10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.03.20

花粉症の時期…注意したいメイクのポイントは?

 寒さがやわらいで春の訪れがひしひしと感じる季節になりました。そんなウキウキした気分とは裏腹に、スギ花粉がピークを迎えるために、花粉症の人にとっては憂鬱な気分になる季節でもあります。鼻づまりやくしゃみ、目のかゆみといった代表的な症状に加え、女性の場合には肌が荒れやすい、メイクが崩れやすいといった悩みを抱える人も少なくありません。このシーズン、メイクをする際に抑えておくべきポイントを紹介しましょう。

肌荒れ対策は、とにかく「保湿」!

 女性の中には「花粉症の時期に肌が荒れてしまう」と悩む人も少なくありません。季節の変わり目で肌が荒れやすいということもありますが、もしかしたら「花粉皮膚炎」と呼ばれる花粉症の症状のひとつかもしれません。花粉が肌に付着することでアレルギーが引き起こされてしまい、肌の赤みやかゆみといったトラブルの原因になります。

 こうした肌トラブルはおもに乾燥が原因で起こるため、効果的な対処法は「保湿すること」です。先述の通り、花粉症がピークの頃は季節の変わり目でもあるため、肌はとてもデリケート。乾燥した肌はバリア機能が低下していて、外からの刺激にも敏感になっているため、花粉によるダメージも受けやすい状態になっているのです。そのため、きちんと保湿をすることで肌の状態が安定し、バリア機能の低下を防ぐことができます。

メイクは崩れることを前提に。部位別に見るメイクのポイント

 花粉症の時期のメイクでもっとも多い悩みは「メイクが崩れること」ですが、マスクをつけたり、鼻をかむことが多いために、メイク崩れを防ぐのは簡単ではありません。そのため、むしろ「メイクは崩れる」ということを前提に、直しやすいメイクを心がけることが大切です。ベースメイク、アイメイクをする際にどういった点に気をつければ良いのか、紹介しましょう。

 まずはベースメイクのポイントですが、デリケートになっている肌はきちんと保湿をすることが大切だということは先述の通り。これに加えてベースメイクのポイントは「重ね塗りをあまりしないこと」。持ち歩きのしやすいBBクリームを活用すれば外出先でも手軽に直せますし、下地にパウダーなど控えめのメイクにすれば、鼻をかんだりしてメイクがはげても目立ちにくくなります。

 メイクの時にもっとも力を入れるのがアイメイクという人も多いでしょうが、涙で崩れてしまうと悲惨なことにもなりかねない部分でもあります。この時期のアイメイクは最低限に留めることが大切です。メイクする場合にはマスカラはウォータープルーフやフィルムタイプを使用する、目の下はラインを引かないなど、「涙が出たときに崩れにくいこと」を心がけましょう。また、目のキワぎりぎりにアイラインを引いてしまうと、敏感になっている肌にダメージを与えてしまうため、かゆみなどの症状が出る場合もありますので、なるべく控えるのが良いでしょう。

 この時期はメイク直しが必須になりますが、なんだかうまくいかないという時もあるでしょう。そうした場合にはコットンに乳液をしみこませて拭き取ってから直すとキレイに直せます。

メイクは花粉から肌を守る役割も

 こうして考えると、崩れる前提でメイクするのは大変だと感じるかもしれませんが、肌を何もしないでさらしているよりも、メイクをすることで花粉などから肌をガードして守る役割を果たしているという考え方もできます。思い切ってメイクを薄くして、いつもと違うメイクを楽しんでみる気持ちを持つのも良いかもしれません。
(10MTV編集部)