テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
DATE/ 2022.07.16

炎天下の車内、温度を一気に下げる方法は?

 買い物や旅行の時に自家用車を愛用している方も多いでしょう。しかし、特に夏場には戻ってきたら車内がサウナのようになっていて、ハンドルやシートベルトが触るだけで熱くなっていることも珍しくありません。クーラーを入れてもすぐには冷えずに困っている方もいるのではないでしょうか。そんな炎天下になった車内の温度を一気に下げる方法はあるのでしょうか?

車内温度を下げる方法

 夏の暑い時期に直射日光が当たる場所に駐車した車は、車の外観も部品も温められて、車内の温度は50~60度に達するといわれています。車内の熱気を逃すためにはクーラーをつける、窓を全開にする、冷却スプレーを使う、ドアを開閉させる、車体に水をかけるなどさまざまなやり方を考えることができます。

 JAFが行った実験によると、その中でももっとも効率的に温度を下げる方法は「窓を全開にしてエアコン(外気循環)をかけながら走行する」でした。上記の通り、炎天下の車内は50~60度なので、どんなに熱くても外の温度の方が低くなっています。

 そのため、まずは窓を全開にしながら走行することとエアコンで外気を取り入れることで、車内の温度を外気と同じくらいまで下げます。空気の入れ替えが終わったら窓を閉めて、エアコンを内気循環に切り替えれば、一番効率的に車内の温度を下げることができるのです。このやり方は短時間で車内の温度を下げられるため、燃費や環境のことを考えても最適な方法だとされています。

 一方で、車に水をかけるのは外観から冷やすということでは良いアイデアなので効果が期待できます。しかし、それなりに車を冷やすには水が大量に必要になること、水垢ができてしまう可能性もあるのであまりオススメできません。

 同じく冷却スプレーを熱くなったシートベルトや金具に使うと効果的ですが、引火性のガスなので火気には注意しましょう。スプレーを車内に置いておくと爆発する可能性もあるので、取り扱いにも気をつける必要があります。

車内温度が上がらないようにする工夫も

 できればそもそも車内の温度があまり上がらないようにしておきたいですよね。そのためにはいかに直射日光を避けられるかがポイントになります。

 駐車する位置はなるべく直射日光の当たらない屋根のある場所か、木や建物の影になるところを選びましょう。長時間駐車する場合には、太陽の位置によって日の当たる場所も変わるので注意が必要です。

 また、日が当たらないように日除けグッズを活用するのも良いでしょう。よくみる光景ですが、フロントガラス部分にサンシェードをつけるのはとても効果的です。他の窓にも同じように光を避けるためのウインドーネットやカーフィルムをつけておくとより高い効果を得られるでしょう。

 いかがでしたか? グッズを活用したり、こうしたテクニックを駆使することで少しでも快適なドライブを過ごせるはずです。ぜひ、実践してみてくださいね。

あわせて読みたい