10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.11.10

若い世代ほど他人の視線にストレスを感じてる?

 他人の視線って何かと気になるものですよね。人に見られても恥ずかしくない服を着よう、でも「服を買いに行く服がない」、なんて笑い話(?)もあるほどです。このたび、人に見られる「視線耐性」について、ヘアスタイリング商品などで知られるメーカー「マンダム」が調査したところ、世代によって大きな差があることがわかりました。

平成世代の6割は「他者の視線が怖い」

 15歳から59歳の男女1091人に対しアンケートを取ったところ、全世代の半数以上となる56.5%が「他者の視線にストレスを感じたことがある」と回答。中でも20代以下の「平成世代」は67.6%がそう感じているそうで、若い世代ほど他者の視線が気になってしまうようです。「ストレスを感じる」どころか「他者の視線が怖いと感じたことがある」にイエスと答えたのは、全世代で47.4%、平成世代が61.8%。こちらも若者の方がより恐怖を感じているという結果でした。

 他者の視線が気になることと因果関係がありそうですが、「相手の目を見て話すことが苦手」という回答も、全世代の43.8%に対し平成世代が53.5%。昭和生まれの筆者は「話を聞くときは人の目を見なさい」と習ったものですが、若者相手にそれをやるとプレッシャーをかけてしまうことになるのかもしれないですね。

 「恋愛学」の講義などで知られる早稲田大学国際教養学部の森川友義教授は、視線耐性が高いか低いかを決定する要因として「デジタル依存度(=デジタルメディア接触時間)」「対人経験度(=人と話す経験値)」「自信(=持って生まれた自信と成功経験の積み重ねによる自信)」の3つを挙げています。昔に比べ、デジタル依存度が高く、対人経験が低い現代っ子は、視線耐性が低くなりがちになるのもむべなるかな、ということなのでしょう。

他者は思っているほど自分のことを見ていない?

 米国の大学では他者からの視線と自意識に関する興味深い実験をしています。『図解 モチベーション大百科』が紹介している実験の内容はこうです。被験者はダサいTシャツを着て学生グループの輪に加わり、1分後にその輪から外れます。学生グループの何%がそのTシャツに気づいたと思うかと被験者に質問したら、被験者本人は約50%と答えたものの、実際に気づいた割合は21%でした。つまり、自分が思っているほど他者は自分のことを見ていない、ということが示されたわけです。

 一方で、単なる気の持ちようではなく、「対人恐怖症」という病気も存在します。明確な因果関係が証明されているわけではありませんが、小さい頃の体験や環境などの影響もあると言われています。他者の視線が辛すぎるという場合は病院で診察を受けてみるというのも一つの手でしょう。

<参考文献・参考サイト>
・視線耐性とデジタルコミュニケーションに関する調査
https://www.mandom.co.jp/release/2018/src/2018100301.pdf
・『図解 モチベーション大百科』(池田貴将著、サンクチュアリ出版)
(10MTV編集部)