テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

小野小町の和歌に見る、「掛詞」というレトリックの魅力

和歌のレトリック(4)掛詞:その1

渡部泰明
東京大学大学院人文社会系研究科教授
情報・テキスト
小野小町(鈴木春信画)
渡部泰明氏が百人一首を例にとりながら、代表的な和歌のレトリックについて解説するシリーズレクチャー。今回取り上げるのは「掛詞」について。掛詞は単に言葉のしゃれというものではなく、わが身の在り方や心情と、場や風景、世の中やモノの在り方など、2つのものを重ねて表現する技法だ。小野小町や蝉丸などの歌を例に、掛詞というレトリックの魅力に迫る。(全12話中第7話)
時間:10:04
収録日:2019/06/17
追加日:2020/01/13
ジャンル:
≪全文≫

●掛詞は和歌のレトリックの中でも代表的、かつ最も基本的なもの


 古典和歌における掛詞についてお話しいたします。

 掛詞というのは、日本語にとても数の多い同音異義語を利用して、いわば言葉のしゃれのようにして使うレトリックです。今「しゃれ」と申しましたが、なぜそういう言葉のしゃれのようなもの、あるいはだじゃれのようなものが使われるのか、長い間、私自身はよく分かりませんでした。それについて考えたことを、今日はお話ししたいと思います。

 掛詞についてはたくさんの例があるのですが、その中でも大変に有名な百人一首の歌を例にお話しします。掛詞は、和歌のレトリックの中でも代表的なもの、そして最も基本的なもの、といってかまわないと思います。それは一体どういうことでしょうか。そして、なぜそれほど使われるのでしょうか。


●掛詞とは2つの文脈をのり付けしているような状態


 最初にこの歌を取り上げてみたいと思います。喜撰法師の歌です。

「我が庵は
 都のたつみ しかぞすむ
 世をうぢ山と 人はいふなり」

 これは、「私の庵は都の東南にあって、このように安らかに過ごしている。しかし、都の人たちは私が世を厭(いと)って宇治山にいるんだとうわさしているようです」という歌です。この中で「世をうぢ山」というところに掛詞があります。「うぢ山」という地名に宇治の山、その「う」のところに「憂し」が掛けられているのです。

 掛詞は、ちょうど2本テープがあってそれをのり付けしているような状態です。そののり付けしてある部分が掛詞なのです。これを引きはがして2つのテープ(この場合、文脈とお考えいただければ分かりやすいと思うのですが)、それぞれその2つの文脈に分解して考えればいいわけです。上の歌の場合でいえば、「世の中を憂しと思う」という文脈と「宇治山で過ごしている」という地名を表す文脈、その2つがあるということになります。


●自分の気持ちの問題と地名を掛けている喜撰法師の歌


 この場合、喜撰法師は強がりを言っていると考えればいいでしょうか。「私は世の中を捨てて、宇治山で過ごしている」ということですが、―宇治は今ももちろんあります。近くに宇治川が流れており、平等院鳳凰堂のあるところですが、昔は隠遁する場所というようなイメージがありました。そういう場所で安らかに暮らしているのに、「あいつは世の中が本当に嫌になって、あんな辺ぴな所に暮らしているんだ」などと皆さん思っているかもしれない。しかし私としては本当に気楽に、人間関係の煩わしさなどにとらわれることなく、ゆうゆうと暮らしている。ということで、ちょっと強がりっぽく言っているのではないか、と考えられます。世間の人と自分(私)を対照しているといえばいいでしょうか。

 その時の要になっているものが、掛詞なのです。世の中が嫌になるという自分の気持ちの問題、自分のありさまの問題と、地名の宇治山、この2つが掛けられているということに少し注意をしておいてください。


●多重な掛詞を持つ小野小町の歌


 次を見てみましょう。小野小町の有名な歌です。

「花の色は
 うつりにけりな いたづらに
 我が身世にふる ながめせしまに」

 「花の色は色あせてしまったなぁ、むなしいことに。私自身がぼんやりともの思いにふけりながら過ごしていた間に。そして長雨が降っていた間に」。さらに、初句に返って「花の色が色あせてしまったな」と続くわけです。

 この場合、花は普通、桜のことですが、実際に何の花かよく分かりません。ただ、『古今集』の春の部に入っていますので、季節は春だろうと思います。その春のもの憂い時間というものを頭に入れればいいでしょうか。そして、長雨が降っている。そんな中で、ぼんやりと花を見つめながら過ごしていた。そうしたら、いつの間にか花が色あせてしまった、散ってしまった、ということを言っているわけです。


●単なる言葉のしゃれではなく、わが身の在り方・モノの在り方を重ねる


 この場合の掛詞が大変凝りに凝っているのです。

 「我が身世にふる ながめ」のところに掛詞があります。「ふる」が、時がたつという意味の「経る」と雨が「降る」、この2つの掛詞になっている。これだけでも普通、掛詞なのですが、さらにもう1つ掛詞が連続して使われているのです。「眺める」です。これは単に見るだけではなくて、もの思いにふけりながらぼんやりと眺めるということですが、それと「長雨」です。「ながめ」と「ながあめ」は違うじゃないかと思われるかもしれませんが、「あ」の音が省略されていると考えれば、「ながめ」で長雨となるわけですね。

 この2つが掛けられているのです。ここも作者の心情、作者の在り方を表す言葉と、世...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。