テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.10.01

日本の国防意識は77カ国で最低?

 「世界価値観調査」(WVS:World Values Survey;ワールド・バリューズ・サーベイ)という国際プロジェクトをご存知でしょうか。

 2022年現在の最新版となる第7回「世界価値観調査」(最大77カ国から回答)のうち、日本の国防意識が77カ国で最低という結果が出たと考察されています。

「世界価値観調査」とは?

 「世界価値観調査」とは、1981年以来7回にわたり延べ120の国と地域を対象に18歳以上の男女1000~2000サンプルの回収を基本とした、個人単位の意識調査です。

 世界数十カ国の大学・研究機関の研究グループが参加し、基本的に統一の調査票を用い、各国国民の意識を調べ、相互に比較。調査対象分野は、政治観、経済観、労働観、教育観、宗教観、家族観など広範囲に及びます。

 1981年に初回調査を行い、以後1990年から約5年ごとの周期で行われています。そのため、中長期的な意識変化や価値観の変遷を調査できることも、「世界価値観調査」の魅力の一つといえます。

「国防意識」ワースト5とトップ5

 2022年現在の最新版となる第7回「世界価値観調査」(最大77カ国から回答)のうち、国防意識を考察できる質問文と結果は、以下となっています。

 【日本語版の質問文】
「問39 もう二度と戦争はあって欲しくないというのがわれわれすべての願いですが、もし仮にそういう事態になったら、あなたは進んでわが国のために戦いますか。(1つだけ○印) 1 はい/2 いいえ/9 わからない」

 【英語版の質問文】
「Q151. Of course, we all hope that there will not be another war, but if it were to come to that, would you be willing to fight for your country? (Code one answer)  1 Yes/2 No」

 【77カ国における「はい」のワースト5とトップ5】
1日本:はい13.2/いいえ48.7/わからない38.1
2スペイン:はい34.0/いいえ56.1/わからない9.9
3リトアニア:はい34.3/いいえ44.8/わからない20.9
4北マケドニア:はい38.7/いいえ47.4/わからない13.8
5イタリア:はい38.8/いいえ46.7/わからない14.4
 《中略》
73中国:はい89.7/いいえ10.3/わからない0.0
74バングラデシュ:はい90.1/いいえ4.3/わからない5.6
75キルギス:はい93.0/いいえ6.1/わからない0.9
76ヨルダン:はい93.8/いいえ4.4/わからない1.7
77ベトナム:はい96.4/いいえ3.6/わからない0.0

日本の「国防意識」

 以上のように、「もし戦争になったら進んでわが国のために戦いますか」という問いに対して、日本の「はい」の回答者は約13%と、77カ国中ワースト1となっています。そして、日本の「わからない」の回答者は約38%であり、77カ国中トップ1となっています。

 これらの結果から、日本の国防意識は77カ国で最低といえるとも考察されています。

 なお、前回の第6回「世界価値観調査」においても、「もし戦争になったら進んでわが国のために戦いますか」という問いに対して、日本の「はい」の回答者率は最低でした。

 しかし、第6回「世界価値観調査」では「いいえ」より「わからない」の割合が高かったことに対し、第7回「世界価値観調査」では「わからない」より「いいえ」の回答者率が高くなっているなど、意識変化や価値観の変遷も見えてきます。

「国防意識」の高い国の特徴

 一方、「もし戦争になったら進んでわが国のために戦いますか」という問いに対して、「はい」の回答者が多い国、すなわち「国防意識」が高いと考察される国の特徴はあるのでしょうか。

 第7回「世界価値観調査」での「はい」のトップ5のうち、ベトナム・ヨルダン・キルギス・バングラデシュは、「もし戦争になったら進んでわが国のために戦いますか」という問いに対して90%以上が「はい」と回答。4カ国に続く中国も、89%以上が「はい」と回答しています。

 これらの国々に共通している点は、近過去に戦争や紛争で大きなダメージを受けていたり、現在も領土問題や騒乱の火種を抱えていたりするなど、国防意識に対する当事者意識が高い国といえます。

自国の政治に対する関心

 他方、「世界価値観調査」は18歳以上の調査ですが、若年層の意識についての調査もあります。

 2018年度に内閣府が実施した「我が国と諸外国の若者の意識に関する調査」では、調査時に満13歳から満29歳までの男女を対象とし、日本・韓国・アメリカ・イギリス・ドイツ・フランス・スウェーデンの7カ国のインターネット調査を比較しています。

 日本は「今の自国の政治にどのくらい関心がありますか」という問いに対して、「非常に関心がある」は12.2%、「どちらかといえば関心がある」は31.3%と、「関心がある」と回答した割合は43.5%という、7カ国中で一番低くなっています(なお、「関心がある」と回答した合計割合が一番高い国はドイツの70.6%、日本の次に合計割合が低い国は韓国の53.8%)。

 また、2013年度の調査時よりも6.6ポイント低くいなど、日本は若年層においても諸外国と比べ、自国の政治に対する関心度が最も低いことがうかがえる結果となっています。

 国防意識や自国の政治に対する関心を持つことは大切ですが、同時に極めてグローバリゼーションが進んだ現代において、すべての国は複雑に絡み合っているといえます。同時に、一人ひとりの国民が自分事として自国の価値や有り様を意識的に十分に考え、建設的に時間をかけて対話することも大切です。

 その際、「世界価値観調査」のような、中長期的視野を持った個人の意識の変化を知ることができる国際的なデータを活用することで、過去から現在を考え、現在から未来に繋げていくためのヒントを得られるのではないでしょうか。

<参考文献・参考サイト>
・『日本人の考え方 世界の人の考え方』(池田謙一編著、勁草書房)
・『日本人の考え方 世界の人の考え方Ⅱ』(電通総研/池田謙一編、勁草書房)
・World Values Survey Wave 7 (2017-2022) - WVS Database
https://www.worldvaluessurvey.org/WVSDocumentationWV7.jsp
・世界価値観調査 - 電通総研
https://institute.dentsu.com/keywords/wvs/
・「国のために戦いますか?」日本人の「はい」率は世界最低13%…50歳以上の国防意識ガタ落ちの意外な理由│PRESIDENT Online
https://president.jp/articles/-/58391?page=1
・特集1 日本の若者意識の現状~国際比較からみえてくるもの~│内閣府
https://www8.cao.go.jp/youth/whitepaper/r01honpen/s0_1.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学を理解する上で大事な「3つの柱」とは

地政学入門 歴史と理論編(1)地政学とは何か

国際政治を地理の観点からひも解く「地政学」という学問。近年、耳にすることも多くなった分野だが、どのような手法や意義を持った学問であるかを学ぶ機会は少ない。その基礎から学ぶことのできる今回のシリーズ。まず第1話では...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/04/30
小原雅博
東京大学名誉教授
2

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良が「沈痾自哀文」の中で語った人間の価値とは

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(2)救済思想と人間の価値

「人の善悪は報われるのか」という山上憶良の問いは、古くは4世紀の中国仏教界を揺るがしたものであり、新しくはミュージカル『キャッツ』にみられる救済思想とも重なっている。ここで難しいのは因果応報思想との関係で、人間の...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/19
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
3

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

失敗する日本のやり方…『孫子』に学ぶ華僑との違い

『孫子』を読む:九變篇(1)主導権を握るために

変化が激しいと敵の実態をつかめない。実態がよく分からないことほど恐怖に思うことはない。つまり、戦略として実態を明らかにしないことが非常に重要なのである。今回から3回にわたって学んでいく『孫子』の「九變」とは大いな...
収録日:2020/07/07
追加日:2024/07/18
田口佳史
東洋思想研究家
4

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

常識を初めて知った!?生成AIの大規模言語モデルとは

生成AI・大規模言語モデルのしくみ(2)機械学習と大規模言語モデル

機械学習とは何なのか。AIはどのように「理解をしている」のか。近年の著しい進歩により、ますます身近な存在になっている生成AIだが、それがどのようなメカニズムでさまざまなデータを出力しているのかを知る機会は少ない。そ...
収録日:2024/04/16
追加日:2024/07/16
岡野原大輔
株式会社Preferred Networks 共同創業者、代表取締役 最高研究責任者
5

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

2016年、2020年の米大統領選の各州の結果はどう違ったか?

「同盟の真髄」と日米関係の行方(6)アメリカ大統領選挙を占う3つの州

2024年11月に控えたアメリカ大統領選挙。民主党の候補者として現大統領のバイデン氏が、共和党の候補者として前大統領のトランプ氏が指名されることになった。激戦が予想されるが、大統領選挙には、その鍵を握る3つの州がある。...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/07/17
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使