テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.08.06

日本は最も高い?世界の高速道路料金ランキング

 海外の人が日本を訪れて驚くポイントに、高速道路料金の高さという点があるようです。海外に目を向けて少し調べてみると、高速道路が乗り放題(つまり無料)のところがあったり、料金設定があっても日本と比べればかなり格安の地域もあります。では実際にどのくらい違うのでしょうか。情報を整理してみましょう。

日本の高速道路料金は24.6円/km

 NEXCO東日本によると、高速道路の通行料金は普通車の場合1kmあたり24.6円に設定されているとのこと(一部の区間を除く)。実際はこれにターミナルチャージと呼ばれる150円がプラスされて、消費税率がかかります。また100kmを超える長距離の場合は割引が入ったりするようです。海外の状況と比較してみましょう。国土交通省の2019年の資料(レート換算は1ユーロ=120円)を見ると、一般の乗用車におけるヨーロッパにおける料金水準は、掲載されている国別で高い順にすると以下の通りです。

フランス15.5円/km
スペイン13.4円/km
イタリア 8.7円/km
ポルトガル 10.2円/km
ギリシャ 7円/km
イギリス 一般車は原則無料(大型車のみ35.2円/km)
ドイツ 一般車は原則無料(大型車のみ11.2円/kmから31.3円/km)

 またアジア地域に関しては、いくつかのウェブサイトの内容を見てみるとおおよそ韓国、中国とも10円弱程度、シンガポールは無料といったところのようです。為替による変動もありますが、総じて日本よりかなり安いです。また、アメリカやカナダも基本的に無料のようです。こういった状況を見てみると、日本の高速道路料金は「ずば抜けて高い」と言っていいでしょう。

 ただし、最近では海外でも道路の維持管理費がかかり、値上げしている地域もあるようです。また海外では、日本と比べて道路料金は安い代わりに税金が高い場合が一般的だと言えます。この場合、国民から広く徴収した税金を道路の維持管理費に回している訳なので、結果的にはそれなりの費用を国民全員が負担しているとも言えそうです。

最長2115年までは有料となる見通し

 ではなぜ日本の高速道路料金はこんなに高いのでしょうか。一つのポイントは日本が地震大国だから、というものです。長く安全に使用するには耐震化工事が必要です。また日本は山地が多いことから、トンネルや橋をたくさん作る必要があります。このためにはもちろんそれなりの技術とお金が必要です。また日本は高度経済成長時、全国各地に一気に道路を建設しました。このことで日本は地方をあまり取り残さずに発展できた、という話もあります。

 ただし、このときには莫大な借金をして作られました。このことが当時の日本の経済を潤したようです。しかしこの道路の借金を私たちはずっと返し続けているとも言えます。政府は少し前まで2065年には高速道路を無料化する予定でしたが、先頃、これは最長2115年まで50年延長されています。およそ90年後の22世紀ともなれば、人類は道路から解放されて、車の多くは空を飛んでいるかもしれません。その頃までには道路の借金からも解放されていることを、願うほかありません。

<参考>
諸外国における高速道路料金の動向|国土交通省
https://www.mlit.go.jp/common/001303784.pdf
通行料金の計算方法を教えてください。|ドラぷら(NEXCO東日本)
https://www.cs3.e-nexco.co.jp/faq/s/article/997
いったいなぜ? 高速道路 有料期間は2115年まで延長へ|NHK
https://www3.nhk.or.jp/news/html/20230428/k10014052241000.html
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授