テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.11.03

50代女性がやると「痛い」ファッションとは

 まだまだ若々しくきれいでいたい、もうあまり頑張らなくても…。そんな2つの気持ちの間で揺れ動くのが50代女性。正解のない毎日のファッションにも同じような葛藤があり、「何を着たらいいのか分からない」というお悩みを持つ方も少なくないようです。特別おしゃれなファッションではないとしても「痛い」とは言われたくない、と考えている女性も多いのではないでしょうか。

要チェック! 50代女性ファッションの「痛い」ポイント

 「痛い」と言われてしまう50代女性のファッションには以下のような傾向があります。

1・露出量が多過ぎる、生脚で外出

 ショート丈のボトムに生脚、デコルテや背中が大きく開いた服など、50代女性がやってしまうと「痛々しくて見ていられない」と言われがち。スタイルの変化だけではなく肌質も衰える年代ですから「隠すところは隠して欲しい」という声も。品が悪く、若作りにも見えるので露出はほどほどに。

2・フリルやリボン等、ガーリーテイスト

 フリルやリボン、淡いピンクや小花柄などガーリーテイストの服が似合う50代はなかなかいません。一時期「大人可愛い」というワードが流行りましたが、少女のような可愛さではなく、ひと匙の甘いディテール程度の話。若作りを超え、痛いブリッ子おばさんにならないようにしたいものです。

3・サイズ感が合わずピチピチ、ゆるゆる

 「サイズが合っていればだいたいオシャレに見える」と語るスタイリストもいるように、サイズ感は重要。痩せているからと体のラインがクッキリ出る服を着たり、太っているのを隠したいとルーズシルエットの服を着ると、どちらも痛さが出てしまうのが50代女性。体重は変わらなくても肉付きや姿勢が若い頃と違います。

4・若い頃の服をまだ着ている

 高価で質の良いものは長く着られる、そんな発想で服を買ってきた世代でもある50代。確かに昨今のファストファッションと比べると品質は良いですが、微妙にデザインが古くなり、自分では分からない着古した感が漂うことも。肩幅や袖丈、シルエットで「昔の服」だと見抜かれやすいです。

5・娘と服を共有している自慢

 よく娘の服を共有しているというお母さんがいますが、それは「痛い」枠。サイズ的に問題はなくても、ウエスト位置や着丈などのデザインが若い子とは違うのです。また、若ければ安価な服もそれなりに着こなせますが、50代が着ると「安っぽさ」が目立ち痛々しい結果に。

6・スウェット、ダメージデニム等のストリートファッション

 着慣れていて好きだから、とスウェットやパーカー、オーバーオール、ダメージの入ったデニムなど、いわゆるストリートファッションを着る50代は痛いと言われがち。気楽なカジュアルファッションこそ年齢を重ねると着こなすのは難しく、ただのルーズなファッションに見えてしまいます。

7・無理して若者の流行に乗る

 トレンドを取り入れるのはおしゃれの楽しみ。しかし50代が無理して若い子の流行を取り入れると痛くなってしまいます。例えば近年流行した、シースルーの重ね着、ビスチェ風キャミソール、ジャンパースカート、極太パンツ、カレッジロゴ等を着ている50代女性もいますが「なんか頑張ってる」としか思われない可能性も。

「痛い」ファッションから抜け出すためには

 まずは「こんな50代になりたい」と思える人のファッションを学んでみましょう。その時に、憧れの50代女優やモデルの真似をするとケガの元ですから、できるだけ一般的な自分に近い感覚の女性を参考にするのがポイントです。また、画像だけで服を選んで失敗した経験のある人は、時には実店舗へ足を運んでみることも大切です。ファッションに苦手意識のある方は、以下のような方法で「痛い」を回避してみてはいかがでしょうか。

・自分と体型や年齢が近いインフルエンサーのファッションを参考にする。
・雑誌を参考にする時は自分より若い層向けの雑誌は避け、ターゲットの年齢層が自分と重なる雑誌を選ぶ。
・通販だけではなく、できるだけ店舗で試着をする。その際38と40など必ずサイズ違いで着てみること。
・思いきって一度プロのスタイリングサービスを利用してみる。骨格診断やカラー診断、ヘアースタイルのアドバイスなどトータルで似合うものを提案してもらう。

 本来は、TPOさえ無視しなければ、何歳になっても「自分が着たい服を着ればいい」はずです。しかし世間体や周りから浮くことを気にしがちな日本人は「痛い」かどうかに敏感で、自分の「着たい」よりも、周りからおしゃれだと思われたい基準優先でファッションを決めている人が多いと感じます。

 50代だからこれを着るべきという服は存在しませんし、”今の自分”に似合っていれば何を着ても良いのでは。無理をして若作りをしたり、変化を拒むなどして、今の自分を否定しないこと。そして、今の自分を知ること。それが良い意味で「年相応」の素敵な50代女性のファッションに繋がるのではないでしょうか。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
2

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
3

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
4

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授
5

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

【会員アンケート企画】「メンタルヘルス」について

編集部ラジオ2024:7月10日(水)

今回の会員アンケート企画では「メンタルヘルスについて」というテーマでご意見をいただきました。

メンタルヘルスとは「こころの健康状態」のことを指します。
こころの健康状態が崩れてしまうことは誰にでも...
収録日:
追加日:2024/07/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア