テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.10.16

マッチングアプリ「モテない男」の特徴

 マッチングアプリでの男女の出会いは珍しいことではなくなってきました。20代ではおよそ半数の男女がマッチングアプリを利用した経験があると聞きますし、最近では30~50代のミドルエイジ向けのアプリがアクティブなのだそう。しかしアプリを駆使すれば誰もが出会いを得られるのかといえばそうではなく、現実世界と同じくマッチング界にも「モテ/非モテ」があるようです。

マッチングアプリでモテない男には共通点がある!

 今回は男性に絞って、マッチングアプリで「モテない男」の共通点や特徴をご紹介していきます。
まずはアプリ上の閲覧やメッセージで振り分けられてしまう、モテないタイプからスタート。

<プロフィール写真のミス>
 「顔がよく見えない」「いかにもカメラ目線の自撮り」「上半身裸(筋肉自慢)」「写真が1枚のみ」などの写真選択はモテない男性にありがちなミス。マッチングアプリでも第一印象が大事ですから、写真選びは最重要ポイント。親しい友人やプロに撮影してもらったり、自然な雰囲気の出ている写真を選ぶことが大切です。自身のない人は女性目線で選んでもらうのもオススメ。

<自己紹介文の情報量>
 自分を知ってもらいたいとばかりに自分語りで長文すぎる自己紹介文を載せてしまうと、女性からは「なんだか面倒なタイプ」「自己愛が強そう」と思われる上に、読み飛ばされることもしばしば。逆にあまりにも情報量が少なくても、共通の話題などが思い浮かばず興味を持たれないでスルーされてしまうこともあります。例文や定型文を参考に、相手が読みやすい文字量を考えるべし。

<職業と年収が不明>
 残念ながら女性から「気になるボタン」などの好意をたくさん受けているのはやはり高年収の男性。書かないという選択もありですが、それはそれで「自信がない?」と勘ぐられモテない要因に。「職業に自動車関係と書かれていた人に質問してみたら、タクシーの運転手さんだった。はっきり書かないことに自分の職業に誇りがないのかと残念に思った」という女性も。書ける範囲で明確にすることで、多くの女性にモテなくても本気の女性とマッチングしやすくなります。

<誘われ待ち>
 ある女性が「燻製にハマっている」と書いたところ、「燻製食べたい~」「〇〇の燻製美味しいよね」などの誘われ待ちメッセージが多くうんざりしていた中、「燻製ができるBBQ場があるので一緒にやりませんか?」と誘ってくれた男性とデートしたとのこと。お誘いは待つのではなく、具体的に自分から誘うのがモテる男。ただ「ご飯行きましょう」より「美味しい〇〇を食べに行きませんか」と誘ってみましょう。

 続いて実際のデートまで漕ぎ着けたものの、会ってみたら「ナシ」と思われてしまうモテない男性の特徴です。

<自虐的な発言が多い>
 遊んでいないアピールをしたいのか「彼女いない歴20年」「一流企業じゃないし自分なんか全然モテない」「アプリで知り合った女性と15人デートしたけれど振られた」など、そんな発言をしてしまうのもモテない男の共通点。たとえ目の前にいる女性への気遣いだったとしても、「自信がなさそう」「卑屈」と思われてしまうことも多いようです。謙遜であってもネガティブワードは女性の耳に残り悪印象に。

<リアル会話が盛り上がらない>
 アプリ上では饒舌でメッセージのやり取りで話が弾んで楽しかったのに、会ってみたら「全然話さない」内向的な男性。そんなタイプの男性も少なくないようで、自分がリードしなくてはならずガッカリしたという女性たちの声も。SNS世代あるあるなのかもしれませんが、オンラインのコミュニケーションだけが得意という男性は、マッチングしても先には進めないことが多いようです。

<聞き役になれない>
 なんだかんだ言っても、女性は自分の話を聞いてくれる男性に安心感や親近感を持つもの。しかし自己アピールが強く自分の話ばかりして、女性を聞き役に回してしまうモテない男性も。自分を良く見せたい、興味や好意を持ってほしいという思いだけではなく、「あなたに興味があります」という態度で女性に質問したり会話を膨らませたりする方がモテへの近道です。

マッチングの可能性を高める、男のモテ要素

 マッチングアプリの目的は、そもそも「モテる」ことではなく、自分にマッチする相手と出会うことにあります。とは言え、そのチャンスを増やすためにはピンポイント狙いではなく、まずは多くの異性に興味を持ってもらうことも大切です。うまくマッチングするためには以下のような、最大公約数的な「モテる」要素も意識した方が良いでしょう。

・自分のキャラクターや実像を偽らず、明確に
・コミュニケーションしやすい共通の話題や趣味をアピール
・具体的に自分からデートに誘ってみる
・前のめりになり過ぎず、女性をリードする余裕を持つ

 マッチングアプリを利用している女性の多くが、単なる彼氏彼女の関係ではなく、結婚を意識できる男性を探しています。ですから「高スペックだから」「顔が好みだから」ということだけで男性に興味を持つわけではなく、アプリ上であっても誠実さや安心感、価値観なども見分けようとしていることをお忘れなく。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
2

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
3

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

「金持ちになりたい」は失敗する!?鍵は仲間と実行力と情熱

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(6)スタートアップ成功の秘訣:後編

世界を変える革新的なプロダクトは、一人の天才的な経営者が生み出しているように思われがちだが、実際にはそうした経営者を支える仲間がいるケースがほとんどだという。前回は、「スタートアップ成功の秘訣」の前編として、ア...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/24
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

日本が必要なのは「軽武装・経済優先主義」からの大転換

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(8)日本の新しい平和戦略

日本は戦後70年以上、日米安保の下で経済活動だけに注力してきた。そして1人当たりのGDPではアメリカと肩を並べるほどに急成長したものの、この「軽武装・経済優先主義」の代償として国民の安全保障への意識低下を招いた。だが...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/05/22
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

男性脳と女性脳の違いから分かる「子育てのトリセツ」

男性脳と女性脳の違いから分かる「子育てのトリセツ」

黒川伊保子先生に学ぶ「子育てのトリセツ」(1)男性脳と女性脳はどこが違うのか

「男性と女性では、とっさに見る場所が異なる」――。まだ男女の脳が違うということが社会的に話題にならなかった頃から人工知能開発に携わってきた黒川伊保子先生。その過程で気づいた「男女の脳の特性の違い」とは何か。(全7話...
収録日:2021/06/28
追加日:2021/08/23
黒川伊保子
株式会社感性リサーチ 代表取締役社長