10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.08.14

「紙おむつ」が「神おむつ」に!?中国爆買いに見るビジネスチャンス

 中国人による爆買いは、日本のビジネスに少なからず影響を及ぼしている。その中で注目してみたいのは、「紙おむつ」騒動だ。

 日本製の「紙おむつ」の性能の良さ、特に花王の「メリーズ」の評判が中国のインターネットで広まったところに起因する。日本の「おむつ」は、中国にとって「神おむつ」になったのだ。

 中国では子どものためなら出費を惜しまない。こうした事情から、花王は出遅れていた中国市場に同社初となる中間所得層向け製品「メリーズ瞬爽透気」を発売した。これが、予想以上の大ヒット!

 結果、日本の倍以上の価格で取引されるようになった。その価格差に目をつけた中国人ブローカーは日本国内で「紙おむつ」を買い占め、中国国内で転売という流れができた。

 日本の「メリーズ」をもとめてドラッグストアへ殺到する中国人の騒動は、兵庫県で逮捕者が出るところまでエスカレートした。

 中国国内では、これとは別に中味を入れ替えたり、フェイクなどの問題があったことが容易に想像できる。

 また、こうした騒動は、純粋な需要と供給のバランスからズレた情報によって煽られているように思える。インターネットなどの情報と扇動されやすさの恐ろしさを感じざるをえない。これはiPhone6の転売ヤーと同じ経済心理が働いているようだ。

 日本国内における紙おむつ事情も、なかなかヘビーな状況にある。ベビーのいる家庭にとっては毎日使うものだけにその価格は捨て置けない。ベビー用品の比較サイト『ベビ得』で調べてみると、同一地域の店舗価格差が500円になるところもあるようだ。これは、中国人の動きと少なからず影響しているのではないだろうか。

 今後の「紙おむつ」騒動についてだが、赤ちゃんに限ることではない。

 日本は世界有数の高齢化の課題先進国である。高齢者向けの優れた「紙おむつ」が次の騒動の火だねになりかねないのだ。こうした「おむつ」のケースから「おつむ」(頭)を働かせ、中国に限らず加速的に進むであろうアジア高齢化マーケットに先手を打つことを考えたい。

(10MTV編集部)