10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.06.21

社会人必読!TVで見せた元SMAP中居正広の「傾聴力」

 不倫騒動が原因で休養していたタレントのベッキーさんが、5月13日に放送されたTBSの「中居正広の金曜日のスマイルたちへ」 でテレビ復帰しました。その中で称賛を浴びたのが元SMAP・中居正広さんが見せた包容力のある話術です。そこには、ビジネスマンにとっても欠かせない能力である「傾聴」のテクニックがふんだんに盛り込まれていました。

ベッキーさんが本当の自分を再認識

 傾聴とは、<ナビゲート ビジネス基本用語集>によると「もともとカウンセリングにおけるコミュニケーション技能の1つ。傾聴の目的は相手を理解することにある。それにより、話し手が自分自身に対する理解を深め、建設的な行動がとれるようになるようサポートする」こと。つまり、今回のケースで言うと、聴き手である中居君(親しみを込めて、一般的な呼び方である「中居君」を使わせてもらいます)が、ベッキーさんを理解することにより、ベッキーさんが自分の本当の思いを再認識することを手伝う、ということになります。

 具体的にどのような点が優れていたでしょうか?

 番組後半、中居君とベッキーさんは囲炉裏を囲み、1対1でじっくり話し合います。『プロカウンセラーが教える はじめての傾聴術』(古宮昇著、ナツメ社)で説明されている「傾聴の実践テクニック」を見てみると、中居君の振る舞いはまさに理想的だということがわかります。

インタビュアーとしても一流の中居君

 まず1つ目は「大きくうなずく」ということ。ベッキーさんの言葉1つ1つに対し、メリハリをつけながら相づちを打つことで、話しやすい雰囲気が作り出されています。そして「キーワードを繰り返す」ベッキーさんが言う「傷つけてしまった」「間違った恋」「好きだった」など話の要点となるフレーズを的確に繰り返すことで、焦点が絞られていきます。

 共感、すなわち「相手の世界をあたかも自分自身のことのように感じること」というアプローチも見られます。ベッキーさんが不倫相手の男性について「好きじゃないです」と繰り返したものの、その言葉の裏を読み取った中居君は「すっげぇ好きだったんだね」とポツリ。奥底に隠していた気持ちを突き止められたベッキーさんは涙ながらに「…それは好きでした。ごめんなさい」と絞り出すのが精いっぱいでした。

 記者会見のような形ではなく、言ってみれば番組に守られた形でのベッキーさんの復帰には賛否両論あります。ただ、中居君とひざ突き合わせて話すという形を取ったことにより、記者会見では出なかったであろう答えが出てきたことも事実でしょう。司会者として現在のテレビ業界で屈指の実績と力を持つ中居君ですが、インタビュアーとしての能力も見せつける出来事でした。

<参考文献・参考サイト>
・『プロカウンセラーが教える はじめての傾聴術』(古宮昇著 ナツメ社)
・ナビゲート ビジネス基本用語集
https://kotobank.jp/dictionary/business/
(10MTV編集部)