10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2015.12.06

山奥でひたすら座禅!?京都から広まった「ヴィパッサナー瞑想法」とは?

注目を集める瞑想

 近年のネットのインフラ整備によって、現代人は自分が欲しようとしなくてもあらゆる情報が向こうからやってくる。例えば多くのユーザーを持つFacebookなどは、出会い系のマッチングアプリや転職サイトなどの広告がいたるところに盛り込まれている。そういった広告を何度も見ているうちに、気が付けばそれを上手に使いこなすヘビーユーザーになっている、などという経験は誰にでも一度や二度はあることだ。

 そのような例から鑑みると、現代とは気づかれないように意図された道筋を歩まされているような気がする。しかし、それは最初から自分の歩むべき道が分からず、迷走していただけに過ぎないのかもしれない。現代とは、あらゆるところに人を惑わす迷路が潜んでいるということだろう。

 そういった迷える現代社会において、昨今注目を集めているのが「瞑想」である。例えば、瞑想という単語をキーワードにググってみるだけで、驚くほどの種類の瞑想講座の案内であふれている。ただ、講座の中には首をかしげたくなるものや、かなり高額なものも少なくない。それらに大枚をはたいて参加する人がいるとすれば、それだけ瞑想が求められているということだろう。

 瞑想は、大まかに分けると二つほどある。

1:黙して座禅するもの
2:マントラ(呪文やお経)を唱えるもの

 黙して座禅するものは静寂へと自分を導いてゆくが、マントラを唱えるものはで意識を高揚させる働きがあるだろうか。前者の最たる例でいえば曹洞宗の座禅にあたり、後者は法華経などを唱える日蓮宗などが有名であろう。

 また、意外に感じられるかもしれないが、ヨガも瞑想のひとつである。ヨガは身体的な運動に加えて、オーム(お経)を唱え、最後はあぐらを組むなり、あるいはシャバーサナ(屍のポーズ)といって仰向けになって寝てリラックスする。

京都で大人気の瞑想法

 もうひとつ紹介しておこう。

 「ものごとをありのまま見る」という意味を持つ、ヴィパッサナー瞑想法というものがある。こちらの瞑想法は10日間ほど山奥にある宿舎でひたすら座禅を組んで瞑想するものである。修業期間中は日常生活から離れ、参加者とは一切喋ってはならず、煙草やお酒も禁止され、文字を目にすることも、何かを書くことも許されない。つまり日用品のほとんどを預けることが義務付けられている。食事に関しては、朝食と昼食のみで、全てオーガニックの玄米菜食を基本にしている。起床は朝の4時半、就寝は夜の九時。起きている間は、徹底的に、座禅を組んで瞑想するストイックな生活となる。

 このヴィパッサナー瞑想法は2500年以上も前から、インドで、人間全てに共通する病のための普遍的な治療法として指導され、現在では世界中にその合宿所が運営されている。日本では、京都と千葉にあり、殊に京都の方ではコースがすぐに埋まってしまうほどの人気だという。この瞑想コースは無償であり、参加者の任意の寄付によって成り立っている。

 他にも、早朝の時間帯を利用した座禅会を無償で催しているところもある。早朝となれば、仕事の前に行くことが出来るだろう。

 ということで、今回はお金がかからないものに限定させてもらった。いろいろな瞑想法があるのだが、大事なのは、自分にあった瞑想法を見つけることではないだろうか。あわただしい日々の迷走から抜け出すためにも、一度試してみてはいかが。

<参考サイト>
・「日本ヴィパッサナー協会」
http://www.jp.dhamma.org/940.html?&L=12
(10MTV編集部)

あわせて読みたい