テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.12.21

世界最強の「ハッカー集団」3選

 ハッキングやハッカーという言葉を耳にしたことはないでしょうか。政府や企業のコンピュータやネットワークに侵入して機密情報を盗み出すといった犯罪者といったイメージで、ニュースだけでなく映画でも取りあげられることも少なくありません。今回は、映画やドラマではなくリアルに活動しているハッカーの実像にせまりたいと思います。

ハッカーとは

 ハッカーというと、インターネットを通じて悪事を働く人という意味合いで使われることがありますが、必ずしも悪意を持って、不正行為を働く人たちというわけではありません。ハッカーは、もともとコンピュータや電気回路に関して深い技術的知識を持ち、その内部を覗いたり操作したりする人の総称です。

二種類のハッカー

 コンピュータやインターネットに関して深い技術的知識を持つハッカーですが、細かく分類すると2種類に分けることができます。それは、「ホワイトハッカー」と「ブラックハッカー」です。

 コンピュータの知識とネットワーク技術を善良な目的に使用するのがホワイトハッカー、それら知識と技術を不正な行為のために使用するのがブラックハッカーです。ブラックハッカーは別名でクラッカーと呼ぶこともあります。

 ちなみに、ハッカーの行為であるハッキングとクラッカーの行為を示すクラッキングも意味が違っています。ハッキングはコンピュータのオペレーティングシステムやプログラムの解析・改変を指す言葉で、クラッキングはコンピュータシステムやネットワークへの不正侵入、破壊、データ改ざんといった不正行為を指す言葉になります。

世界的なハッカー集団3選

 ニュースで報じられる国や企業などのコンピュータシステムへの攻撃の大半は、少数のハッカー集団によるところが知られています。これら有名なハッカー集団のいくつかと、その動機についてみてみましょう。

・Anonymous

 ウクライナに侵攻しているロシア政府に宣戦布告するなどで注目されています。攻撃のターゲットとしては、政府機関、政治家、多国籍企業、宗教団体などのウェブサイト、イスラム国(ISIS)の関係者と見られる数百ものTwitterアカウントなど。

 Anonymousは特定のリーダーがいるわけではなく、ほとんどの攻撃はそれぞれ無関係な個人によるところで、1人1人の目標がそれぞれ違っているような謎めいた集団として知られています。

・Chaos Computer Club(CCC)

 現在3000人を上回るメンバー構成で、欧州最大のハッカー集団。攻撃のほとんどが合法的なもので、ネットワークやシステムのセキュリティ欠陥を知らしめ、あらゆるコンピュータやネットワークの技術的なインフラへの自由なアクセスを守ることを目標に掲げています。

 CCCの功績としては、古くはフランスの核実験に抗議、テレビ番組の生放送で金を引き出してみせてマイクロソフトの「ActiveX」の欠陥を指摘(1996年)、第2世代携帯電話規格の顧客カードの暗号をハッキングして、顧客カードの複製が可能であることを示す(1998年)といった事例があります。

・Tarh Andishan

 米国とイスラエルのサイバー戦争に対抗すべく、イラン政府の後ろ盾によって設立されたとされるハッカー集団。グループの名前は、現地の言葉で「革新者」です。

 自動伝播システム、バックドア、SQLインジェクションといった高度なハッキング技術を使って、世界中の著名機関、政府や軍のシステム、企業などを攻撃。一部報道によると、航空会社のゲートやセキュリティシステムに完全にアクセスが可能で、乗客やゲートの認証情報を自由にコントロール可能という怖ろしいハッキング技術があるとのこと。

 ここではよくしられたハッカー集団3選を取りあげましたが、インターネット上には、「SEA」「Lizard Squad」や「APT28」など、怪しげなハッカー集団に枚挙の暇がありません。その目的も、国家間の思惑が絡む政治的であったり、個人的な楽しみであったりさまざまです。しかし、その技術はわれわれの生活を脅かすほど大きな影響を持つことを忘れないようにしましょう。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
物知りもいいけど知的な教養人も“あり”だと思います。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

世界の紛争…アメリカの空母機動部隊は3正面で戦えるのか

「同盟の真髄」と日米関係の行方(1)日本を占う3つの選挙と軍事作戦

2024年は日本にとって重要な選挙が3つある。それは1月に行われた台湾総統選、4月の韓国総選挙、そして11月のアメリカ大統領選である。これらの選挙結果は、ロシア・ウクライナの戦争や、ガザ地区での紛争が収束の気配を見せない...
収録日:2024/04/23
追加日:2024/06/12
杉山晋輔
元日本国駐アメリカ合衆国特命全権大使
2

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助は聞き上手ではなく言わせ上手…素直な心で即断

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(1)最初の出会いでの衝撃

「私は松下幸之助に惚れました。この人についていこうと思いました」――こう語るのは、28歳から25年間、幸之助の薫陶を受けた佐久間氏。かつて松下電器産業副社長を務めた氏が幸之助から学んだこととは何だろう。最初の出会いで...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/10
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
3

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

「トゥキディデスの罠」の教訓、大事なのは4つの戦争回避

地政学入門 歴史と理論編(7)戦争を起こさないための地政学

国際社会において戦争を起こさないためには、これまでの歴史を踏まえて地政学的に世界情勢を分析することである。第1次・第2次世界大戦から冷戦期における分析からはじめ、古代ギリシャから現代まで引き継がれる「トゥキディデ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/06/11
小原雅博
東京大学名誉教授
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

歴史における「運」とは?ソクラテスの「運」から考える

運と歴史~人は運で決まるか(1)ソクラテスが見舞われた「運」

歴史における「運」とはどういうものだろうか。例えば、富裕と貧困という問題について、「運」で決まるのか、あるいは「運」とは異なる努力、教養、道徳などの要素で決まるのかという点でも、思想家たちの考え方は分かれる。第1...
収録日:2024/03/06
追加日:2024/04/18
山内昌之
東京大学名誉教授