10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.12.10

長生きする方法「健康貯金」のすすめ

 高齢化社会と言われ、平均寿命、健康寿命ともに延びてきましたが、40代、50代になるとガタが出てきます。とくに、ストレスの多い職場で心身をすり減らすように働いているビジネスパーソンの方は要注意です。

 そんなみなさんのために「健康貯金」という発想をご紹介します。東京法規出版は『健康貯金のススメ』という冊子を出版しており、「日常生活で気軽に実践できる健康行動」を健康貯金としています。長生きする人の健康の秘訣も日々の小さい習慣にあったりします。

 以下、健康貯金のいくつかを具体的にご案内していきます。

些細なことの積み重ねが健康貯金

 「@DIME」は、イグノーベル賞医学賞受賞者(2013年)であり、漢方が使える臨床医としてセカンドオピニオンのパイオニアとしても知られる新見正則先生の提案を紹介しています。

 新見先生は、エビデンスにはっきりとは現れないが、患者を診ている専門家が「明らかに大切ではないか」と思っていることを“些細なこと”として、「食事は高たんぱく食」「有酸素運動を勧める」「体は温める」「漢方を内服させる」「希望を持たせる」を挙げ、こうした些細なことの積み重ねが健康にもつながるのではないかと述べています。「積み重ね」とはまさに健康貯金です。

できないときは無理にやらないスタンス

 新見先生は自身がおこなっている健康貯金として、「決まった時間に起きる。±1時間で休日の日も同じ時間に起きる」「朝晩に入浴。朝は今日1日やることを考え、夜は今日を振り返る」「お酒は飲まないが絶対に飲まないわけではない。タバコは吸わない」「エスカレーターは使わずに歩く」「温かいお茶を飲む」「週2回以上のまとまった運動。1時間以上水泳を実践」「24時までに就寝、6時間は寝る」「いいことも悪いことも自分にとっての出会いを大切にする」といったこともおこなっているそうです。

 ただし、完璧にやらなくてはいけないのではなく、できればやる、できないときは無理にやらないスタンスで行っているとのこと。これが続ける秘訣かもしれません。

貯筋のすすめ

 公益財団法人健康・体力づくり事業財団は「貯筋のすすめ」を提案しています。健康貯金と同様の発想として「筋肉もお金と同じでいざというときのために『貯筋』しておくことが必要」と説明しています。

 どういうことでしょうか。もうすこし詳しい説明を見てみると、「例えば、突然病気になって入院しなければならなくなっても、筋肉の貯筋にゆとりがあれば、病気や怪我が治ったときにまた普通の生活に戻ることができます。しかし、病気や怪我で入院している間に貯筋が減ってしまい、寝たきりラインを下回ってしまうと、病気は治ったのに歩けなくなってしまったということにもなりかねません」ということです。

骨貯金のススメ

 NHKは「生活情報ブログ」で「骨貯金のススメ」という提案をしています。石橋英明医師は「骨の中のカルシウムなどの量は年齢とともに変化します。20歳ごろがすでにピークで、あとは減っていき、じょじょに骨が弱くなっていきます」と説明しています。

 そこで「骨貯金」の出番です。骨貯金とは「骨によい食事と運動でピーク時の骨の量(=ピークボーンマス)を増やし、その後も量が減らないように努める」ことで、骨貯金に最も適した時期は子どもの頃、特に成長期なのだそうです。

ポイントはビタミンD

 もちろん、大人になってからも食事の工夫で効果的に骨貯金ができます。ポイントはビタミンDです。骨をつくるカルシウムはビタミンDを一緒に摂ると吸収がよくなるからです。

 ビタミンDは魚やキノコなどに含まれているほか、日中に15分ほど日光にあたるだけで体内にビタミンDが作られるとのこと。

 また、石橋医師はいすと机を使ったスクワットを勧めています。その方法は、足を肩幅より少し広く開き、手を机についたままゆっくりと深く腰を下ろし、またゆっくりと立ち上がります。この動作を10回繰り返し、1日3セット行うとよいということです。

 健康貯金のいくつかを具体的に説明してきましたが、手遅れになる前にまず筋力や骨を丈夫にすることが大切です。そのほか、コンビニ食をやめる、朝散歩するなどできることから始めてみてはいかがでしょう。

<参考文献・参考サイト>
・『健康貯金のススメ』(寺本民生監修、東京法規出版)
・@DIME:毎日ぬるめのお湯に15分つかる「健康貯蓄」のススメ
https://dime.jp/genre/465601/?first=1
・公益財団法人健康・体力づくり事業財団: 貯筋のすすめ
http://www.health-net.or.jp/tyousa/tyokin/susume.html
・NHK生活情報ブログ:骨貯金のススメ
https://www.nhk.or.jp/seikatsu-blog/400/146637.html
(10MTV編集部)