10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.05.24

気温差5度以上で要注意!寒暖差疲労とは?

 春は寒暖差の激しい季節です。寒暖差が激しいと体調を崩す人も多いですが、その原因のひとつである「寒暖差疲労」という症状をご存じでしょうか。今回は、その寒暖差疲労について解説します。

寒暖差疲労とは

 暑い時には汗をかくなど、人間には外気温に合わせて体温を調節する機能が備わっています。この体温調節の役割を担うのが「自律神経」で、自律神経が正常に働くには、一定以上のエネルギーが必要となります。

 気温差が激しければエネルギーの消費も激しくなり、エネルギーが枯渇すれば当然、体は疲れてしまいます。こうした「寒暖差によって疲労が蓄積した状態」を、寒暖差疲労と呼びます。

前日比から5度以上で黄信号

 寒暖差疲労が起きやすくなる気温差は、前日比から5度以上だといわれています。

 季節の変わり目やエアコンのきいたオフィスの出入りなど、常に気温の変化にさらされている現代の日本人は、いわば自律神経がフル回転している状態。特に昨今は異常気象による寒暖差も激しいため、寒暖差疲労の常態化が懸念されているのです。

寒暖差疲労は病の入口になる

 疲労を感じたら、無理せず休むことが第一です。しかしこれを放っておくと、体の機能を整える自律神経が弱まり、

・バテやすくなる
・体がいつも冷える
・だるさが続く
・常に眠気がある
・疲れがなかなか取れない

 といった体の不調が起きやすくなります。免疫力も低下するので感染症にかかりやすくなり、深刻な病気につながる可能性も。

 寒暖差疲労は、放っておくと大変危ない症状なのです。

寒暖差疲労を溜めないコツ

 寒暖差疲労を溜めないためには、急激な体温の変化を起こさないこと、つまり体温の変化をできるだけゆるやかにすることが肝心です。

 特に春から夏にかけては、汗やエアコンによって外気温と体温のバランスが崩れやすい季節。食べ物や飲み物は常温以上のものを摂るようにする、余分な汗はタオルで拭く、ある程度の暑さであれば服装で調節するなどして、体の機能を弱めないようにしたいところです。

 ただし、体感温度と実際の気温はかなり違うこともあります。特に暑くないから、まだ真夏ではないからといってエアコンをかけずにいると、知らず知らずのうちに熱中症を起こすおそれも。

 エアコンを上手に使いつつ、できればリビングや風呂場、トイレなどに温度計を設置し、実際の温度を確認しながら過ごすとよいでしょう。

夏と冬の気温差が100度!?世界のビックリ寒暖差

 「寒暖差に注意」という天気予報が日常茶飯事になりつつありますが、それでも世界から見れば日本の気候は比較的おだやかです。都心であれば夏の気温は30度、冬は0度程度ですが、世界には夏と冬の気温差がなんと100度近くになるという場所があります。それが「世界で最も寒い定住地」、ロシア・サハ共和国のオイミャコン村です。

 オイミャコン村の冬の気温は、マイナス50度は当たり前。1924年にはマイナス71.2度になったという記録も残っています。一年のほどんどが冬で雪に閉ざされていますが、ごく短いながら夏もあり、最高で30度ほどになることも。しかし夏でもまれに0度を下回る日もあるそうで、夏冬はおろか、日中の寒暖差も激しい地域として知られています。

 非常に過酷な場所のように見えますが、村にはガソリンスタンドや図書館、空港もあり、500人もの人が日々の暮らしを営んでいます。寒すぎて菌やウイルスが生存できないため、カゼなどの感染症がほとんどないのだとか。

 オイミャコン村に住む人に「今日は昨日よりも5度以上の気温差があるから、寒暖差疲労に気をつけましょう」などと言ったら、不思議な顔をされそうですね…。

体調を崩さないよう寒暖差疲労に注意を

 オイミャコン村の人はさておき、おだやかな気候に慣れた我々は5度程度の気温の変化でも、体調を崩しがちです。寒暖差疲労に注意して、日々を過ごしましょう。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい