードよりもスコアが高くつけられやすく、審査に通りやすい傾向にあります。一方で銀行系のカードは審査が厳しく、信用情報に問題があると通らないといわれています。

 その他もより審査の通りやすい消費者金融系や銀行よりは審査に通りやすい信販系、石油系、航空系などさまざまなクレジット会社の種類がありますが、それぞれ審査の基準が異なるために「A社では通ってB社では落ちる」という現象が起こるのです。

信用情報はいつまで登録されるのか?

 信用情報に問題がないことが一番ですが、やむをえず返済を長期滞納してしまったなどの情報が登録されてしまうこともあります。しかし、そうした情報が信用情報機関に残るのは、およそ5年といわれています。つまり、5年を経過すればクリアになるため、審査に通りやすくなることが考えられます。ただ、自己破産した場合には5~10年は登録が保持されますので、クレジットカードを作れるようになるにはかなりの時間がかかってしまいます。

 クレジットカードの審査に通るか不安になった経験をお持ちの方もいると思いますが、本人の現在の状況や信用情報によっては、審査に通りにくいカードがあることもお分かりいただけたかと思います。審査に落ちた場合でも、より間口の広い企業のカードに申し込めば審査に通る可能性があるので、広い視野を持ってカード会社を選んでみてください。

<参考サイト>
・クレジット会社の審査 | クレジットの利用 | 消費者のみなさまへ | 一般社団法人日本クレジット協会
https://www.j-credit.or.jp/customer/basis/examination.html
・審査が甘いクレジットカードと通りやすくする秘訣!クレジットカード審査を解説!|クレジットカード大学
https://hoken-mammoth.com/creditcard/entry-135/
・クレジットカードの審査に通るか不安を感じた方は半数以上!?不安に思う理由の第1位は!?|保険マンモス株式会社のプレスリリース
https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000023.000096733.html
・ブラックリスト期間はいつ解除?クレジットカードへの影響や確認方法 | 借金返済・債務整理の相談所
https://hibiki-law.or.jp/debt/hensai/9997/

~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恒存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
2

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
3

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
4

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

インドが世界有数のIT産業の拠点へと発展した理由

躍進するインドIT産業の可能性と課題(1)下請けから世界の中心へ

近年、世界的にIT産業の発展は目覚ましいが、インドがその中で果たす役割は非常に大きい。そこでこのシリーズでは、インドのIT産業の発展に関して、その背景や今後の展開について詳しく解説する。第1話は、シリコンバレーの下請...
収録日:2020/04/07
追加日:2020/06/05
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授