10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.08.29

「ひじき」で58分縮まる?「損失余命」とは

 「損失余命(Lost Life Expectancy)」という言葉を聞かれたことはあるでしょうか。「損失余命」とは、食事や行動などにどれだけのリスクがあるかを寿命の減少で示したもの。生まれたときに満タンの余命が、どのぐらい減っていくのかを表したものです。

寿命は「ひじき」で58分、「たばこ」で12分縮まる?

 「損失余命」計算の対象は食品だけでなく、低体重、運動不足、大気汚染、ストレス、幼児虐待など多岐にわたります。例えば喫煙なら1本で12分、コーヒーなら1杯で20秒、コンビニのフランクフルト1本で1分14秒、「持ち時間」が減るというのです。

 日本では「ひじきの煮物(小鉢一杯)」の損失余命が58分というWHO(世界保健機構)の発表にショックが広がりました。が、ここにはひじきを食べることで得られる栄養効果などのプラス面は評価されていません。

 高い数値が出ているのは、無機ヒ素の含有があるためですが、その後の農林水産省の調べにより、乾燥ひじきを水に戻すと50%、茹で戻すと80%、茹でこぼすと90%の無機ヒ素が減ることが分かっています(茹で戻しは水に入れて茹で水洗いする、茹でこぼしは30分水に浸し、新しいお湯で沸騰後5分感茹で、水洗い)。和食として食べられてきた調理法では、あまり問題がないのではないでしょうか。

世界では「低体重」、北米では「過体重」がリスク

 「損失余命」を専門とする機関があるわけではなく、WHOをはじめ各国の医療機関や団体などが各自の研究結果にもとづいてリスク指標として使用していることも注意しつつ、「できれば避けたい」のは何か、考えてみてはいかがでしょうか。以下は、WHOによる「日常的なリスクによる損失余命比較(単位:年)からの抜粋です。

項目/世界/日本/北米/EU
低体重/20.73/0.01/0.01/0.00
体重オーバー/ 3.78/1.92/6.58/5.71
高血圧/9.07/5.94/7.03/8.86
コレステロール/ 5.71/3.01/6.44/6.97
野菜果物不足/3.83/1.87/3.65/2.53
運動不足/ 2.59/1.78/3.03/2.95
危険な性交渉/12.57/0.23/0.98/0.46
たばこ/7.45/6.15/13.81/11.43
酒/5.34/1.61/2.80/3.01
ストレス/0.00/0.00/0.00/0.00
幼児虐待/ 0.28/0.16/0.12/0.07

 ストレスで寿命は減らないのに、子どもにストレスをぶつける日本人の姿が浮かび上がってくるようです。どんなに減らさないでおこうと気遣っても、時とともに減っていくのが寿命ですから、せめて次の世代の寿命をマイナスにはしたくないですね。

余命は「獲得」することもできる!?

 さて、余命に「損失」があるなら「獲得」があってもいいはずだ、と思うのが人情。実際に「獲得余命」という言葉は、損失余命と比較する場面で使われはじめています。

 たとえば胃がんや乳がんの検診で得られる延命効果を「獲得余命」と考え、放射線被ばくリスクを「損失余命」ととらえる。そのプラスマイナスは、年代によって異なることがわかっています。検診による利益を年代別で考えてみるといったことです。

 何かを食べることで獲得できる「余命」は今のところ発見されていないようですので、ご注意を。

<参考サイト>
・いくつかの損失余命
http://www.s.fpu.ac.jp/oka/lle.pdf
WHO日常的なリスクによる損失余命比較
http://www.env.go.jp/chemi/entaku/kaigi07/shiryo/yasui/yasui23.pdf
(10MTV編集部)

あわせて読みたい