テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.10.02

戦争の語り部を育てる―ひめゆり平和祈念資料館

 2018年8月、日本は終戦から73年目の夏を迎えました。73年を経ても消えることのない、消えるどころか時がたてばたつほど深刻化する戦後問題があります。「戦争の語り部」の減少です。戦争を体験してその悲惨さを語り継ぐことのできる人が如実に減ってきている今、どうやって語り継ぐか、語り部世代をどう育てるかは、非常に大きな日本の課題です。

ひめゆり平和祈念資料館の館長は戦後世代

 壮絶な地上戦が繰り広げられた沖縄、糸満市には戦争をどうやって語り継いでいくことができるかを考え、運営に力を注いできた資料館があります。1989(平成元)年に開館した「ひめゆり平和祈念資料館」がそれです。その名前が示すように、太平洋戦争末期の沖縄戦に動員され、多くの女学生が命を落とした「ひめゆり学徒隊」の体験を伝えるための施設で、ひめゆり学徒隊の生存者たちが中心となって創設し、運営をしてきました。

 実は、このひめゆり平和祈念資料館の現館長の普天間朝佳氏は1959年生まれ。初の戦後世代として館長に就任しました。このことからもひめゆり資料館が、戦争の語り部の育成にどれほど真剣に向き合ってきたのかが、うかがえます。

なかなか語れなかった戦争体験

 資料館を作ることが決まり、戦跡をたどって遺骨や遺品の収集をしたのは、実際にひめゆり学徒隊にいた人たちが中心となり、開館後も運営に携わってきました。そのうち戦争を語り継げる人がいなくなることを何よりも憂え、直接戦争を語ることのできる自分たちが生きているうちに、次世代の語り部たちを育てようと、10年という年月をかけて資料館の運営や後継者について計画してきたといいます。

 しかし、彼女たちは最初から積極的に戦争を語ろうとしていたわけではありません。思い出すにはあまりにもつらい体験でしたし、戦後は日々の生活をどう建て直していくかで必死でした。そして、何よりも彼女たちの心を占めていたのが、「自分だけが生き残ってしまった」といううしろめたさでした。友を救えなかったという自責の念にさいなまれ、時には亡くなった生徒の遺族から怒りをぶつけられることもあったそうです。ですから、ひめゆり学徒隊の生存者たちは、当初、自身の戦争体験にしっかり向き合おうとはしなかった、むしろ目をつぶって忘れることに努めていたと言います。

戦争の語り部を絶やしてはならない

 しかし、資料館創設のための作業に携わるうちに、「この体験を語らなければ、このまま泥に埋もれてしまう。後世の人たちに何も伝えることができない」ということに気づきます。何よりもよい戦争、正しい戦争などないことを伝える教育が大切、知らないということは恐ろしいということ、また、戦争の苦しみは戦後も続くということを痛感したひめゆり学徒隊の生存者たち。彼女たちは、きちんと戦争について語り、考えることが日本の将来にとって不可欠だと考えたのです。

 今、普天間氏をはじめとする沖縄の戦後世代の人たちが、戦争の語り部たらんとして奮闘中です。その甲斐あってか、ひめゆり平和祈念資料館開館当時の来館者は、実際に戦争を体験した人、あるいは自分の親、祖父母、親戚等、身のまわりに戦争体験者がいるという人が大半だったのが、今では、ひいおじいさん、ひいおばあさんですら戦争世代ではない、戦争から遠く離れた世代の人が多く訪れているそうです。普天間氏はこの事実に手応えを感じつつも、若い世代に戦争を理解してもらうために、より丁寧に言葉にし、かみ砕いて説明をする努力をしなければならない、と感じていると言います。

 毎年、8月の原爆投下の日、終戦の日が近づくと、戦争を語る映画やドラマを目にする機会が多くなります。フィクションで戦争のありのままが伝わるのか、という意見もありますが、どんな形でも語り継ぐこと、また、知ろうとする努力が大事なのではないでしょうか。そのうち、日本に戦争を直接体験した人が一人もいなくなってしまう日がやってきます。そうなる前に、私たちは戦争の語り部を育て、その語りに耳を傾けることを必死で続けていかなければなりません。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

昭和は気合い…!?令和のコミュニケーションで大事なこと

メンタルヘルスの現在地とこれから(2)職場のコミュニケーション

時代に伴ってコミュニケーションは変化する。昭和の時代、職場では今でいうハラスメント(パワハラ、セクハラなど)的なコミュニケーションをよく見かけたが、現在では「マイクロアグレッション」といわれる、本人も自覚しない...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/22
斎藤環
精神科医
2

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界が驚いた!コロナ禍の日本人をジョークにすると…

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(2)世界と日本のジョークの違い

ルーマニアで集めたジョークを皮切りに、「世界のジョーク集」に発展させていった早坂氏。その中で気づいたのは、世界と日本のジョークではマナーに違いがあるということである。例えば、欧州ではジョークを話す人に対してある...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/21
早坂隆
ノンフィクション作家
3

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

躍進する「グローバル・サウス」77カ国が世界に与える影響

グローバル・サウスは世界をどう変えるか(1)グローバル・サウスの影響力

世界の政治・経済をリードしてきたG7を中心とする先進諸国の影響力は徐々に薄れつつある。それに対して、BRICSを筆頭にして「グローバル・サウス」と呼ばれる新興国・途上国の台頭が目覚ましい。現在、国連によるとグローバル・...
収録日:2024/02/14
追加日:2024/04/03
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

地域間の不均衡解消、電力移動を可能にする「3つの階層」

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(7)電力供給の「3つの階層」

カーボンニュートラルな再生可能エネルギーを生み出す技術は、すでに確立されつつある。問題は、それをいかにして社会に実装し、使用率を高めるかである。分散型の電力供給が前提となる中で、地域間や消費者間の電力移動を可能...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/25
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者