テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

【会員アンケート企画】戦争をなくすために必要なのは?

編集部ラジオ2023:12月6日(水)

テンミニッツTV編集部
教養動画メディア
情報・テキスト
会員の皆さまからお寄せいただいたご意見を元に考え、テンミニッツTVの講義をつないでいく会員アンケート企画。今回は「戦争をなくすために必要なのは何だと思いますか?」というテーマでご意見をいただきました。

この問に対し、テンミニッツTVの会員の皆さまはどのように考えておられるのか?そのデータから、様々な問題が浮かび上がってきました。

さらに、浮かび上がってきた問題について、テンミニッツTVの先生方はどのようなお話をされているのか。その点も紹介しております。

はたして、どのような結果が表われたのか?ぜひご覧ください。
時間:29:09
収録日:2023/11/29
追加日:2023/12/06
カテゴリー:
≪全文≫
【皆さまにお寄せいただいたご意見】
◆ボブ・ディランの「風に吹かれて」で「どれだけ砲弾が飛び交えば、武器は永遠に禁じられるの?」という歌詞があります。その歌は次のように続きます。「友よ、その答えは風に吹かれている。風の中に舞っているんだ」。
 この歌詞は「戦争がなくなるかどうか」と似たような問いかけかもしれません。風の中の答えを世界中で考えていくことが大切だと思います。

◆外交で、やられたらやり返す発想を転換する(忍辱の鎧的な)。

◆地球の寿命を考えたら、戦争なんてしている場合でない。

◆過去の戦争には、必ず宗教が絡んでいると思う。権力者が自分の欲望を満たすために、宗教を利用してきた。逆に宗教者が勢力を拡張するために、国家や欲深かな経済的な権力者を利用した結果が戦争を起こして、多くの人命が失われた。
 宗教にたくさんの宗派があるのは、欲深い人間が神の名を利用して、自分の主張を無理矢理通そうとした結果です。
 神や仏は、決してそのようなものでは無いということをわかって欲しいと思います。

◆国際法の遵守を強制する警察に相当する圧倒的なパワーを持った組織や国がなければ、無法者を止めることはできないでしょう。

◆今、自由の意味を再定義しないといけない時が来た気がします。古代ギリシャから近代・現代と人間は各時代の自由を求めてきたけど、自由って何なのでしょうか?本当に一番必要なものでしょうか? 今、自分は自由って何か、問を抱えてます。

◆基本的な人権、公正の理解には、知識ではなく、思考力が問われると感じています。在英中IRAによる暴力や中東戦争の経験、そして世界中で戦争がない時代は人の歴史上では皆無であることを知った時、自分の無力感と同時に、子どもたちは必死に生き抜こうとしているのだと教員生活を通して知り、彼らに伝えることは「考えること」だという思いに至っています。映画「ぼくたちの哲学教室」を観てからは一層この思いが強くなっています。

◆戦争で使用する道具を云々してもどうにもならない。人の意識、教育しかないように思う。
権威的な国家、指導部による子供じみた覇権争いが多くの資源、人の命、機会や人生を無駄にしている。覇権という自己中心的な狭い価値観から抜け出して、多くの人の幸福を実現を目指す思想が必要。

◆戦争と平和、という二項対立の構造では抜本的な変化は難しい。かつ、この上位概念に経済があるため、戦争は道具にしかならない。戦争が経済に寄与しない、含まれない新たな概念の形成が必要と考えられる。

◆地球的規模で人類共通で守るものがあれば一致団結できるのだと思います。
宗教、人種の認識を揃えることは不可能だと思いますが、それぞれの大事を知ることは可能なので、発信する機関があれば良いかと思います

◆宗教関連施設に税金を払わせること。

◆ホモ・サピエンスの前頭葉の発達により脳が創り出した一神教を頑なに信じる愚かさを知ること。

◆国内で大きな暴力が発生しないのは、憲法、法律で暴力を否定し、違反は警察が取り締まるからだ。それと教育による力が大きい。
 各国が争うのは「欲の実現」の解決策として、武器を用いるためである。
 国連軍の強化が必要。ただし、無国籍、民族性を持たない国連籍・国連民の人間を育てていく必要がある。
 その国連軍は各国の核兵器を没収していく必要あり。また武力蜂起した国を取り締まっていく。

◆古代から現代までの国家の在り方(構造)は人間の模倣に近いのではと思います。脳(心や知性など)が人間の身体をコントロール(支配)するモデルです。でも、人間を探求してきた知識より、現在では人間の行動の半分以上(?)が手や脚また内蔵など、そして、生物界のほとんどは脳による身体の支配ではなく、原生的な反射行動によるものがほとんどでないかと思います。国家の考え方をそんな生物構造的に見て、もっと多様性を重視する方向に、国家論等の再検討が急務のような気がします。

◆特に日本に必要なものは近現代史の深掘りだと思う

◆貧困と貧困を肯定する差別が戦争の温床になっており、国際社会として取り組むことで改善できるはずだから。

◆平和世界建設の思想、教育

◆なんのために戦うのかが問題であり、戦争の有無は論ずべき問題じゃない。そもそも上記の選択肢を本気でやればやるほど戦争を煽る結果になると思います。独立無くして死生観無し。

◆安全保障の確立には、スピリットが必須である。日本国憲法は、個々人の人権を重視する姿勢であるが、それでは徒に、個々人の欲望を募らせるものであり、全く不十分である。人権よりも人道的精神が必要であり、そのことにより、社会を支え合うものとなり、安全保障に繋がるものと思う。

◆教育 子供の頃からの教育で地球人、人間としての基本を教えることだと思います。...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。