10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.02.23

IBMに見るAIのビジネスへの活用事例

 2016年にグーグルの「アルファGO」が韓国の囲碁チャンピオン、イ・セドル9段を連破してもうすぐ2年。AI(人工知能)が人類の知能を超えるといわれる「シンギュラリティ」に注目している人も多いでしょう。では、実際にAIのビジネス活用は、どの程度まで進んできたのでしょうか。一橋大学大学院国際企業戦略研究科研究科長の一條和生教授が先端の活用事例を紹介しています。

チャットボットがe-コマースを変えていく?

 一條氏が日本での活用事例に挙げているのは、IBMのワトソンと株式会社空色が共同開発したチャットボット(自動接客システム)です。2016年7月から2017年11月にかけてオリーブ・デ・オリーブというティーン向けアパレルメーカーのLINEユーザー用に実用化されたもの。そこには、空色が開発したチャット接客システム「OK SKY」と、ワトソンの自然言語分析システムの両方が活用されています。

 そもそも店舗とオンラインで、購入率に20%と1%という格段の差があるのが、OK SKYの開発に至る動機でした。空色では、OK SKYでの450万以上のやりとりをデータベース化し、優秀な店員の購入につながった接客会話30万以上もデータベース化しました。その膨大なデータをワトソンが学習。好みや予算に応じてパーソナライズした接客サービスを実施することで、購入率が15%に上昇するという大幅アップにつながったのです。

 LINEやフェイスブックなどSNS上のコミュニケーションで重要なのは、「共鳴する」ということ。「わたし、こんな洋服が着たいの。こんなスタイルだけど、似合うと思う?」と聞けば、すぐそれに友達のように答えてくれる。そんな関係性の実現に一歩踏み出したことが売り上げにつながったと言えるでしょう。

IBM創業100周年を飾った「ジョパディ!」優勝

 チャットボットの基幹であるIBMのワトソンは、2006年に開発が始まり、ここ数年で完成度を上げてきたAIです。2011年には米国の人気クイズ番組「ジョパディ!」に出演、人間に勝って賞金100万ドルを獲得しました。

 当時の裏話として一條氏が語るのは、「ジョパディ!」への挑戦がIBMの創業100周年に向けて始動した企画だったことです。IBMのモットーは、「失敗したことのない研究開発者は駄目だ」ということ、失敗がないのは挑戦がないとみなす会社ですが、その代わりに事業では決して失敗したことがありません。

 IBMワトソン事業部は、「ジョパディ!」で勝つAIをつくるため、3年の歳月を費やしました。当初は「人間に勝つAI開発」プロジェクトに手を挙げる人間は皆無だったと言いますが、日本を含む世界中から研究者が集まり、成果をあげていったわけです。

 読み込ませたデータベースは2億ぺージ、企業や病院、大学などとの共同研究も積極的に行ってきました。その結果、保険のリスク査定などは人間がやるよりもコンピュータが行ったほうがはるかに精度が高くなり、日本でもほとんどの保険会社がワトソンを使っています。

シェフ・ワトソンとのコラボで料理の世界も拡張する

 IBMでは、AIを「Artificial Intelligence(人工知能)」ではなく、「Augmented Intelligence(拡張知能)」と定義しています。つまり、人間にとってかわるものではなく、知識や知覚を拡張し増強するものという考えです。

 その思想を端的に表しているのが、料理アプリである「シェフ・ワトソン」。NYにある料理専門学校とのコラボから、共同レシピの開発を進め、「コグニティブ・クッキング」と呼ばれるオリジナル・レシピを100も持っています。料理学校の持つレシピを徹底的にディープラーニングさせることで、人間が考えたこともないような新しいレシピを生み出したのです。

 しかし、IBMはシェフ・ワトソンをあくまでも「料理長のお手伝い」と位置付けています。そもそもワトソンがシェフとして機能するためには、人間による無数のレシピを学習させる必要があるからです。また、シェフ・ワトソンは素材の組み合わせを提示するだけで、最終的なさじ加減は食べる人の好みに応じて人間が決めるものとしています。

 思いがけない組み合わせのアイディアを教えてくれるワトソンを用いて、素材を入力すると新しいレシピを考えてくれるサイトもできています。英語が得意な方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
https://www.ibmchefwatson.com/tupler
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事