10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.11.10

語学の勉強はもういらない?進化する翻訳ツール

 昇進するためにTOEICで一定の点数を取らなければいけなかったり、英語だけでなく中国語や韓国語まで学ばなければいけなかったり。語学の勉強に追われているというビジネスマンは少なくないと思います。もしその負担がなくなるとしたら?実はそう遠くない未来、それが実現するかもしれないのです。

機械学習でGoogle翻訳が飛躍的に進化

 その理由は、アプリを始めとした翻訳ツールの性能が飛躍的に向上しているから。かつてネットの翻訳サイトは実用性の面でなかなか厳しいレベルでしたが、最近は違います。2016年末頃からGoogle翻訳の精度が飛躍的に上がったと話題にもなりました。従来は単語ごとに翻訳を当てはめていたのに対し、文章全体で意味をとらえるようになったことや、機械学習を取り入れたことが要因だそうです。

 また、Google翻訳のアプリは文章を訳してくれるだけでなく、カメラを向けるだけで画像内の文章を翻訳してくれたり、音声入力に対応して会話のリアルタイム翻訳も可能です。それぞれ30以上の言語に対応しているため、人口で言えば世界中ほぼすべての人とこのアプリを通じてコミュニケーションが取れるといっても過言ではありません。

 NTTドコモが提供するアプリ「はなして翻訳」は、Google翻訳アプリと同じく対面の会話での翻訳や画像翻訳だけでなく、電話でも活躍。このアプリを通して電話をかけると、お互いの言葉に続いて、それぞれの母国語に翻訳してくれるのです。海外旅行中にレストランを予約したり、ホテルに問い合わせをするときに重宝しそうです。

「ほんやくコンニャク」実現も近い?

 アプリではなく、音声翻訳に特化したデバイスもあります。小型のICレコーダーと大差ないサイズの「ili(イリ?)です。公式サイトによると「世界初!ウェアラブル音声翻訳デバイス」をうたっており、インターネットに接続することなく、伝えたい内容をすぐに翻訳してくれます。現在大分県別府市の観光地で試行運用をしているほか、海外でのWiFiルーターレンタル事業を手掛ける「GLOBAL WiFi」を通じてレンタルすることも可能です。対応言語は英語、中国語、韓国語に限られますが、紹介動画の再生回数が1億回を超えるなど、話題を呼んでいます。

 すでに使い勝手の良いサービスがこれだけ存在していますが、さらに驚くべきことは飛躍的なスピードで翻訳精度を始めとした品質が上がり続けていること。ドラえもんに登場した秘密道具「ほんやくコンニャク」が実現する日も、そう遠くないのかもしれません。

<参考サイト>
・Google 翻訳 Google Play
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.google.android.apps.translate&hl=ja
・はなして翻訳 | サービス・機能 | NTTドコモ
https://www.nttdocomo.co.jp/service/hanashite_honyaku/
・ili(イリ?)
https://iamili.com/ja/
(10MTV編集部)

あわせて読みたい