テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.09.05

日本一の「モグラ駅」群馬県の土合駅とは

 群馬県の土合(どあい)駅をご存じでしょうか。「日本一のモグラ駅」と呼ばれている駅で、鉄道ファンはもちろん一般の観光客からも人気の観光スポットになっています。

486段の階段の先にある地下ホーム

 土合駅は群馬~新潟間を結ぶJR東日本上越線の無人駅です。上り線と下り線があり、1日平均利用者数は20人程度、ダイヤも1日10数本というごく小さな駅で、上り線のホームは山間部の無人駅らしい秘境感にあふれています。

 変わっているのが新潟方面へ向かう下り線のホームです。上り線のホームは地上なのに対し、下り線は「新清水トンネル」とつながっている影響で、ホームが地下深くにあるのです。

 その下り線ホームまで行く階段が非常に長く、その数なんと462段。連絡通路内の階段を含めると486段にもなります。階段の長さは約300m、10分ほど階段を下り続ける(もしくは上り続ける)ことになるので、その深さが分かるでしょう。駅舎と下りホームまでの標高差は70mにもなり、たとえ夏場でもホームまで行くとひんやりと寒さを感じるそうです。

 このように地下深くにありトンネルと接続している駅のことを、鉄道ファンの間では地下でトンネルを掘って棲息しているモグラにちなみ「モグラ駅」と呼んでいます。中でも土合駅はホームまでの階段の長さ、インパクトの高さから「日本一のモグラ駅」とされています。

土合駅がモグラ化した理由

 なぜ土合駅の下り線ホームは、ここまで深くなったのでしょうか。

 実は上越線は、もともと上り・下り列車とも同じ線路の上を走る単線でした。しかし1960年代の高度経済成長期に関東~新潟間を利用する人が増えたことから、JRは上越線の線路を上下2つに複線化することに決定。上り線はもとの線路をそのまま使用し、下り線は輸送時間短縮のため新たに山の中にトンネルを掘り、突っ切る形で新造されました。

 土合駅は、この新たにできた新清水トンネルの途中に位置していたため、トンネル内にホームが設けられることになったのです。

 薄暗く、底なしかと思えるほど長い階段、トンネル内でぼんやりと明かりが灯る待合室、まるで時が止まったかのような無人の駅舎……などなど、どこかミステリアスでありながら郷愁も感じられる土合駅。その他にはない際だった風情、秘境感は評判を呼び、近年はカフェやグランピング施設までオープンするほど、群馬県の目玉観光地となっています。

そのほかのモグラ駅

 土合駅ほどの深さではないにしろ、こうしたトンネルと接続しているモグラ駅は、全国にいくつかあります。

 土合駅に並ぶ屈指のモグラ駅といえば、新潟県糸魚川市の「えちごトキめき鉄道(ETR)日本海ひすいライン」の筒石(つついし)駅です。頸城(くびき)トンネル内にあり、改札から下り線のホームまでは290段、上り線のホームまでは280段の階段をクリアしなければなりません。階段は全長170~200mほどにもなります。

 同じく新潟県で十日町市の「北越急行ほくほく線」美佐島(みさしま)駅もまた、日本を代表するモグラ駅として知られています。ホームは地下10.1mの赤倉トンネル内にありさほど深くはありませんが、階段は幅が狭く、やはり異空間へ誘われるかのような趣きがあります。筒石駅とともに「新潟県二大地下駅」と呼ばれています。

 都心の駅では、東京駅の「京葉線ホーム」も、日本を代表するモグラ駅といわれています。実はここは、海抜-29.19mと「JRで最も低い駅」とされています(ちなみに土合駅は海抜583mで、むしろ高いのです)。

 京葉線へと向かうまでにいくつかの長いエスカレーターや階段を越えなければならず、普通に歩いていてはなかなかホームまでたどり着きません。経路によっては動く歩道もありますが、10~20分はかかること必至。特に通勤で使っている人にとっては、なかなか大変な道のりとなっています。

 まるでゲームのダンジョンの中へと入るようなドキドキ感を味わえる、地下深くのモグラ駅。みなさんも訪れてみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
・NO.198 群馬の日本一「日本一のモグラ駅」(2018年11月号)(コープぐんま)
https://gunma.coopnet.or.jp/event/look/walk_198.html
・全国モグラ駅 6選(ニッポン旅マガジン)
https://tabi-mag.jp/underground-station/
・下り線ホームは地下70メートル 「日本一のモグラ駅」ができたわけ(朝日新聞デジタル)
https://digital.asahi.com/articles/ASR2S0169R2HOXIE00D.html?_requesturl=articles%2FASR2S0169R2HOXIE00D.html&pn=10
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授
2

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
3

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
4

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(2)最大の危機と予兆

佐久間氏は自身の苦境を乗り越えるにあたり、松下幸之助の「最大の危機」を参考にしたという。それは1964年7月、松下関係者と販売会社・代理店のトップ200名を集めて行われた「熱海会談」である。(2023年12月1日開催日本ビジネ...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/17
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授