テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.10.07

車の燃費を良くする方法

 ガソリン代に頭を悩ませている人は多いのではないでしょうか。個人でできることは何かといえば、「節約」につきます。実は適切な運転の仕方やテクニックを身につけたり、車を整備したりするだけでも燃費は変わるようです。では実際どういった点に気を付けていれば、燃費は向上するのでしょうか。この点について少し具体的にみてみましょう。

実際の燃費を確認する方法

 カタログに示された燃費は、たとえば坂の多いエリアかどうか、気温の高低といったユーザーの使用環境によって実際にはけっこう大きく変わります。また長く乗っていると燃費は悪化していきます。なぜ燃費が悪化するのかといえば、一つにはパーツなどが劣化するという点があります。また、空ぶかしなどエネルギーを無駄にする状態が習慣化していても燃費は悪くなります。ということで、まずは自身の車の現在の燃費を確認しましょう。

 燃費計がない車であれば、以下の方法で実燃費を測ることができます。燃料を満タンにした時点でトリップメーターをリセットして「0」にしておきます(総走行距離を示すオドメーターはリセットされないので問題ありません)。そこから次に給油して満タンにしたときの給油量を、トリップメーターをゼロにしたあとの走行距離で割ります。これにより出た数値が、現在の実燃費ということになります。

「急」のつく運転をしないこと

 この値が一般的なその車の燃費とされるものに比べて明らかに悪い場合は、なにかしら燃費を悪化させる要因があります。ある程度年数を経過した車であれば、パーツの劣化の可能性もあるので一度しっかり整備に出す必要があるかもしれません。もしまだそんなに長い距離を走っていない車であれば、まずは運転方法を見直してみましょう。燃費を悪くする運転でまず考えられるのは、「急発進」や「急ブレーキ」といった「急」がつく運転です。これに加えて「アイドリング」「不適切なギアチェンジ」といったものが関連しています。

 これらの操作は、エンジンが生み出した動力(エネルギー)がタイヤに伝わる途中でロスしていたり、そもそも動力をタイヤに伝えない操作であったりします。これが頻発するとエネルギーロスとなり、結果的に燃費が悪くなります。燃費を向上させる運転は、エンジンが生み出す力を無駄なく無理なくタイヤに伝える運転ということです。 

適切な運転でどれくらい燃費を節約できるのか

 では、実際にどのくらい節約できるのでしょうか。まずは最初の5秒間で時速20kmになるようにアクセルをふんわり踏むことを心がけましょう。これにより燃費は10%向上します。また、車間距離を保って走行中に一定の速度を維持できる走り方が理想です。これにより燃費は市街地では2%、郊外では6%向上します。またフットブレーキではなく、はやめにアクセルから足を離すエンジンブレーキを使うことも大事です。

 これにより約2%の燃費向上がみこめるとのこと。信号などで止まることが見込める場合、早めにアクセルから足を離すことを意識しましょう。また一般的には停止と発車を繰り返すほど燃費は悪くなります。つまり、なるべく一定の速度で走ることができる場所でアクセルを踏み込むことなく、またフットブレーキも最小限にする運転ができれば理想と考えていいでしょう。

タイヤの空気圧、エンジンオイルは定期的に交換

 日頃からちょっとしたメンテナンスを意識することも大事です。たとえばタイヤの空気圧が抜けていれば、タイヤと地面が接する面積が増え、その分摩擦抵抗が強くなります。こうなるとエンジンの動力が摩擦によってそがれるので、燃費が悪化することになります。同様にエンジンオイルが劣化するとエンジン内の金属同士の摩擦が発生します。こういった摩擦によるエネルギーロスは燃費の悪化につながります。

 つまり燃費を向上させる意味でも、タイヤとエンジンオイルを特に日ごろから意識しておきましょう。加えて、不要な荷物は降ろしておくことも大事です。車の重量が多くなればそれだけエネルギーを多く消費します。車を燃費のいい状態に保ちながら燃費のよい運転方法を実践することは、経済的というだけでなく、環境負荷も軽減していくことになります。おそらく同乗者にとっても安心感のある運転となるでしょう。こういう意味でも、燃費を意識することは気持ちにゆとりのある運転につながる第一歩かもしれません。

<参考サイト>
車の燃費を向上させる方法はコレ!悪くなる原因や燃費の確認方法も解説|ネクステージ
https://www.nextage.jp/buy_guide/cost/305293/
「燃費向上で気を付けていることは何ですか?」 燃費アップの秘訣を伝授!エコドライブテクニック|オートバックス
https://www.autobacs.com/static_html/spg/mini-column/28.html
[Q]エンジンオイルが果たす役割はなんですか?|JAF
https://jaf.or.jp/common/kuruma-qa/category-construction/subcategory-engine/faq061
4つの走行パターンと燃費(誰でもできるエコ運転術)|JAF
https://jaf.or.jp/common/safety-drive/car-learning/eco-drive/technique/fuel-efficient
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授