10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.09.21

「カッコ悪い」女性のスーツの着こなしは?

 「働く女性」がメディアなどで取り上げられるようになり、各業界で女性の社会進出が増えています。スーツを着込み、キャリアウーマンとしてバリバリ前戦で活躍中、もしくは活躍したいと思っている方も多いかもしれません。

 働く人々の象徴、スーツの着こなしは男女ともにビジネスの世界では大切です。しかし、いまいち着こなせないという方も多いかもしれません。そこで、今回は「カッコ悪い」と思われてしまうスーツの着こなしについて、巷の声を聞いてみました。

黒いスーツに真面目な白シャツはリクルート?

・「もう新入社員じゃないのに、いつまでもリクルートスーツみたいな服を着ていると、実力も新入社員なのでは?と思う」(30代・会社員)
・「スーツの色が黒で、遊びのない白いシャツを着ていると、まだスーツに慣れていないように見える」(20代・会社員)

 入社試験のときは大変お世話になったリクルートスーツ。一般的には無地の黒に学生服のような白シャツですが、着ていても許されるのは入社式から数か月といったところでしょうか。

 試験のときは「真面目」な印象を与えてくれる黒スーツですが、社会人になってからも着続けていると、垢抜けない、スーツに慣れていない、いつまでも新入社員気分といったイメージを与えてしまうようです。もちろん黒いスーツもナシではありませんが、デザインやシャツのアレンジでコーディネート力を見せたいところです。

オフィス・カジュアルとカジュアルの境目はどこ?

・「カッチリしたスーツにカジュアルなパンプスを履いていると違和感がある。せめて1cmでいいからヒールが欲しい」(40代・会社員)
・「スーツの色や雰囲気とブラウスが合っていないと、ちぐはぐな感じになってしまう。私服をアレンジしてもいいけど、カジュアルとフォーマルはある程度分けた方がいい」(30代・接客業)
・「カタイ雰囲気の打ち合わせにパステルカラーのスーツはどうかと思う」(30代・会社員)

 オフィス・カジュアルという言葉が使われるようになって久しいですが、フォーマルとカジュアルの境界はあいまいです。私服にジャケットを着ればフォーマルのように見えるという風潮もありますが、スーツの種類によっては私服の取り込み方が難しいものも多いのが現実です。

 社風をふまえ、社外の会議と社内の打ち合わせでは着るスーツの雰囲気を変えるということも必要かもしれません。もちろん仕事とプライベート、両方で使える服というのは大切ですが、トータルにコーディネートがされている一張羅があってもよいのかも。

着用後はメンテナンスを忘れずに

・「スーツに、座ったときのシワができてしまっていると気になります。スーツはしっかりした布を使うので、手入れをしていないのが目立ちます」(30代・自営業)
・「布が安いのか、長年着ているのか、布ずれしていて、毛玉やてかり、ほつれがあるとカッコ悪いと思う」(20代・会社員)

 スーツのメンテナンスについてのコメントもありました。着た後はきちんとハンガーにかけて、気になるシワはアイロンを当てる必要もあります。メンテナンスが億劫な方は、シワになりにくい加工がされているものや、使い込んでも汚れにくい色や生地質でスーツを選ぶ方がいいかもしれません。

着こなしを極める人はここにも注意

・「パンツスーツを着ているのに、Tバックの下着をつけていないと、下着のラインが出てしまってカッコ悪い」(30代・アパレル)
・「細めのパンツスタイルに、ジャケットが短いとスタイルが悪くなってしまう。逆にワイドなのに丈が長いと重くなる」(20代・自営業)

 こんな美意識の高い指摘もありました。とくに下着の「Tバック」をどういった場面で使うのかご存じない方も多いかもしれませんが、パンツスーツなど体にフィットするタイプの服や、下着が透けやすい素材を着るときに使用します。パンツスーツでも普通の下着を履くという人もいますが、下着のラインには気をつけたいですね。

 またスーツに大切なのは、それぞれの体にあった丈です。オーダーメイドだと価格が高くなってしまいますが、上下をどう組み合わせたらいいかなど、お店の人に聞いて購入するのもいいかもしれません。

自分にとって着心地のいいスーツを見つける

 一口にスーツといっても多種多様な種類と、人それぞれの着こなし術があります。業種や会社のなかでの役回りの違いでも、服装は変わってくるものです。それにプラスして、自分の体型や性格、好きな色などが複合的に合わさって、個人にとっての着心地のいいスーツというものが決まってくるのかもしれません。

 「カッコ悪い」というのもあくまで一個人としての意見です。あまり堅苦しくなりすぎず、さまざまな服装に挑戦して、その都度勉強し、微調整をしていくのがよいのではないでしょうか。
(10MTV編集部)