10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.04.09

腰痛対策、ベッドの硬さはどっちがいい?

 寝具選びって意外と難しいものです。毎日の健康を維持してくれる寝具は、大事な大事な生活の友。みなさんは寝具を選ぶ時、どんなことが気になりますか。よく話題にあがるのが腰痛です。腰痛を防ぐためにはどんな寝具を選べばいいのか。腰痛対策のための寝具選びを解説いたします。

昔ながらのせんべい布団がいい?

 なんとなく硬いよりも柔らかいほうが腰にやさしいイメージがあります。ふわふわした布団は幸せな夢に誘ってくれそうです。でも、実際に使ってみると、柔らかさが睡眠を妨げる場合もあることがわかります。

 柔らかすぎると、そのぶん重さが全体に分散されないため、部分的な負担が大きくなるのです。姿勢も安定しません。柔らかさというやさしいイメージとは逆に、それがすぎると腰にはあまり良くないと言えそうです。

 それなら硬いほうがいいのでしょうか。ときおり、昔ながらのせんべい布団が健康にいいと話す方もいます。たしかに、せんべい布団に慣れている方はあの薄さや硬さが気持ちよくて落ち着くのかもしれません。とはいえ、みんながみんなそうとは限りません。ましてや腰への影響を考えるとあまりオススメはできません。

 結論をいえば、柔らかすぎても硬すぎても腰には負担がかかるということです。

ベッドがいいか、布団がいいか

 では次に考えたいのが、ベッドがいいのか、布団がいいのかという問題です。腰痛とはあまり関係ありませんが、布団はたたむことができるので、部屋のスペースをフレキシブルに活用できるメリットがあります。他方、ベッドは布団をたたむ手間がいりません。腰痛と関わる点からいえば、布団の場合、たたんだり干したりする時に腰に負担がかかります。

 腰痛対策という面のみからいえば、腰への負担がかかる布団よりもベッドのほうがいいかもしれません。ただし、部屋の広さや生活スタイル、好みもあると思うので、どちらがいいとは一概には言えないでしょう。

 最近はマットレス型の寝具が増えています。ベッド用も布団用もあるので、ベッドか布団かであまり悩む必要はないとも言えます。

マットレスは負担の分散がポイント

 ということで、これから選ぶとすれば、適度な硬さのマットレスがいいということになります。と、言われても実際に選ぶとなるとやっぱり迷ってしまうものです。なぜ適度な硬さが大事なのか、それをお伝えすれば、もうすこし選びやすくなるのではないでしょうか。

 じつは腰痛対策のポイントは、寝ている時の姿勢です。同じ姿勢を長時間続けることが腰痛の原因になります。なぜなら、負担が一箇所に集中するからです。言い換えれば、負担を分散することこそがとても大切なポイントになるのです。

 マットレスには大きく「高反発」と「低反発」の2種類あります。これも悩んでしまいますね。でも、このときも大事なことは、負担を分散すること。フィット感には個人差もあるので、あまり種類にとらわれないようにしましょう。

 もうひとつ、選ぶコツとしてあまりケチらないこともポイントです。できるだけ、質の高いマットレスを選ぶこと。腰痛はもちろん、健康や体調にも大きな影響があるからです。
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事