テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.06.12

「あおり運転」受けにくい車の特徴とは?

 どういう状況であれ、あおり運転はするほうが悪いことはいうまでもありません。最近では「妨害運転罪」が設けられるなど、処罰も厳しくなっています。それでもあおり運転を受けてしまうことはあるようです。ではどういう車があおり運転を受けやすいのでしょうか。また、なるべくあおられないためにはどうしたらいいのでしょうか。

「高級車」「スポーツカー」「SUV」「セダン」はあおられにくい

 あおり運転をする人は、相手を見ています。あおり運転は威嚇行為なので、あおる相手は自分より弱いと思われる相手の場合が多いようです。チューリッヒ生命の調査によると、あおる車の3割はセダンです。セダン以外だとバン、トラックなど大きめのクルマが多いとのこと。ではどのような車があおられにくいのでしょうか。結論から言えば、「高級車」「スポーツカー」「SUV」そして「セダン」です。以下、それぞれに理由を見てみましょう。

 「高級車」には社会的実力者や権力者など、自分よりも強い人、または怖い人が乗っている可能性があります。特に黒や白の車はこういった人が乗っている可能性が高く、狙われにくいようです。また、そもそも高い車なので、もし傷をつけて損害賠償請求された場合の修理費用はかなりの額にのぼることも想定できます。あおる人間にとってこれらの車はリスクが高いのです。さまざまな高級車がありますが、メルセデス・ベンツやアウディ、BMW、レクサス、トヨタセンチュリーといったところが該当します。

 「スポーツカー」は当然ですがスピードが出ます。もしあおったとしてもすぐに走り去っていくでしょう。またもし自分があおり返されれば逃げられません。加えて基本的にスポーツカーは高級車なので、傷をつけてしまった場合の損害賠償といったことも頭をよぎると思われます。ポルシェ、フェラーリ、GTRなどといったところが代表的です。

 「SUV」の中でも特に7人乗りSUVは車体が大きく、やや威圧感があります。また車体が大きいことから、後ろにつくと前方が見えづらいことも大きなリスクです。もちろんパワーもあります。高級車やスポーツカーほどではないにしても比較的価格も高い部類です。7人乗りSUVとしては、トヨタランドクルーザープラドやホンダCR-V、マツダCX-8などといった車が該当します。

 「セダン」に関してはその特有の理由として、警察車両かもしれないリスクがあります。警察車両は「クラウン」が最も多いようですが、他にも「マークX」や「スカイライン」「レガシィB4」といった車両が用いられています。あおる人はこういった点を警戒しています。ただし、警察車両は二人で巡回していることが多いので、この点を見て明らかに警察ではないと判断されると、あおられる可能性はあります。

あおられるきっかけを作らないことも大事

 あおられにくい車の反対の要素を持つ車はあおられやすいと言えます。つまり、あおられやすいのは「軽自動車」と「コンパクトカー」です。これらは反撃されにくいなど、あおるリスクが小さい車です。こういった車に乗っているのは若い人や女性が多いと言えます。特に軽自動車は一般的に速度が出にくいことから高速道路では特にあおられやすいようです。無理して追い越し車線に入らないでおきましょう。

 ただし、あおり運転をする人は、かっとなったらものごとの見境がなくなるような人もいるようです。こういう人の場合、相手がどんな車であろうが関係なくあおり運転をしてくる可能性はあります。どのような時でもあおり運転に遭いにくい行動をとっておくことが大事です。チューリッヒ生命の「2020年あおり運転実態調査」では57.6%の人があおり運転をされた経験があるようです。このうち「あおり運転をされたきっかけとして思い当たるのは?」という問いに対する回答は、多い順に以下の通りです。

1位:制限速度で走っていた 17.2%
2位:車線変更をした 14.7%
同2位:追い越しをした 14.7%
4位:スピードが遅かった 13.8%
5位:合流をした12.9%

 急な車線変更や追い越し車線を走り続ける行為、無理な合流といった点は少なからず他のドライバーにストレスを与えます。あおり運転はする方が悪いことは間違いありませんが、あおられないためには普段から思いやりとゆずり合いを第一に考えておくことが大事かもしれません。

<参考サイト>
「あおられにくいクルマ」ってあるの?実は車種で大きく異なっている「あおり運転事情」!|DRIVE Go SERCH
https://info.drivegosearch.jp/car-share/9428
あおられにくい車や運転。あおられやすい車や運転について|ZURICH
https://www.zurich.co.jp/car/useful/guide/cc-car-road-rage/
煽られやすい車・煽られにくい車の特徴とは?|Ancar Channel
https://www.ancar.jp/channel/15246/
見かけたら覆面の確率が高いクラウン以外のクルマ3選|WEB CARTOP
https://www.webcartop.jp/2018/03/220300/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

「隣の隣」に気づきあり!?…学びには仕掛けが必要

大人の学び~発展しつづける人生のために(3)埋もれた好奇心を掘り起こすために

成長の過程で埋もれてしまった好奇心の発掘が、大人の学びには不可欠である。本当の「好き」も、真の主体性も、そこから始まるからだ。そのためには、自分にはめられているタガをいったん外し、よそ見や寄り道などをして遊ぶこ...
収録日:2024/02/18
追加日:2024/07/22
対談 | 為末大柳川範之
2

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

自由とは奴隷の思想ではないか…福田恆存の人間論とは

福田恆存とオルテガ、ロレンス~現代と幸福(6)福田恆存の人間論――演戯と自然

ロレンスの『黙示録論』を通じて、日本人の依拠すべき自然観を模索した福田恆存。その思考は、演戯と自然が日本人の宿命感をもたらすという独自の人間論に結実する。「醒めつつ踊り、踊りつつ醒める」という演戯とは何か、また...
収録日:2024/05/10
追加日:2024/07/21
浜崎洋介
文芸批評家
3

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

フィンランドで始まったオープンダイアローグの活用法とは

メンタルヘルスの現在地とこれから(6)職場で生かすオープンダイアローグ

フィンランドの西ラップランドで始まったオープンダイアローグは、近年、日本でも注目される精神医学上の手法である。統合失調症に対する治療的介入の手法として始まり、大きな成果を上げている。行われるのは普通の対話だが、...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/07/20
斎藤環
精神科医
4

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

重要思考とは?「一瞬で大切なことを伝える技術」を学ぶ

「重要思考」で考え、伝え、聴き、議論する(1)「重要思考」のエッセンス

「重要思考」で考え、伝え、聴き、そして会話・議論する――三谷宏治氏が著書『一瞬で大切なことを伝える技術』の中で提唱した「重要思考」は、大事な論理思考の一つである。近年、「ロジカルシンキング」の重要性が叫ばれるよう...
収録日:2023/10/06
追加日:2024/01/24
三谷宏治
KIT(金沢工業大学)虎ノ門大学院 教授
5

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地球儀を俯瞰する!?国際政治を読むために重要な地図の見方

地政学入門 歴史と理論編(2)なぜ地理が重要なのか

国際政治を地理的要素に着目して分析するのが地政学だが、なぜ地理が国家間の政治を考える上で重要な要素になるのか。その理由は地理が持つ「不変性」にあると小原氏は言う。また、地理を考えるときに欠かせないのが地図で、見...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/07
小原雅博
東京大学名誉教授