10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

同盟国

同盟国
同盟とは、国家、団体、個人が利害・目的・思想を同じくする時、協力する約束を取り結ぶことで、同盟国は同盟条約を締結した当事国をさす。かつて日本は日英同盟、日独伊三国軍事同盟などを締結してきたが、現在は日米安全保障条約をもってアメリカを唯一の同盟国とし、また、トランプ大統領も日本を「アジアにおける重要な同盟国」と明言。日米両国は堅牢な同盟関係にあると言える。「10MTVオピニオン」では、多彩な講師陣が日米同盟のみならず、世界各国で見られる同盟関係とその背景、政治的指導者の思惑などについて、分析、解説をしている。たとえば、コロンビア大学名誉教授・ジェラルド・カーティス氏はどんな同盟にもつきまとう2つのジレンマに言及したうえで、日米同盟維持のための課題について解説。首都大学東京理事長・島田晴雄氏は戦後日本の復興をテーマにしたシリーズ講義の中で、「アメリカの同盟国」というポジションがいかに日本にとって有利に作用したかを論じている。中東においては、同盟国の関係線が複雑に絡み合い、さらにその糸を引く米露の存在が事をややこしくしているのだが、歴史学者・山内昌之氏がこうした外交戦略の表側、裏側をユーラシア地政学の視点も交えて解説している。

ケンブリッジ大学はソ連のスパイを養成していた

インテリジェンス・ヒストリー(11)スパイの養成
冷戦期のケンブリッジ大学は、ソ連のスパイを養成する大学だった。歴史学者で京都大学名誉教授の中西輝政氏が、自らの留学経験を振り返り、日本人の若い公務員留学生に警鐘を鳴らす。たとえアメリカであっても、...
収録日:2017/11/14
追加日:2018/07/01
中西輝政
歴史学者/国際政治学者/京都大学名誉教授

追い込まれたアメリカは同盟国を切り捨てる可能性もある

激変しつつある世界―その地政学的分析(4)実質なき時代
歴史学者で京都大学名誉教授の中西輝政氏によれば、現代は、どの国も実質のない見せかけを演じる、「パックス見せかけ」の時代である。アメリカが中国・ロシアとの関係で追い込まれる中、同盟国日本を切り捨てる...
収録日:2017/05/16
追加日:2017/12/27
中西輝政
歴史学者/国際政治学者/京都大学名誉教授

今後の世界情勢は米中露の3国関係を基礎に考えるべき

激変しつつある世界―その地政学的分析(3)3つの分析軸
歴史学者で京都大学名誉教授の中西輝政氏は、今後の世界情勢は、米中露の3国関係を基礎として考えるべきだと主張する。予想に反して米中は対立せず、むしろ歩み寄り、中露は疑似同盟関係を続けるだろう。また米露...
収録日:2017/05/16
追加日:2017/12/26
中西輝政
歴史学者/国際政治学者/京都大学名誉教授

戦後日本の政党政治に影響を及ぼしたニューディーラーたち

敗戦から日本再生へ(11)占領後の日本の戦後復興(中)
占領後の日本の戦後復興のなかで、次に取り上げるのは占領軍と政党政治の関係、朝鮮戦争の影響、日米安保条約の締結、戦後改革と民主化の底流、人口ボーナスなどだ。これらを通して、占領政策の評価と日本に蓄積...
収録日:2016/07/08
追加日:2017/08/07
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

安倍首相のトランプ大統領に対する見事な対応

トランプ政権の行方と日米関係(3)安倍首相との信頼関係
政治学者でコロンビア大学名誉教授のジェラルド・カーティス氏が、安倍首相のトランプ大統領に対する対応について解説する。大統領選挙直前に勝者の予想を変えた官邸は、トランプ氏に連絡を取る。それ以来、安倍...
収録日:2017/04/20
追加日:2017/05/14

トランプのTPP離脱発言で日本の成長戦略が大きく揺れている

トランプのアメリカと日本の課題(3)TPP問題と成長戦略
トランプ大統領の就任によって、日本が抱える課題は何か。慶應義塾大学名誉教授・島田晴雄氏がまず挙げるのは、成長戦略の見直しだ。トランプ氏が表明しているTPP離脱が本当に現実のものとなれば、日本の成長戦略...
収録日:2016/11/16
追加日:2016/12/01
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

キャビアで分かるロシアのカスピ海パワーとユーラシア戦略

プーチンのユーラシア戦略(1)地政学で読む3つのワード
歴史学者・山内昌之氏が、プーチン大統領の政治戦略を「ユーラシア地政学」という観点で読み解く。そのために山内氏は一見バラバラのように見える3つのワードを結び付けて解釈を試みた。それは「カスピ海」「イラ...
収録日:2016/09/14
追加日:2016/09/29
山内昌之
東京大学名誉教授

イスラエルの安全保障の基本は徹底した「先制攻撃」

イスラエルの安全保障観に学ぶ(1)「先制攻撃」の背景にある「ホロコースト」のトラウマ
イスラエルの安全保障の基本は「先制攻撃」の一言に尽きる。われわれ日本人からすれば過激にも思えるその方針だが、実はそこにはユダヤ民族が歴史的に経験してきたいくつかのトラウマがある。島田晴雄氏がユダヤ...
収録日:2014/07/08
追加日:2014/10/30
島田晴雄
公立大学法人首都大学東京 理事長

日米関係強化こそがアジアの安全保障と世界の成長へのカギ

日本の安全保障~アジアの安定・成長を保つ「抑止力」~
安倍内閣組閣後1年半。経済とともに大きな軸として注目されるのが外交・安全保障問題だ。今回は防衛大臣の小野寺五典氏が10MTVに登場。目前の「集団的自衛権」問題がなぜ浮上したのかを、日米関係と世界平...
収録日:2014/06/17
追加日:2014/07/10
小野寺五典
衆議院議員

同盟国の仲間意識よりも「敵と仲良く」を重視するオバマ

オバマ大統領訪日の成果を問う(2)世界的影響力の低下とリベラルの横顔
 TPPの問題と安全保障を明確に切り離し、尖閣防衛義務を明確にした2014年4月のオバマ大統領の訪日は、大局的に成功と言えよう。しかし、オバマ大統領個人への感想としては「?」が残ると岡崎久彦氏。英...
収録日:2014/05/07
追加日:2014/05/16
岡崎久彦
外交評論家