テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2023.06.06

脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てるかがくのおはなしの魅力

 幼いころ、両親が読み聞かせてくれた物語や本の内容を、今でも覚えているという方はきっと多いことでしょう。なかには何となく覚えていたものもあれば、興味を持ち自分でも読んだり調べたりしたことで、より深く記憶に残っているものもあるかもしれません。

 本日ご紹介するのは、そんな読み聞かせのための一冊、『脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てる かがくのおはなし50』(宝島社)です。監修を行っているのは、東北大学加齢医学研究所教授の瀧靖之先生です。これまでにも『脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てる100のおはなし』『脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てることばのえじてん』『脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てる100のものがたり』『脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てる「どうして?」クイズ100』(以上、すべて宝島社)を監修されており、専門分野として人の脳の発達や、加齢のメカニズムを明らかにする世界最先端の脳画像研究を行っています。瀧先生はいわば「脳画像研究の第一人者」というわけです。

 そんな脳の専門家が、子どもたちのためにまとめられた本書の魅力に触れて行きましょう。

知的好奇心を刺激する50の読み物

 本書には50個の読み物が用意されています。その内容は、「くらし」や「たべもの」といった身近なものから、「ことば」「れきし」などの人文学的なもの、「うちゅう」「しぜん」などの自然科学など、さまざまです。それぞれの読み物は、数ページの程度の短いもので、大人が子どもに読み聞かせることをおすすめしています。雑学やマメ知識レベルのものもあれば、本格的な科学の知識が得られるものまで幅広く網羅されており、親御さんの補助があることで、より深く内容を理解することができます。

 では、本書のタイトルにもある“「賢い子」を育てる”ためのポイントはどこにあるのでしょうか。それはズバリ、子どもたちの「知的好奇心」を刺激することにあります。瀧先生は本書の冒頭で、次のように話します。

〈知的好奇心とは、「これなに?」「どうして?」と興味をもち、それについて「もっと知りたい」とワクワクする気持ちです。幼いうちに知的好奇心をもって「知ることは楽しい」といく経験をたくさんすると、自然と学力が高くなり、勉強などにも意欲的にとり組めるようになります。〉

 こうした子どもたちの感じる“ワクワク”のきっかけを、本書はあたえてくれるのです。

脳科学から見る読み聞かせの影響

 本書の冒頭には、最先端の脳研究から導き出された、子どもの脳の発達の仕組みや、読み聞かせがあたえる子どもたちへの良い影響など、大人向けの脳科学の解説もあります。そのなかで、読み聞かせをはじめるのに適している時期は、生後6か月から2歳ごろとされています。このころは、母国語の獲得に関わる時期とされており、自分で本を読みたいと思うようになると、自然と文字を覚えて行くのです。

 また、瀧先生は「幼児期を過ぎて自分で文字が読めるようになっても、子どもが望むかぎり、読み聞かせを続けることをおすすめします」とも言います。

 子どもが「楽しい」と思える環境では、記憶をつかさどる「海馬」や感情をつかさどる「扁桃体」が互いに刺激し合うようになり、より物事を覚えやすくなるのだとか。ワクワクするお話を、毎日寝る前に親にしてもらう。それは脳の発達のみならず、良好な親子関係の構築にも深く結びつきます。

意外と専門的な読み物のかずかず

 ではここで、いくつかの読み物のタイトルをご紹介しましょう。

「どうして人間は記憶ができるの?」
「どうして風邪をひくと熱が出るの?」
「どうして磁石はくっつくの?」
「どうして季節があるの?」
「どうしてロケットで宇宙に行けるの?」
「どうして花や植物に水をあげるの?」

 パッとタイトルを見ただけで、子どもにもわかるように説明ができるという方は、素晴らしい知識をお持ちです。しかし、なかなかそういった方は少ないのではないでしょうか。むしろ、意外と本格的な内容だなと思われた人も多いかもしれません。本書には、大人が読んでいても、「ふむふむ」とうなずけるような項目が揃っています。読んでいるうちに、意外と大人の方が夢中になってしまうなんてこともあるかもしれませんね。

 また、内容も読みやすく、すべての漢字にひらがなが振ってあるため、文字が読めるようになれば、子ども自身、読み返すこともできるでしょう。

子どもの目線から感じる「世界のなぞ」

 本書の大きな魅力は「親子で楽しめる」というところです。小学校や中学校で習った事がらも、いつしか当たり前になり、何かに疑問を抱くということも少なくなるのが大人です。しかし、何気ない日常の出来事でも、「なぜ?」「どうして?」を、子どもも目線で見ることで、新しい気づきや発見があります。

 子どもたちにとって、この世界は謎だらけです。そして、わたしたち大人も、わかっているつもりで、意外とわかっていないということもたくさんあります。お子さんに読み聞かせをしながら、一緒に科学の楽しいお話に触れてみてはいかがでしょうか。きっとかけがえのない貴重な体験を親子で共有できるはずです。

<参考文献>
『脳の専門家が選んだ「賢い子」を育てる かがくのおはなし50』(瀧靖之監修、宝島社)
https://tkj.jp/book/?cd=TD041777&p_bn=yoyaku

<参考サイト>
瀧靖之先生の研究室(東北大学 加齢医学研究所)
http://www.nmr.idac.tohoku.ac.jp/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
自分を豊かにする“教養の自己投資”始めてみませんか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授