テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2018.06.23

男性に聞く「女性の理解できない行動」とは?

 長年一緒に暮らす妻に対して「どうして女ってこうなんだ!?」と感じることがあるという男性は結構いるもの。理解できない女性の言動にイラッとしたり、どう接したらいいのか分からなくなる、そんな男性も多くいるようです。

 そこで今回は、以前に掲載したコラム『女性に聞く「男性の理解できない行動」とは?』の逆バージョン、「男性が理解できない女性の行動」です。女性たちにもその心理を聞いて、女心解明のヒントも探っていきます。

男性30人にアンケート「理解できない女性の行動」とは

1)ケンカすると過去の話を持ち出す
 
 「ケンカをすると、あの時もこうだったああだった…と過去の話までほじくり返してウサ晴らしをする行動」(45歳)
 「実は1年前の何時いつ、あなたが怪しい行動をしていたけど黙っていた、と急に過去の話を持ち出してキレたりすること」(33歳)

 女性からすると「普段は我慢しているので、ケンカの時はここぞとばかりに溜まったものが爆発してしまう」との本音が。また女性の方が細部への記憶力が高いためか、過去のことが引き出されやすい傾向も。ケンカをこじらせるのも女性側が多いという、男性の意見もありました。

2)他人の夫や彼氏と比べたがる

 「〇〇さんは家族でハワイに行ったから、ウチも行こうとか言い出す妻の思考回路。普通に“行きたい”でいいのに」(38歳)
 「〇〇ちゃんの旦那は、こんなこともあんなこともしてくれるとか、人の旦那と比較して攻撃してくるところ」(34歳)

 確かに男性は、他人の奥さんや彼女を羨ましがる発言を自分のパートナーに対してあまりしないもの。「もし比較しようものなら、傷つくし怒る。それなのに女性は…」という男性からのボヤキも。幸せか、キレイか、愛されているか、人と比較して自分を相対評価をする傾向が女性にはあるとも言えますね。

3)“カワイイ”の基準がいい加減

 「女性に紹介される“カワイイ”子は、なぜかあまり可愛くない。なので、キレイ系でとお願いする方が、成功率が高い」(35歳)
 「会社の女の先輩らにカワイイと言われ可愛がられていますが、男性にもカワイイを連発する女性の特質ってなんなのでしょうか」(29歳)

 女性にとってのカワイイは「SNSの、いいね!くらいの感じ」「カワイイ、と口に出すと楽しい気分になれるし」「とりあえず場が温まる便利な言葉」というように、当たり障りのないハッピーな褒め言葉といったところ。男性はあまり真に受けない方が良さそうですが、女性には必要なコミュニケーションの潤滑油だと考えてみては。

4)オチがない、知らない人の話が多い
 
 「それで?とツッコミたくなるような、終わらないオチのない話を常にしているところ」(37歳)
 「近所の田中さんの娘さんが結婚して、そのお相手がどうのこうので、と自分の知らない他人の話をやたら詳しくしてくる母や妻。勘弁してください」(42歳)

 仕事から帰ったら、奥さんから延々と知らない人の話をされる旦那さんは確かに不憫。しかし女性は重要な話でなくとも、話す事や聞いてもらう事自体がストレス発散に。「自分は相手が聞いて面白い話をしなきゃと思うが、女性は自分が話したいことを話す」と言う男性は、ある意味話す事がなくて無口になりがちだから、助かっている面もあると言います。

5)急に機嫌が悪くなる
 「楽しくデートしていたのに、突然”帰る”とか言い出す女の行動」(30歳)
 「旅行中に妻が溜め息をついたので、疲れた?と聞いたら”別に”とエリカ様のような態度で口も聞いてくれなくなった。そんな、急にご機嫌が悪くなる女性の心理が分かりません」(39歳)

 男性には「急に不機嫌になった」と映っても、女性には不機嫌になる確たる理由が。例えば「久々のデートなのに夫がスマホばかり見ていた」とか「彼氏の友人たちの飲み会に連れていかれたが、全く構ってくれず放置された」など、不満に気づいてもらえないことで不機嫌になる女性が多数。「それなら言えよ」と男性は思うでしょうが、女性は「これくらい察してよ」という気持ちで言葉にしないのだとも言えますね。

理解できない女性の行動の「裏」にあるものとは。

 いかがでしたか?男性の皆さんは「こんな行動するよね」「こういうことだったのか」など、頷いたり納得する女性の行動があったのではないでしょうか。

 女性の本音も聞いていくと、男性が「女って分からないな」と思う行動の裏には、男性に「分かってほしい」「受け止めてほしい」「察してほしい」という女性の気持ちや不満が隠されていたということが見えてきました。そしてそれを言葉にしないのが女性の特徴でもあるので、より男性は謎が深まるという絡繰りが生まれているという印象も。

 もしかすると理解できない女性の行動を解明しようとすることはそれほど重要なことではなく、男性は女性に対して「共感」や「同調」や「寛容」を態度で示す事の方が大事なコミュニケーションなのかもしれません。「なんで女はカワイイを連発するの?」と考えるよりも、この服どう?と聞かれたら即座に「カワイイね」と返すくらいの度量で対応したいものです。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,100本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

ロボットの「カンブリア爆発」時代へ電動化がもたらすもの

ロボットの「カンブリア爆発」時代へ電動化がもたらすもの

日本のエネルギー&デジタル戦略の未来像(1)電動化で起こる「カンブリア爆発」

「カーボンニュートラル」に代表されるように、持続可能なエネルギー活用を目指す動きは世界的に加速している。特に東日本大震災以降、日本でもエネルギー問題は課題となっている。では日本は、どのようなエネルギー戦略を構築...
収録日:2024/02/07
追加日:2024/04/13
岡本浩
東京電力パワーグリッド株式会社取締役副社長執行役員最高技術責任者
2

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

議論で和を実現せよ、怒りと執着を捨て凡夫の自覚を持て

聖徳太子「十七条憲法」を読む(5)条文を読む…和と議論

「議論によって和を実現する」――これは、十七条憲法の条文の中で最も多くかつ非常に重要なこととして第一条、第十条、第十五条、第十七条に記されている内容である。議論を尽くすことにより自ずと立ち上がる道理。また、その前...
収録日:2023/08/24
追加日:2024/01/04
賴住光子
東京大学大学院人文社会系研究科・文学部倫理学研究室教授
3

借金は悪ではない!? どうやって「賢い支出」をすればいいか

借金は悪ではない!? どうやって「賢い支出」をすればいいか

日本の財政政策とその効果を検証する(6)「賢い支出」のすすめ

世界では近年、財政政策が非常に注目を集めている。これは先進国が「セキュラー・スタグネーション」と呼ばれる長期停滞に陥っているからだ。そこからの脱却のためには財政出動が必要なのだといわれているのだが、日本は特に「...
収録日:2023/12/14
追加日:2024/04/11
宮本弘曉
一橋大学経済研究所教授
4

【世代論の罠!?】「Z世代」とキケロ『老年について』

【世代論の罠!?】「Z世代」とキケロ『老年について』

編集部ラジオ2024:4月10日(水)

4月になり、勤め先に新入社員が入ってきた、あるいは家族や親せきの子が新社会人になった、大学生になった…という方もいらっしゃるのではないでしょうか。
1990年代半ばから2010年代序盤に生まれた世代を「Z世代」と呼びま...
収録日:2024/04/02
追加日:2024/04/10
テンミニッツTV編集部
教養動画メディア
5

『逆・タイムマシン経営論』が訴える「同時代性の罠」とは

『逆・タイムマシン経営論』が訴える「同時代性の罠」とは

「逆・タイムマシン経営論」で見抜く思考の罠(1)同時代性の罠を乗り越える

「逆・タイムマシン経営論」とは何か。孫正義氏が有名な「タイムマシン経営」という言葉があるが、その逆を考えてみたらどうかというのが楠木氏の考えである。近年、IT技術の発展に相まって、メディアから出される情報は指数関...
収録日:2020/12/07
追加日:2021/03/22
楠木建
一橋大学大学院 経営管理研究科 国際企業戦略専攻 特任教授