10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.11.08

経験者が語る「ブラック企業」の特徴

 「ブラック企業」というキーワードもかなり一般化し、Google検索すると約861万件リストアップされてきます。対義語「ホワイト企業」が約503万件に対して、約300万件もの差がついているのも興味深いところ。

 働いている人であれば、自分の勤めている会社のブラックな側面をどこかに感じるのではないでしょうか。

連合の調査報告

 労働組合の中央組織である連合総研が興味深いデータを発表しています。

 2014年に公表されたPDFで、「自分の勤務先はブラック企業だと思う」と回答した人は全体の4人に1人、特に20代では3人に1人とのこと。1/4以上の労働者が、自分の務めている会社に何らかの不満を持っていることになります。

 こうした、労働者が体感する暗黒面とはどんなものでしょう?

 同調査によると、

1位「長時間労働が当たり前」
2位「仕事に見合わない低賃金」
3位「有給休暇が取得できない」

 「勤務先がブラック企業だと思う正規労働者の4割が「サービス残業が当たり前」をその理由とする」と大きな見出しをつけています。

 労働時間と賃金の問題は、大企業との格差を含めて、あらゆるニュースソースから明らかになっているだけに大きな不満となっているのがよくわかります。

「はたらこねっと」の調査報告

 最近の調査で興味深かったのが、求人情報サイト「はたらこねっと」を運営するディップが2017年8月末に公表した調査結果です。

 こちらはブラック企業で働いたことがあるとアンケートに答えたユーザー(137人)による「ブラック企業だと感じた理由」についてです。

1位「募集内容と実際の雇用条件・待遇が異なっていた」46%
2位「長時間労働が強要されている・常態化している」40%
3位「パワハラ・セクハラが行われている」40%
4位「充分な研修がされないまま仕事を任される」37%
5位「残業代が支給されない」35%
6位「上司、上層部のコンプライアンス意識が低い」34%

 トップにランキングされた雇用条件とのギャップ問題は、「正社員で採用されたのに、初出社の前日に最初の雇用形態は正社員ではないと説明された」など、より多くの働き手を勧誘する企業側の盛り込み、もしくは現場状況が雇用条件に反映されていないという企業体質が浮き彫りになっているといってよいでしょう。

 数回の面接ではなかなか見分けるのが難しいブラック企業。といっても一事が万事、ひとつのほころびが全体的に波及しているケースが少なくありません。ユーザーの体験談では、契約内容はしっかりと確認し、面接官だけでなく、働いている人や職場環境をしっかり観察するのがよいとのことです。入社してから慌てないように、事前チェックは慎重に!

<参考サイト>
・連合:ブラック企業に関する調査
https://www.jtuc-rengo.or.jp/info/chousa/data/20141128.pdf
・はたらこねっと:ブラック企業就業経験者に聞いた!
http://www.hatarako.net/pr/2017/0829/
(10MTV編集部)