テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2020.03.27

プロが選んだ日本の温泉ランキング第1位は?

 忙しい毎日、ほっとする癒しのひとときを求めるなら、やっぱり温泉ですよね!2019年、旅行会社員など“旅のプロ”が厳選した「にっぽんの温泉100選(観光経済新聞社主催)」の全ランキングが発表されました。果たして第1位に選ばれたのはどこの温泉なのでしょうか? 日本の温泉トップ10とともにご紹介!

「にっぽんの温泉100選」ランキングとは

 年に1回、旅行業者による専用ハガキ投票で選ばれ、日本旅館協会ら観光8団体が認定した全国100箇所の温泉(温泉旅館含む)のランキングです。どのような温泉が人気なのか、その温泉地域の活性化や顕彰を目的に開始されました。今回で33回目となります。

 投票ハガキには、その温泉地を選んだ理由(①雰囲気、②見所・体験の充実、③泉質、④郷土の食文化)、またはその宿を選んだ理由(①料理、②接客、③風呂、④施設、⑤雰囲気)を記入する項目があり、項目別のランキングも発表されています。

 では数ある温泉地のなかから、第1位に輝いた温泉地はどこでしょうか?

プロが選ぶ温泉第1位は「草津」

<「にっぽんの温泉100選」ランキングトップ10>
カッコ内は昨年の順位
第1位(1):草津(群馬県)
第2位(2):別府八湯(大分県)
第3位(4):指宿(鹿児島県)
第4位(6):有馬(兵庫県)
第5位(5):道後(愛媛県)
第6位(3):下呂(岐阜県)
第7位(7):登別(北海道)
第8位(8):湯布院(大分県)
第9位(17):箱根(神奈川県)
第10位(10):城崎(兵庫県)
(2019年12月14日「観光経済新聞社」掲載)

 堂々の1位は群馬県の草津温泉! 自然湧出量日本一を誇り、壮大な光景の「湯畑」や、お湯をかきまわして温度を調節する「湯もみ」で有名ですね。草津は17年連続の1位となっており、もはや殿堂入りといえそうです。2位は大分県の別府八湯。「八湯」という名称は、別府温泉を含んだ別府市内にある8箇所の温泉のこと。名称通り、いろいろな泉質を楽しめるのが魅力です。3位は鹿児島県の指宿温泉。温泉熱を使った砂蒸し風呂は、海外の観光客にも大人気です。

 神奈川県の箱根温泉は前回17位だったところ、今回は9位と大幅に順位を上げています。これは「箱根湯本」「強羅」など、域内の温泉地を今回から「箱根」としてまとめて集計したことが、ランクアップに大きく影響したとのことです。

11位以下は大荒れ! 北陸と栃木の温泉地が大苦戦も……

 トップ10内は比較的常連ともいえる顔ぶれですが、11位以下では前回から5ランク以上の変動の大きい温泉地が多かったようです。11~30位で5ランク以上の変動があったのが12温泉地、31~50位で10ランク以上の変動があったのが9温泉地。このうち、5ランク以上の下降をしたのが7温泉地となっており、特に石川県の和倉温泉(8位→12位)や福井県のあわら温泉(25位→41位)といった北陸の温泉地や、板室温泉(30位→60位)などの栃木県の温泉地が大きくランクを落す結果になり、今回のランキングの特徴となっているようです。

 12位の和倉温泉は、項目別で「雰囲気」が11位、「見所・体験の充実」が9位、「泉質」が20位と、たしかに他の大温泉地とやや遅れを取る形になっているものの、「郷土の食文化」部門においては、堂々の第1位。ノドグロや寒ブリなどの海産物やブランド牛の能登牛、地酒など、能登半島で育まれた豊かな食文化が、温泉のプロの胃袋をがっちり掴んだと考えられます。

 また、栃木県の温泉で唯一ランクアップした鬼怒川・川治温泉(21位→15位)は、「見所・体験の充実」部門で10位とトップ10入り。鬼怒川周辺には日光江戸村や東武ワールドスクウェアが、川治周辺には景勝地「龍王峡」があり、見どころが多い点が高評価につながった可能性があります。

前回ランク外から初入選も

 いっぽう、前回はランク外だった温泉地のうち16箇所が100位内に新しく入選。あまり聞きなじみのない温泉地ばかりですが、プロが注目している温泉とあって、知られざる魅力がありそうですね。

 今回から入選した温泉地の特徴について、簡単にまとめてみました。

<今回から100位内にランクインした温泉地>
・山鹿・平山(熊本県)68位:熊本山麓の自然美と、美容液のような美肌の湯が名物。
・下田(静岡県)73位:黒船来航に由来する歴史情緒あふれる街並みと、海の眺望が人気。
・玉川(秋田県)76位:1カ所からの湧出量は日本一。強酸性の泉質が特徴。
・上諏訪(長野県)77位:日本最古の温泉保養施設「片倉館」はレトロな雰囲気で一見の価値あり。
・おごと(滋賀県)79位:天台宗開祖の最澄が開いたといわれる、琵琶湖畔の名湯。
・湯田(山口県)80位:難病を治すという白虎の湯で知られる。
・堂ヶ島(静岡県)83位:西伊豆の美しい自然が臨める硫酸塩泉。
・洲本(兵庫県)85位:淡路島最大の温泉地。最近は新たな源泉も発見され話題に。
・湯郷(岡山県)87位:平安時代から続く古湯で、「岡山県美作三湯」のひとつ。
・浅虫(青森県)89位:青森有数の温泉地。周辺で海のレジャーやアクティビティが楽しめる。
・松江しんじ湖(島根県)93位:国宝の松江城はもちろん、宍道湖に映る夕陽は絶景。
・長湯(大分県)94位:さまざまな泉質の温泉と、ドイツ風の街並みが楽しめる。
・扉(長野県)95位:「天岩戸伝説」に連なる、里山渓谷の中に佇む温泉地。
・層雲峡(北海道)97位:北海道最大規模で、温泉街はカナダのカントリーリゾートを思わせる。
・蔦(青森県)同97位:奥入瀬渓流近くの蔦温泉旅館は、大正ロマンあふれる風情。
・戸倉上山田(長野県)100位:善光寺詣でにおける、精進落としの湯として親しまれる。

 いかがでしたか? 今回は宿泊施設のない温泉地は除外となりましたが、食事や観光も含めて、温泉の楽しみ方はいろいろ。2020年はメジャーな温泉地からニッチな温泉地まで調べながら、自分なりの楽しみ方を模索してみてはいかがでしょうか。

<参考サイト>
・第33回「にっぽんの温泉100選」全ランキングを発表 (観光経済新聞)
https://www.kankokeizai.com/第33回「にっぽんの温泉100選」全ランキングを発表
https://www.kankokeizai.com/wp-content/uploads/OK0430019121400701.pdf
https://www.kankokeizai.com/wp-content/uploads/OK0430020010101501.pdf
・にっぽんの温泉100選とは(観光経済新聞)
https://www.kankokeizai.com/index_100sen/what100/
・草津首位も上位は混戦 「にっぽんの温泉100選」中間集計 (観光経済新聞)
https://www.kankokeizai.com/草津首位も上位は混戦%E3%80%80「にっぽんの温泉100選」/

あわせて読みたい