テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2022.11.06

危険?ガソリンの「追加給油」がダメな理由

 1998(平成10)年に日本でも解禁された、セルフ式ガソリンスタンド。ドライバーが自身でガソリンを給油するなど給油にともなうサービスの省略によってリーズナブルで給油できることで人気となり、全国各地に普及しました。そして、約四半世紀を経た現在、社会インフラとして身近な存在となっています。

 しかし、ガソリンは危険物です。そのため、セルフ式ガソリンスタンドには、さまざまな安全装置付きの機器が設けられています。

「自動停止機能」後の「追加給油」は危険!

 ガソリンスタンドの安全装置の1つに、ガソリンが給油口から溢れることを防ぐ、「自動停止(オートストップ)機能」があります。「自動停止機能」の仕組みは、次のようになっています。

【「自動停止機能」の仕組み】
(1)給油ノズルの先端に、「検知口」と呼ばれる小さな穴が開いている。
(2)「検知口」から空気が取り入れられノズル内に空気が流れている限り、センサーは反応しない。
(3)給油によってガソリンタンク内の油面が上昇し「検知口」が塞がれると、ノズル内に空気が流れなくなる。
(4)ノズル内が真空状態になるとセンサーが満タンを検知し、給油を自動停止する。

 しかし、自動停止後も給油口からはガソリンが見えないなどによってまだガソリンが入ると思い、自動停止機能を無視して継ぎ足し給油をしてしまう、いわゆる「追加給油」をおこなう人がいます。

 しかしながら、ガソリンタンク内は視認しにくい複雑な形をしていることや熱によるガソリンの膨張などを考えてタンクの上部10%の部分は空気の層になるように設計されていることなどもあり、たとえ給油口からはガソリンが見えなかったとしても、自動停止機能が作動している場合、満タンやそれに近い状態となっています。

 そのため、「追加給付」をすることによって、ガソリンが給油口からはね出したり溢れてしまったりすることもあるだけでなく、走行中にガソリンが漏れ出したり吹きこぼれたりすることにつながる危険性が生じてしまいます。東京消防庁などは、「追加給付」をセルフ式ガソリンスタンドでの禁止事項としています。セルフ式ガソリンスタンドで給油する際は、ガソリンの「追加給付」は絶対にやめてください。

 さらに、給油ノズルは上記のようなセンサーを使った機械的な構造であるため、タンクに対する給油量に応じて安全な量を超えたら絶対に停止するとは言い切れない一面もあります。そのため、大前提として、給油中は給油口から目を離さないことが重要となります。セルフ式ガソリンスタンドで給油する際は給油が終わるまで十分に注意し、ガソリンが吹きこぼれないようにしてください。

セルフ式ガソリンスタンドの仕組み

 ところで、「なぜ危険物であるガソリンをセルフ式ガソリンスタンドではドライバー自身が給油できるのか?」と疑問に思ったことはないでしょうか。

 もちろん、セルフ式ガソリンスタンドにも、危険物の取り扱い資格である国家資格である危険物取扱者甲種または危険物取扱者乙種4類の保有したスタッフ(以下「スタッフ」)が常駐しています。スタッフは、給油レーンなどにも設置されたガソリンスタンド内のモニタリング等を通してドライバーの安全な給油作業を見守りつつ、火気の持ち込み・給油中のスマホ等の使用・携行缶等への注油といった禁止行為のチェックを行っています。

 そして、セルフ式ガソリンスタンドであっても、実際にガソリンを扱う段階にあたる給油作業開始の判断は、スタッフによって行われています。

 セルフ式ガソリンスタンドの仕組みは、ドライバーが給油ノズルのレバーを引いたことによって給油が開始されるのではなく、スタッフが安全を確認出来た後給油許可を行うことによって、ドライバーがレバーを引いた給油ノズルからガソリンが出てくるという仕組みになっています。

セルフ式ガソリンスタンドでの注意点

 他方、ガソリンの「追加給油」以外にも、いくつかのセルフ式ガソリンスタンドで給油を行う際の注意点や厳守事項があります。主な注意点や厳守事項は、(1)白線等で示された規定の場所で停止のうえエンジンも停止する、(2)引火防止のために給油キャップを開ける前に必ず静電気除去シートにタッチする、(3)案内や注意書き等を厳守した正しい方法で給油する、(4)給油後はしっかりと給油キャップを閉める、そして(5)不明点やトラブル等があった際は自己判断せずに直ちにスタッフに報告し指示を仰ぐ――などが挙げられます。

 物価高騰の影響はガソリンの値上がりにも直結しています。そのためもあってセルフ式ガソリンスタンドで給油する際にも、「少しでも安いときに多めに給油したい」という思いがよぎるかもしれません。しかし、ガソリンの給油やひいては車の運転や活用に関わる全てにおいて、なによりも優先されることは安全です。ガソリンの「追加給油」のような危険なことは行わず正しい方法で給油し、安全な車生活を送ってください。

<参考文献・参考サイト>
・「セルフ式ガソリンスタンド」『デジタル大辞泉』(小学館)
・セルフ式ガソリンスタンドを安全に利用するために - 東京消防庁
https://www.tfd.metro.tokyo.lg.jp/lfe/topics/gas_station.html
・じつは禁止事項! セルフスタンドで自動停止後の「チョビチョビ入れ」が危険な理由 - WEB CARTOP
https://www.webcartop.jp/2020/05/522755/
・実はいろんな決まりがあるセルフガソリンスタンドの裏側と注意点 - ベストカーWeb
https://bestcarweb.jp/feature/column/312765
・ガソリン給油時のオートストップ機能 - 木内油業株式会社
https://kiuchi-oil.jp/info/7565
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
“社会人学習”できていますか? 『テンミニッツTV』 なら手軽に始められます。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本経済の行き詰まりをもたらした2つの大きな理由とは

日本企業の弱点と人材不足の克服へ(1)膠着する日本経済の深層

日本経済はこの20~30年行き詰まりの状態にある。理由としては、会社の多角化によって生まれた各事業部の規模が小さすぎることが挙げられる。また、「技術があればいい」というマーケット軽視の姿勢も理由の一つだ。日本と業態...
収録日:2020/10/28
追加日:2020/12/27
西山圭太
東京大学未来ビジョン研究センター客員教授
2

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

ヒトラーに影響を与えた地政学の父・ラッツェル「生存圏」

地政学入門 歴史と理論編(5)地政学理論の先駆者たち

地政学の理論は、歴史的な事象の読み解きを可能にするだけでなく、同時代的な軍事的動向にも影響を与えていた。今回はその先駆的な提唱者として、アルフレッド・マハン、フリードリッヒ・ラッツェル、ハルフォード・マッキンダ...
収録日:2024/03/27
追加日:2024/05/28
小原雅博
東京大学名誉教授
3

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

人間だけが大人になっても「学び」を持続できる

「学びたい」心のための環境づくり

人生を豊かに、充実したものにするために、必要不可欠なスパイスとなるのが「好奇心」であることを否定する人はいないだろう。しかし、この「好奇心」は、進化生物学見地からすると、どのように考えられるのだろうか。行動生態...
収録日:2018/02/14
追加日:2018/05/01
長谷川眞理子
日本芸術文化振興会理事長
4

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

ノーベル賞受賞「オートファジー」とは?その仕組みに迫る

オートファジー入門~細胞内のリサイクル~(1)細胞と細胞内の入れ替え

2016年ノーベル医学・生理学賞の受賞テーマである「オートファジー」とは何か。私たちの体は無数の細胞でできているが、それが日々、どのようなプロセスで新鮮な状態を保っているかを知る機会は少ない。今シリーズでは、細胞が...
収録日:2023/12/15
追加日:2024/03/17
水島昇
東京大学 大学院医学系研究科・医学部 教授
5

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

有漏の善根では駄目…「商人日用」に学ぶ商売の心得

石田梅岩の心学に学ぶ(8)鈴木正三『万民徳用』を読む(下)

江戸初期の商人は利を求めるのに忙しく、信心と離れた存在だと自らを卑下していたようだ。鈴木正三は『万民徳用』の「商人日用」において、彼らに対し、利益を追求するには「身命を賭して、天道に抛(なげうっ)て、一筋に正直...
収録日:2022/06/28
追加日:2024/05/27
田口佳史
東洋思想研究家