テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ベストセラー小説にもなった、われわれの知らないアメリカ

アンチ・グローバリズムの行方を読む(2)アメリカの闇

情報・テキスト
アメリカは、もはやこれまでにはない新しい時代に入っている。特に中西部の白人男女を中心とする大衆の悲痛な叫びが、東部のインテリやリベラル派への反感とともに、トランプ支持の強力な地盤をつくっていった。他方でその根底にある格差という問題は、グローバリズムの中で難しい局面に立っている。(全6話中第2話)
時間:11:04
収録日:2019/11/07
追加日:2019/12/07
ジャンル:
≪全文≫

●私たちが知らないアメリカの姿


岡本 米中関係を考える前にアメリカの話をしたいと思います。誰の言葉か知りませんが、「アメリカは第2段階のポピュリズムに入っている」という点は、僕も、伊藤さんがおっしゃった通りだと思っています。トランプを支持している43パーセントほどの岩盤支持層といわれる人たちは、ずっとアメリカにいた人たちです。われわれはそれを知らなかっただけです。

 僕は最近、MITに籍がある関係でボストンによく行くのですが、前回の大統領選挙の前に、100人~200人の人たちと選挙談義をしました。1対1だけでなく、みんなでワイワイとパネルディスカッションのようなことも含めたら200人ほどいたでしょう。しかし、そのうちのただの一人も、「自分はトランプ支持者だ」と言った人はいませんでした。

 みんな言いたくなかったのでしょう。特にボストンのような雰囲気の場所では、そう言い出すのは自分の知性に反すると思っていたのかもしれません。それで、恥ずかしいことに僕は知らなかったのです。実はアメリカの半分近くの人たちは中西部の白人で、低学歴・低収入、そしてモビリティもほとんどない空間で暮らしています。こうした人たちがアメリカのバックボーンといわずとも、非常に大きな塊として存在するのです。

 トランプ氏は、この人たちを浮かび上がらせたわけですよね。それをわれわれは初めて知りました。最初は、「どうせ政治的な意思の表現も方法も知らないだろうし、投票にもいかないだろう」とたかをくくっていたら、この人たちが大きな政治的な動きをつくり出すようになってきたわけです。

 ですから、もうアメリカは「一線を超えた」といえるかもしれません。東部のインテリやカリフォルニアのリベラル派の人たちがアメリカを導いていくという時代には、もう戻れなくなったと思います。そのため、そういった、今まで置き去られてきた大衆や一般の人たちが、これからアメリカをどう動かしていくかということを常に考えなければなりません。未知数なところもありますし、われわれの今までの通念ではダメだと思うんです。


●白人女性たちの悲痛な叫びもトランプ支持に繋がった


岡本 あの時に、どういう人たちがトランプ氏に投票したかということを僕は詳しく分析してみたのです。そうしたら、非常に大きなブロックにいたのが白人女性でした。人種・性別で分けると、白人女性が実は一番大きな、大統領選挙の際の投票ブロックだったのです。それで、この人たちは東部に対して反感を持っており、「ワシントンは良いことを言うけれど、みんな口先だけじゃないか。私の夫は20年たっても、いまだに汗だらけで工場から帰ってきて、給料は全く上がらない。私の息子たちは職が見つからず、非常に苦労している」と考えています。

 さらに、アメリカは海外でずっと武力紛争に巻き込まれたり、あるいは自分たちで戦争を始めたりしたものもあります。海外への兵隊の派遣によって生じた死傷者の存在が、アメリカ国民の間に、ボディーブローのように効いてきたんですね。特にそうした女性たちや母親たちに、です。親戚の中にイラクで負傷して帰ってきた人間や、自分の高校時代の同級生に戦争で殺されてしまったという人、そういう人達が増えた。

 そこから聞こえてくるのは、「いったい誰がこんなアメリカにしたんだ、昔のあの安定を取り戻してくれ」、という悲痛な叫びです。だから、彼女たちは単純なポピュリスト的意識を持っているわけではないと思うんです。ごくごく普通の強い感情で、行動したのでしょう。

 そのなかで共通しているのは、「もうアメリカだけが世界の安定、平和の重荷を背負わされるのはまっぴらだ」というものです。「少なくともみんなでシェアをしてくれ。もうアメリカはみんなと同じラインに戻るよ」という意識があり、これはもう昔には戻らないと思うんですよね。


●極端な政治的立場は選挙で勝てない


伊藤 一方で2019年11月現在、民主党代表選が進んでいます。どうなるか分かりませんが、エリザベル・ウォーレンのような人も非常に票を得ています。こうした人は、今おっしゃったようなアメリカの政治的バックグラウンドとは違うところから出ているのでしょうかね。

岡本 起きているのは、完全な分極化でしょう。レッドステート(共和党を支持する党)、ブルーステート(民主党を支持する党)といいますけどね。これは予備選挙の宿命なのですが、予備選挙には連邦の金が入らないから、手弁当で走り回ってくれる運動員が多くいる候補者が有利になるのです。だからどうしても、共和党であればウルトラ保守に近い人、民主党であればウルトラリベラルに近い人たちの周りに、熱狂的な信者が集まります。そして選挙戦を有利に進めていく。そして、その党の大統領候補になります。特に民主党...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。