10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.08.09

誰でもわかる!「かつら」の見分け方

 髪の毛の濃さはホルモンが大きく影響するといわれています。今はさまざまな育毛法、植毛法がありますが、生えそろうという保証がなく、高額のわりに地道な努力が必要で、場合によっては手術を要することもあるなど、いろいろと面倒なことが少なくありません。一方、かつらはメンテナンスができることやその手軽さ、安心感からやはり愛用している人も多いようです。

 かつらもひと昔前の「わかりやすい」ものから、だいぶ進化をとげています。地毛との境目がわかりづらいとか、髪を洗うとき外さなくても良いとか、さまざまな改良がなされているといいます。とはいえ、油断しているとある日、とんでもない場面でばれてしまう、ということがあるかもしれません。

 そこで、気になるかつらの見分け方についてお話しいたします。

つむじが見えない

 人にはみな、つむじがあります。かつらをつけているとどうやら、つむじがしっかりと見えないらしいのです。年齢を重ねていけば髪の毛が薄くなる人は増えるわけですが、あまりにも不自然なフサフサ具合で「つむじが見えない」というのは、かえって怪しいと思われてしまうかもしれません。

 どうせかつらをつけるなら濃い髪がいいと、欲張ってつむじが見えないようなかつらを選んでしまいがちですが、冷静に、自然なものを選ぶと良いのだそう。

毛の質感

 かつらに使われている毛は、ヒトの本物の毛と、人工毛、そして、それらをミックスしたものが存在します。人工毛はポリエチレンなどの化学繊維でできていて、見る人が見ればわかってしまうそうです。

 またキューティクルも極端に少なく、下手にテカリがでてしまうといいます。人毛は染め直しているものを使っているため色あせやすくメンテナンスが大変な上に価格も高いですが、人工毛とはまったく違う質感のようです。こだわりたいならこちらが良いかもしれません。
 

サイズ感

 かつらのサイズは何でも良いというわけにはいかないそうです。個人個人に合ったもの、そして、長期的に付き合っていくことを見越して、きちんとつくられたものを装着しないと、頭とのバランスがおかしくなり、浮いたように見えてしまうといいます。汗をかいたときにわかりやすいのだとか。使っていく間に頭の状態が変わり、サイズが合わなくなっていくという場合もありますので、まめなチェック、手入れが必要ですね。
 

かつらという選択

 調べていくと、やはり欲張ってしまうから不自然になるというケースが多いようです。どうせならだれにもわからずに装着したいでしょうし、できるだけナチュラルに見えるような努力が欠かせないのではないでしょうか。

 いまはとても質の良い、高度なかつらが売られています。どうせつけるならちょっとお高くでも、見た目にはわからないようなかつらを持てば、安心感が高まるのではないかと思います。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい