テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

渋沢栄一が近代日本に与えた二つの大きな影響

「近代日本をつくった男、渋沢栄一」の素顔(1)若き日の渋沢栄一

童門冬二
作家
情報・テキスト
渋沢栄一
「日本資本主義の父」として知られ、第一国立銀行(現みずほ銀行)や東京証券取引所の設立者として知られるが、渋沢栄一とはどういう人物なのか。また彼は近代日本にどのような影響を与えたのか。『小説 渋沢栄一』著者で小説家の童門冬二氏が、「近代日本をつくった男、渋沢栄一」の素顔とその思想を語る。(全4話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:10:33
収録日:2019/04/24
追加日:2021/01/27
タグ:
キーワード:
≪全文≫

●「日本資本主義の父」と言われる理由


── 皆さま、こんにちは。本日は、童門冬二先生に「近代日本をつくった男、渋沢栄一」というテーマで講義をいただきます。先生、どうぞよろしくお願いいたします。

童門 お願いいたします。

── 渋沢栄一が、2024年から1万円札になると決まりました。よく「日本資本主義の父」と言われますが、意外と「何をした人か分からない」という声も多いようです。ただ、1万円札になるぐらいですから、やはり日本にとって、特に日本の近代にとって、非常に重要な人物だったのだと思います。先生、まず一言で、渋沢栄一の日本近代における意義について、彼がいたことで何が日本は変わったのかという部分、どのようにお考えでしょうか。

童門 一つは、日本で最初の銀行、「国立第一銀行」をつくったことです。それは渋沢さんがパリで学んできた資本主義、あるいは株式、これを日本に導入した先覚者であるということですね。

 また、徳川時代260年、300年近く主税(主な税)がお米でした。これは実物の納入だったわけです。ですから、納税者がみんな米俵を担いでいちいち持ってくるという大変なことをしていた。それを金納にしました。しかもそれを銀行が発行するお札によって納める制度にしたのです。これが大きいことですね。

 それからもう一つは、資本主義というか、株式を活用した組織、会社ですね。こういう企業を500だか600だか起こしている。つぶれたものもあると思うんですけれども。政治制度や政府の組織は、明治維新によって近代化されます。それを日本の財政面において実行した人だということ。それが政府だけではなくて、やはり国民にも大きく影響を与えていた。そういう人だと思います。

 ただ、この人には、精神というかな、スピリットがありましてね。有名なのは、銀行をつくった時の話です。「銀行というもの、ただお金を貸し借りするバランスシートのそろばん勘定だけでは駄目だ」という。「そろばん勘定ばかりしていると、いつか人間としていけないことをやるようになってしまう」と。それで、「人の道を守るためには、古代中国に孔子が書いた『論語』という素晴らしい本がある。これを、わが行員は一人残らず、暇があったら常に紐解いてもらいたい」と。そのことが世間に流れまして、「論語と算盤を一致させよ」という、そういう言い方をしたと広まったわけです。ざっと僕が心得ている渋沢栄一さんはそんな人ですね。

── ありがとうございます。これから彼の生涯を追う中で、どういう形でそういう思想を培ってきたかをお聞きできればと思います。


●埼玉の豪農に生まれて


── まず渋沢さんの生まれですが、天保11(1840)年に今の埼玉県深谷市の「血洗島」と呼ばれるところで生まれたそうですね。

童門 何だかすさまじい地名ですけどね。そこですね。

── しかも、武士ではなくて農家に生まれるという。

童門 豪農ですね。かなり大きな農家で、子どもの時から家業に従事していました。お父さんはどちらかというと学問に傾いていたので、家業に熱心なおじいさんが、子どもの渋沢さんを買い出しによく一緒に連れていっていたらしい。家業に必要な材料や製品を、例えば絹関係であれば群馬県のほうへ、ですね。それが、向こうの専門家が見ても、えらい目利きなんですね、14~15の子どもが。だから嫌がられた。

── なるほど。

童門 「またあの小僧、来やがったぞ」「ごまかせねえよな、あいつは」ということでね。で、確かにぴたっ、ぴたっと、見分ける。ところが、当時ペリーが日本に来た。あれは嘉永6(1853)年ですか。翌安政元(1854)年に、まずアメリカと(和親)条約を結びますよね(そして、安政5<1858>年に日米修好通商条約を結ぶ)。その後、横浜その他を開港したんですが、日本から輸出される売れ筋の目玉商品がお茶と絹になってしまいます。すると、お茶はイギリス、絹は、たまたま蚕が全部病気になって死滅してしまったフランスがもう独占的に欲しがって、飛ぶように売れたわけです。

 それで結局、何が起こったかというと、生糸とお茶の値段が上がったのはもちろん、それにつけ込んだ商人がいますから、お米から生活用品からみんな値段が上がってしまった。そこで、結局「開国のために物価が上がったんだ」と。庶民にすればそういう考え方をしますから。

── それが実感なんですね。


●攘夷計画で全国指名手配になったが、学問が身を助ける


童門 では開国したのは誰だというと、徳川幕府です。それで、若き日の渋沢さんは、反幕思想、攘夷思想に、もうほんとに熱くなってしまうわけです。民のためにはそっちの運動が先だということになった。藍玉を買っている場合ではないと。渋沢栄一のいとこに渋沢成一郎という人がいて、これが後に徳川幕府のための民間...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。