テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.06.13

人口たった5人?自称国家「ワイ公国」とは

「国家」は誰でもつくれるの?

 世界の国家の数は日々変化していますが、2023年3月20日現在の外務省のデータによると、日本を含めて196か国となっています。これは日本が正式に承認している国家の数であり、最も近年では2015年にオセアニアの島国・ニウエが承認されています。国家が国家として存在するには、このように他国から認められる必要があり、その条件は基本的に「領土」、「国民」、「主権」の三要素を満たしていることとされています。「領土」はその国が領有している土地、「国民」はその国に住んでいる人、そして「主権」はその国の運営を他国に干渉されず、独自に決定する権利を指します。

 それではこの三要素さえあれば、どんな国家でも国家と見なされるのでしょうか。残念ながら、実際にはなかなかそうはいきません。たとえ国家の体裁が整っていても、政治的な理由や外交的な問題があればやはり承認は難しいですよね。しかし実は、「国家をつくること」自体は誰にでも可能。独立宣言さえすれば建国できるのです。このような、国家として承認されていないけれど独立を主張している国家のことを「自称国家」、「ミクロネーション」といいます。自称国家は正式な国家ではないので、地図には記載されません。このため正確な数はわかっていませんが、アメリカ、イギリス、オーストラリアなど世界中に存在しています。

 自称国家には、領土が「国王」の寝室からスタートしたタロッサ王国や、海上要塞として使われていた人工島に「建国」されたシーランド公国など、小規模でユニークなものがたくさんあります。今回はその中でも「国民」が5人しかいないという、群を抜いて小さな「ワイ公国」をご紹介します。

小さな自称国家「ワイ公国」はどんな国?

 ワイ公国は2004年に建国された自称国家で、オーストラリア南東部の都市・シドニーのモスマン市にあります。国家元首はポール・デルプラット1世。ポール公、ワイ・デルプラット公とも呼ばれます。「ワイ」とはオーストラリアの先住民族・アボリジニの言葉で「私が」という意味なので、ワイ公国とは「私が公国」と名乗っている国名なのですね。気になる5人の国民は、ポール公とポール公の公妃である妻、そしてポール公夫妻の娘2人と息子1人。つまり、ポール公の家族のみとなっています。さらに領土はポール公の自宅の敷地とされており、面積は約700平方メートル。プロ野球の内野にあたるダイヤモンドが約750平方メートルなので、その中におさまってしまうくらいの広さですね。

 このように小さな自称国家であるワイ公国ですが、建国の背景にはポール公にとって重大な事情がありました。時はさかのぼり、1993年のこと。モスマン市の都市開発計画によって、すべての住宅の周辺に舗装道路が敷かれることになりました。そこでポール公(当時は一般人のポール・デルプラット氏)も舗装の希望を申請したのですが、行政側の手違いでこの申請が却下されてしまったのです。そこでポール公は「自分のものである道路が自由にできないのはおかしい」と激怒し、ワイ公国として独立を宣言しました。オーストラリアはこの独立宣言を認めていませんが、なんとモスマン市長からは認められています。ただし、2013年の裁判で「公共利用に支障が出る」というモスマン市側の主張が認められたため、道路舗装は実現していません。

 ポール公の戦いはまだ続きそうですが、国家を運営するとなると必要なのがお金ですよね。ワイ公国ではどのように資金調達しているのかというと、実はポール公の職業が芸術家で、自身が経営している美術学校の収入を資金源にしているのだとか。ポール公は国旗や国歌「Wy is an Answer」も自作しており、まさに芸術家の本領発揮というところでしょうか。「Wy is an Answer」=「私が答えだ」と高らかに宣言するポール公。その意思の強さは見習いたいですね。

<参考サイト>
・テンミニッツTV 「自称」国家、ミクロネーションとは
https://10mtv.jp/pc/column/article.php?column_article_id=3060
・ダヴィンチweb 人口はたった5人! ワイ公国という不思議な国家があるって本当?/毎日雑学
https://ddnavi.com/serial/617891/a/
・外務省 世界と日本のデータを見る
https://www.mofa.go.jp/mofaj/area/world.html
・加地都市鑑定所 土地の面積の目安
http://kajitosi.main.jp/column/col28.html
・Daily Telegraph  Prince of Wy Paul Delprat loses driveway court battle
https://www.dailytelegraph.com.au/newslocal/north-shore/prince-of-wy-paul-delprat-loses-driveway-court-battle/news-story/45ed4e062cdeb539d51600d10529eec7
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

EVが電気を運ぶ…モビリティの変化と非常時のレジリエンス

EVが電気を運ぶ…モビリティの変化と非常時のレジリエンス

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(6)モビリティとエネルギーの融合

現在、電気自動車(EV)の開発、普及が急速に進んでいる。それはつまり、道路上で車が電気を運んでいるということを意味する。これからのサステナブルな電力供給を考える上で、この状況は重要な意味を持っている。リアル空間の...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/05/18
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
2

ウクライナ戦争は何年続く…世界史が物語る戦争の不可思議

ウクライナ戦争は何年続く…世界史が物語る戦争の不可思議

世界史から見たウクライナ戦争と台湾危機(1)長期戦の歴史と「ピュロスの勝利」

2022年2月に始まったロシアのウクライナ侵攻。両者の攻防は1年が経過してもなお続いているが、いったいこの戦争はどのような終結を迎えるのか。さらなる長期化の可能性を考えたとき、過去に長期化した戦争の歴史を振り返ること...
収録日:2023/02/28
追加日:2023/03/29
山内昌之
東京大学名誉教授
3

「バカげたアイデア」が成功する!? カギは不満と情熱と改善

「バカげたアイデア」が成功する!? カギは不満と情熱と改善

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(5)スタートアップ成功の秘訣:前編

Yコンビネーターで経験を重ね、紆余曲折を経てOpenAIの事業を成功させたサム・アルトマン。彼のように、革新的で、多くのユーザーに愛されるサービスを生み出すためには、どのようなマインドセットが必要なのだろうか。「素晴ら...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/05/17
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
4

【会員アンケート企画】人間力を高めるために大切なものは?

【会員アンケート企画】人間力を高めるために大切なものは?

編集部ラジオ2024:5月15日(水)

今回の会員アンケート企画では「人間力を高めるために大切なものは何か?」というテーマでご意見をいただきました。

そもそも「人間力」とは? これは、ある意味ではどのようにも考えられる難しい問いです。しかし...
収録日:2024/05/08
追加日:2024/05/15
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア
5

繁華街・新宿のルーツ、江戸時代の遊女が働く飯盛旅籠とは

繁華街・新宿のルーツ、江戸時代の遊女が働く飯盛旅籠とは

『江戸名所図会』で歩く東京~内藤新宿(2)「夜の街」新宿の原点

歌舞伎町を筆頭に、東京でも有数の繁華街を持つ新宿だが、その礎は江戸時代の内藤新宿にあった。遊女が働く飯盛旅籠(めしもりはたご)によって、安価に遊興できる庶民の「夜の街」として栄えた内藤新宿の様子を、『江戸名所図...
収録日:2024/02/19
追加日:2024/04/28
堀口茉純
歴史作家