10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.09.12

キレイ好きと潔癖症は別!深刻な場合は病気かも…

 近頃、よく耳にする「潔癖」というキーワード。TVに出演している芸能人の人たちが潔癖エピソードを語ることも多く、身近な話題かと思います。

 メディアでよく見かける例を挙げると、「大勢で囲んだ料理をじか箸でつつけない」「電車のつり革がつかめない」「1日に何回も手を洗う」「人が飲んだコップやペットボトルの飲みものに直接口をつけられない」「外食でも食事の前には除菌ウエットティッシュで手をアルコール消毒」「病院や旅館で他人が履いたスリッパを履けない」「外のトイレのドアノブを触れない」「人の家のお風呂や温泉に入れない」などがあります。中には「家族が触ったドアノブも触れない」「家でしかトイレをしない」なんていう日常生活に支障をきたしそうなケースも。

 これらの例に「私にも少なからずそういう部分はある」と共感する人が少なくないからこそ、これだけ話題になっているのではないでしょうか。それを裏付けるかのように除菌に関する商品をいたるところで目にします。

ウエットティッシュからフィルム石けんまで、除菌グッズに注目

 除菌ウエットティッシュは、いわゆる「潔癖」な人のナンバー1マストアイテムといえるのではないでしょうか。各社から発売されており、今や100円ショップでもコンビニでもどこでも手に入りやすいもののひとつです。

 自宅用として“ボタンを押すだけで消毒剤が噴射し、普通のティッシュがウエットティッシュに早変わり”というティッシュボックス「ルテラ」(アーネスト)も人気。また、アルコール手指消毒剤の「手ピカジェル」(健栄製薬)は携帯用から、使い切りタイプ、女性がポーチに入れて持ち運びしやすいコスメっぽいデザインのものまで、シチュエーションにあわせたラインナップが充実しています。このほか、無印良品から出ている「フィルム石けん」などの携帯用ハンドソープも注目グッズです。

 このように除菌をキーワードにした商品の市場はまだまだ拡大していく勢いです。

潔癖症とは?

 ではあらためて潔癖症とはどういうものなのでしょう?

 一般に、キレイ好きという性格の特徴があります。これは目に見える汚れや気になる匂いを取り去るために、手を洗ったり掃除をすることで自身が満足できるものだそうです。つまり“性格”といえる範疇のもの。

 しかし極度な潔癖症、強迫性障害(OCD)の不潔恐怖症を持つ人は、目に見えない汚れや頭の中にある不潔への恐怖を取り去るために手を洗うなどの行動をとるため、自身でコントロールするのが難しいようです。これは頭の中の強迫観念を拭い去らない限りは、行動を収めらない状態のため、一般的には“心の病気”と捉えられることが多いそうです。

 症状がひどい場合は、人とのコミュニケーションにも支障をきたすことも。たとえば、あなたが職場で同僚にペンを貸したとします。返してもらったペンを除菌クリーナーなどで消毒している姿を相手が目にしたら、どう思うでしょう。潔癖症の人に悪気はないにもかかわらず、「バイ菌扱いされた」と相手が不快な思いをしてしまうかもしれません。

 またその逆もあります。気心知れたメンバーなら問題ないかもしれませんが、「じか箸はイヤだ」と言えないような食事の席は、潔癖症の人自身にはつらいはず。周りに気を遣わせないように一番先に食事を取り分けるなど、人知れず努力をしている場合もあり、そうできない場合にかかるストレスは、時と場合によっては深刻なものになり得ます。

深刻な場合は専門家や医師へ相談を

 このように、コミュニケーションに支障をきたすほどの症状がある人は、それが大きな悩みであり、できれば改善したいと考えているはずです。しかし、強迫性障害の場合は、個人での努力では克服できないことも多いため、ひとりで抱えずに医師や専門家に相談することをおすすめします。

 いずれにしても、潔癖性の人がどんなに苦しみを抱えているか、周囲からはよくわからないかもしれません。それゆえ、周囲の人が理解をし、気遣ってあげることで、お互いにとってよりよい状況になっていくといいですね。
(10MTV編集部)