テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

ウイルスの抑え込みと経済の正常化はトレードオフの関係

新型コロナウイルスによる世界変動(1)2つのアジェンダ

小原雅博
東京大学大学院 法学政治学研究科 教授
情報・テキスト
コロナウイルスの世界的な拡大によって、世界はどのように変わっていくのか。各国の状況を見ると、政治体制ごとで異なる施策と成果がもたらされている。しかし、どの国も共通して、ある種のジレンマを抱えている。(全7話中第1話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:13:54
収録日:2020/04/03
追加日:2020/04/15
タグ:
≪全文≫

●世界では爆発的にコロナウイルスの感染が広がっている


―― 皆さま、こんにちは。

小原 こんにちは。

―― 本日は、東京大学大学院法学政治学研究科教授の小原雅博先生に、今般のコロナウイルスについて、今後、世界がどうなっていくのかという視点から、講評を頂きたいと思います。先生、どうぞよろしくお願い致します。

小原 よろしくお願いします。

―― 今回、問題がかなり大きくなっています。2020年2月に、小原先生と曽根泰教先生で講演会をしていただきました。その内容は、10ミニッツTVで配信しているのですが、その時はまだ、主な症例は中国でした。現在では、これが一気に世界に拡大し、大変な状態になっています。本質的な部分として、現在の状況につき、小原先生はどのように考えていらっしゃるのでしょうか。

小原 WHOは毎日、全体的な感染数や死亡者数を報告しています。それを見ると、明らかに状況は一変してきています。前回(講演会の時に)お話しをした際には中国が中心でした。それが一気に世界に広がり、数字でいえば世界が圧倒的に多くなってしまっています。

WHOは毎日のようにデータを出していますが、グラフで見ると、最初の山は中国でした。この時点でも、世界は驚きました。

 中国の感染者は少しずつ少なくなっていったのですが、その後、他の国で増えていきました。ヨーロッパとアメリカです。これが今、急激に拡大してきています。本当の意味でパンデミックです。

 2020年3月11日に、WHOがパンデミックを宣言しました。それに対して中国では、終息に近づいています。しかし同時に、世界では爆発的に感染が広がっているという状況です。この現状に対して世界はどう対応していくのか。


●政治体制によって感染への対応が違っている


小原 例えば専門家は、対応が政治体制の違いによって異なってくるのではないかという議論を始めています。中国政府は当初この問題に、うまく対応できませんでした。情報を隠蔽し透明性や公開性を欠いていたからです。こうした体制の下では、SARSの時(2003年)と同様に、初動対応が遅れます。その欠陥を、政治家を含めた西側の専門家は批判していました。

 しかし、感染が世界に広がった今では、民主主義体制の下にある先進国政府も、実はうまく対応できていないのではないかという疑念が広がっています。中国に対する批判が、今度は自分たちへの批判につながってきているのです。これは、危機管理や感染症に対するガバナンスの比較として、どちらが優秀な体制なのかという議論にまで発展しています。ガバナンス問題が大きく影響を及ぼしているのではないか、という議論です。この議論を含めて、今回のシリーズでお話をする必要があるかと思います。そんな状況です。


●北朝鮮の国境封鎖は支援の道も閉ざした


小原 現状評価を見ると、各国はまだら模様になっています。現在では、欧米がパンデミックの中心になっています。同時に興味深いのは、イランや北朝鮮が、先進国とは違った対応をしているという点です。両国は、アメリカを中心とした国際社会から経済制裁を受けている、似た者同士の国です。どのような対応をしたかを簡単に説明します。

小原 北朝鮮は、すぐに国境を封鎖しました。北朝鮮はすでに事実上鎖国体制にあったので、国境封鎖とは、唯一バックから支えてくれていた、同じような体制である中国とロシアとの国境を封鎖することを意味します。特に中国は、9割以上の貿易相手となっており、大きく依存しています。そうした最後の拠り所を、自ら閉じてしまったのです。

 われわれの知るところからすると、北朝鮮は医療水準も低く、整備も遅れています。そうした中で感染が拡大すると、大変なことになります。それを防ぎたいがために、苦肉の策で国境を閉めました。そのことによって、今度は経済的に窒息する可能性もあります。その辺はよく見えないのですが、さまざまな情報を総合すると、経済的にはかなり危機的な状況になりつつあるのではないかといわれています。「いや、それは大丈夫だ」ということでそれをアピールするために、ミサイルを撃っているのではないかという分析もあります。

―― 2019年は、農作物が取れなくなり飢饉になっていましたね。

小原 それは気候が非常に不順で、食糧不足が起きていたからです。その時から、国際機関にアピールをしていました。中国はこれに対して、人道的支援は国連制裁に反しないだろうということで、密かに援助していたのだろうと思います。中国からの観光による支援もありました。どんどん観光を行わせて、そこでお金を落としてもらうという手段を取り、国連制裁に反しない形で、間接的な支援を行っていました。習近平氏と金正恩氏は何度も会い、その中...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。