テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

感染症に打ち勝つためには国際協力の強化が不可欠

新型コロナウイルスによる世界変動(6)終息後の世界

小原雅博
東京大学大学院 法学政治学研究科 教授
情報・テキスト
ウイルスの感染拡大が終焉を迎えた世界には何が訪れるのか。注意すべきはデカップリングとナショナリズムの高揚による、国際社会の分断である。さらなる未来のウイルス感染に対峙すべく、国際的な協力体制を確立しなければならない。(全7話中第6話)
※インタビュアー:川上達史(テンミニッツTV編集長)
時間:09:46
収録日:2020/04/03
追加日:2020/05/06
タグ:
≪全文≫

●ウイルス問題終息の先にある米中のデカップリング


―― 非常に難しいのは、まさに世界的な大流行になってしまったので、終息時期が国によって変わってくる点です。中国は、とりあえず一旦終息したと判断し、宣言に向けて動いています。もちろん第二波、第三波の可能性はあります。日本は、4月上旬の段階で抑え込んできたものが、今後どうなっていくのかという問題もありますし、ヨーロッパやアメリカの拡大も注視する必要があります。さらに言えば、今はあまり取り上げられていませんが、南北問題ともいうべきか、途上国への波及も考えられます。

 こうした世界全体で見た今後の展望はどのようなものなのか、それに対して日本はどのような手を打っていけば良いのかについて、ご意見を頂ければと思います。

小原 この問題は、米中関係に引きつけていえば、「デカップリング」といわれる現象に関わります。アメリカからすれば、中国の台頭ということで、中国との間では5Gなどに象徴されるような技術的覇権をめぐる闘争があります。ハイテク技術が経済面だけでなく、軍事的・安全保障的にも大きな役割を果たすようになってきています。

 アメリカは現在、日本を含めた同盟国やパートナー国に、ファーウェイやZTE (中興通訊)のような中国企業に対してアメリカのテクノロジーを使わせないよう、要請してきています。こうした米中間でのデジタルなデカップリングが、感染症が起こる前から動いていました。これが、今回の感染症で進んでしまう可能性があります。これは、ソーシャル・ディスタンスにも関連します。社会の根底でも、距離を置くということがあるわけです。

―― まさに、中国からサプライチェーンを引き上げるということも含めてということでしょうか。

小原 そうですね。中国をサプライチェーンに入れないということが、本当にできるのかという点もありますが、ハイテクの世界ではすでに始まっています。しかし、医薬品では可能なのか、可能だったとしても実際に実現したらどうなるのか。アメリカの慢性病を抱えている人たちは、薬を失うことになるため、実際上そんなことはできないと思います。にもかかわらず、そうした議論をする人たちはいます。さまざまな議論があるなかで、今後気をつけて見ていかなければならないのは、こうしたデカップリングです。


●ナショナリズムの高揚による国際社会の分断


小原 もう1つは、ナショナリズムの問題です。中国は今回、プロパガンダに関してもですが、いろいろな問題があっても感染症に対して共産党の指導の下、結束し、情報に惑わされることなく一緒になって感染症という共通の敵に立ち向かおうではないかということで、「国のため」「民族のため」と言って、医療チームも含めた実践をしてきたわけです。

 これはこれで、中国の体制からすれば、体制擁護に繋がる契機になったのですが、同時に、あまりにこの点を強調すると、逆にアメリカやヨーロッパへの非難につながりかねません。世界が一緒になって協力していこうと口では言いながら、こうしたナショナリスティックな動きが活発化していくことで、先ほどの陰謀論も含めた民族主義的な雰囲気が強まれば、悪い影響も出る可能性があります。ヨーロッパで以前起きた、移民や難民に対する排斥も、同様のケースです。

 今回の感染症の場合、国境を封鎖したり、そうした壁を高くするという主張が、どうしても勝ってしまいます。ヨーロッパは、EUが1つの共同体であり、人・物・金の移動を自由にしていくことで、世界をフラットにしてきました。しかし今後、ドナルド・トランプ大統領が主張したような、国境に壁をつくり、異分子は入れないというナショナリスティックな動きが、強くなる恐れがあるのです。

 現に東ヨーロッパでは、そうした議論がすでに出てきていました。アメリカファーストのような議論の流れが、今回の感染症問題によって助長することになると、まずいのではないかと考えています。


●将来的な感染症対策のために国際協力を


小原 最終的には、感染症との戦いは結局、国際協力を進めて取り組んでいかなければなりません。歴史上、さまざまな感染症があり、私も今回過去に起こった感染症を研究しました。そこから分かるのは、感染症に打ち勝つために、科学者たちは国境を超えて協力してきたということです。そこにはもちろん、日本人の医者も含まれていました。野口英世や北里柴三郎などは典型的です。やはり世界中の科学者たちと一緒に取り組み、克服してきました。だから、この原点を忘れてはいけません。新型コロナウイルス(COVID-19)に対するワクチンも、WHOを通じた国際協力によって、実現していかなければならないでしょう。

 WHOは、中国との関係を含めた政治的な立場が批判されています。台湾はオブザーバー...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。