テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.02.09

女に騙されやすい男の4つの特徴

 10年程前に通称「婚活殺人事件」として世間を騒がせた事件があったのを、皆さん憶えていることだろうと思います。当時、女に騙される男性達の心理や傾向についても話題となりましたが、果たして「女に騙されやすい男」にはどんな特徴があるのでしょうか。今回は騙されやすいという自覚のある男性本人達や、そんなタイプの男性が身近に居るという方々から、その特徴についてアンケートし調査していきます。

女に騙されやすい男性、その4つの特徴とは。

1)恋愛経験や交際経験が極度に少ない男
 女性との交際経験が極端に少ない男性は、やはり騙されやすいもの。「女性と付き合ったことがあまりないので、自分を好きだと言ってくれる女性に対して盲目になってしまいます」という男性や、「ウブな男友達は、女性に裏の顔とか計算があるなんて考えないのでいつも利用されて終わり」という周囲からの声も。モテない、恋愛経験が浅い、そんな男性は好意を寄せてくれる女性につい甘くなってしまうこともあるのでは?経験がない分、目の前の女性を冷静に観察することも必要です。

2)女性の涙や、頼りにされることに弱い男
 男性として、女性に頼られたり甘えられたりするのは嬉しいと感じることもあるはずです。しかしそこを存分に刺激して、男性の優越感を満たし騙す女もいます。「兄貴肌みたいな面倒見のいい男性は騙されやすい」という声や、「弱っている女性を見ると、自分がなんとかしてあげたいと男心がくすぐられホイホイ騙されてきた」という自覚のある男性も。男らしさや責任感というような、「男はこうあるべき」と思っている男性こそ、女にコロっと騙されやすいと言えるかもしれません。

3)女性に幻想や理想を抱いている男
 「女性は家庭的であってほしいと憧れを持っているので、お弁当を作ってもらったりボタンを付けてもらったりしただけで、この子はいい子だ!と舞い上がってしまう」という男性もいるように、理想や幻想の枠で女性を見ている男性も騙されやすいタイプです。「誰もがブリッコだなと思う女を、可愛いし気が利く理想のタイプ、と疑いもせず喜んでいた兄。結婚して今は鬼嫁に虐げられている」など、女性の見た目や表面的な態度をそのまま受け取り、ブリッコや計算を見抜けない男性は要注意。

4)女性にリードされたい優柔不断な男
 自分からぐいぐい女性にアプローチするのではなく、女性からの好意が見えるのを待っているタイプの男性も騙されやすいようです。そんな男性からは「自分から提案したり誘ったりが苦手なので、女性の言いなりになっている方が楽と思っていたら、彼氏ではなく便利屋になっていました」という悲しい告白も。また嫌と言えない、女性に嫌われたくないと思っているため、女性からしたら「コントロールしやすい=騙しやすい」とも言えます。自分の意見を言えないお人好し男性は気をつけましょう。

「自分は騙されない」、その気持ちが騙されやすい男を加速する?

 上記の「女に騙されやすい男」の4つの特徴、男性の皆さんはいくつ当てはまりましたか?

 この調査をする前は、騙されやすい男性は、シャイだったりお人好しだったりする人が多いのかと感じていたものの、意外にも「女性はこうあるべき」「男性はこうあるべき」という考えを持っているタイプの男性も騙されやすいという傾向が見えてきました。そんな男性の理想やプライドをうまく利用するのが、騙す女の手管のひとつだということに気付いた人もいるのでは。

 以前掲載した男女逆バージョンの「男に騙されやすい女」のコラムでは、騙される女性の多くは、どこかで「騙されている」と分かっていて騙されていると書きました。しかし、男性の場合「騙されている」ことに全く気付いていない人や、「騙された」と認めたくない人が多い印象が。そこには「あんないい子が自分を騙すわけがない」という女性への幻想や、「自分が騙されるわけがない」というプライドが見え隠れ。自分をした女性への憎しみよりも、騙された自分への屈辱の方が男性には堪えるものなのではないでしょうか。

 「自分にかぎって絶対に騙されない」と思っている人が詐欺に遭いやすいとも言われていますが、プライドの高い男性こそ注意が必要なのかもしれませんね。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
より深い大人の教養が身に付く 『テンミニッツTV』 をオススメします。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恆存の思想の根幹にあるロレンスの『黙示録論』とは

福田恒存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(5)ロレンス『黙示録論』と人を愛する道

戦時下にあってロレンスの『黙示録論』を翻訳し、戦後にはその出版にこぎつけた福田恆存は、同書から思想的に大きな影響を受けていた。近代化によって個人主義と全体主義の板挟みとなった人間は、どのようにして他者との愛を育...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/14
浜崎洋介
文芸批評家
2

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

不登校は教育システムが原因!?学校も企業も問題が組織に

メンタルヘルスの現在地とこれから(5)新型うつと発達障害

近年、増えているといわれる「新型うつ」や「発達障害」について、どう考えればいいのか。「コミュ力」が高い人が偉いという社会的風潮が蔓延する中、そうでない人が相対的に目立ってしまい偏見を持たれることがあるのだが、そ...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/13
斎藤環
精神科医
3

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

贅沢は敵か「素敵」か?…戦時中の日本にも諷刺の精神が

世界のジョーク集で考える笑いの手法と精神(1)体制を笑うジョークと諷刺の精神

「ジョークは時代を映す鏡」といわれる。現代でも、紛争や戦争に直面する厳しい状況はもちろん、一部の専制国家では自由な言論が封じられた社会で、多くの人びとが暮らしている。そうした抑圧された環境下では、体制を笑う諷刺...
収録日:2024/03/14
追加日:2024/06/14
早坂隆
ノンフィクション作家
4

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良が「沈痾自哀文」で問いかけた因果応報の問題

山上憶良「沈痾自哀文」と東洋的死生観(1)因果応報と日本仏教の課題

『万葉集』にさまざまな歌を残した山上憶良は、8世紀の「知の巨人」と目されている。例えば彼は、「善行を積んできた自分が報われず、老いの醜態をさらす惨めな状況になったのはなぜか」という問いを「沈痾自哀文」に残した。こ...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/07/12
上野誠
國學院大學文学部日本文学科 教授(特別専任)
5

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

人間はそれほど合理的ではない…行動経済学の本質に迫る

行動経済学とマーケティング(1)「行動経済学」とは何か

最近、「行動経済学」という言葉をよく見聞きするが、これはそもそもどういうものなのか。第1回目は行動経済学の基本を、行動経済学という分野がなぜ従来の経済学とは別に誕生・発展したのか、行動経済学が考える人間像や前提と...
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/06
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授