テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2021.11.27

なぜ・いつから競馬は若者に人気になった?

幅広くなった競馬のファン層

 「競馬」といえば「おじさんの趣味」とか「身を滅ぼすギャンブル」というようなイメージをお持ちの方も多いかもしれません。しかし近年は若者や女性にも人気が出ており、楽しみ方も多種多様になっているようです。

 ITツール比較サイトのSTRATEが全国の20代男女400人に行った「競馬に関するアンケート」によると、全体の約40%が競馬に興味があり、さらに20代女性の約15%が実際に馬券を買ったことがあると回答しています。20代女性の6~7人に一人は馬券の購入経験があるということになります。

 馬券を買う以外にも、馬の美しさやかわいらしさに魅力を感じ、写真のSNS投稿を楽しむ若者も増えています。SNSを駆使するあたりは、いかにも最近の若者らしいですよね。また、馬に騎乗するジョッキーも厳しい訓練や減量を日々行っているアスリートであり、野球選手やサッカー選手のように憧れてファンになる若者が多くいます。

 競馬を運営する日本中央競馬会(JRA)の発表によると、馬券売上額の参考値になる売得金額は1997年をピークに減少してきましたが、2012年から再び上昇傾向にあります。これは、JRAが若者に訴求するプロモーションを行った影響も大きいでしょう。2012年にはアイドルユニット・AKB48の20歳以上のメンバーがAKB競馬部を結成し、CM出演や予想対決をして注目を集めました。また、今年2月にリリースされたアプリゲーム・ウマ娘をきっかけとして競馬に興味を持った若者も多いです。

現在の競馬場はギャンブルだけの場ではない

 それでは、「競馬場」といえばどのようなイメージをお持ちでしょうか。競馬新聞片手のおじさんたちがカップ酒片手に野次を飛ばす鉄火場……などを思い浮かべる方も多いでしょう。日本の競馬にはJRAが運営する中央競馬と地方自治体が運営する地方競馬があり、比較的規模が小さい地方競馬では、現在もそのような光景が見られる競馬場もあります。

 しかし国営の中央競馬の競馬場は規模が大きく、なかでも中心的存在の東京競馬場はラグジュアリーで清潔感のある建物です。施設内には100軒以上の飲食店があり、和食洋食からファストフードやスイーツまでさまざまなグルメが楽しめます。また、コースの内側にあたる内馬場には子ども向けの遊具広場があるほか、キャラクターショーや乗馬体験が開催されることもあり、子どもも存分に遊べます。広い芝生があるので、お弁当を用意してピクニック気分を味わうことも。入場料200円を払えば、家族連れで1日楽しめるのです。

 中央競馬は基本的に昼間に開催されますが、地方競馬ではナイター開催をするところもあります。都内の大井競馬場はこれを“大人の夜のプレイスポット”と位置づけ、場内をライトアップして中央競馬にはない魅力を演出しています。グルメフェアなども開催されるので、ナイター競馬をデートや女子会に利用する競馬ファンも多いです。馬券は100円から買えるので、のめり込みすぎなければあまりお金をかけずに楽しめるエンターテインメントなのです。

競馬人口は増え続けている

 コロナ禍の緊急事態宣言により、昨年は中央も地方も無観客開催や入場人数制限を行いました。JRAが発表したデータによると、昨年の中央開催競馬場入場人数は前年の6分の1ほどまで減っています。しかし一方で、昨年の売得金額は前年より増えており、総参加人数もやや減ったもののほとんど変わっていません。これは、ネットの馬券購入システムが普及した結果といえるでしょう。

 売得金額が上昇傾向に転じた2012年の前年である2011年には、従来の銀行登録するタイプのネット投票システムであるA-PAT・即PATに加え、クレジットカードを登録すればPCかスマホで馬券が購入できる新しいネット投票システムのJRAダイレクトが導入されました。より手軽に馬券が購入できるようになったことも、馬券売上上昇の要因のひとつと考えられるでしょう。売得金額のピークが1997年の約4兆円だったのに対し、昨年の売得金額は約3兆円にまで回復しています。

 そして競馬総参加人数のピークは、実は2019年の約1億8千万人でごく最近。開催競馬場入場人数は緩やかに減少しているのに対して総参加人数が増えている点からも、ネット投票が広く利用されていることがわかります。

 競馬人気が若者まで広がっている理由は、カジュアルに馬券を楽しめるシステムや、効果的なプロモーション、ギャンブル以外も楽しめる競馬場などをつくりあげた運営側の企業努力によるものが大きいのではないでしょうか。

<参考サイト>
・JRA JRAの概要 成長推移
https://jra.jp/company/about/outline/growth/
・JRA JRAの概要 JRAのあゆみ
https://jra.jp/company/about/outline/history/
・JRA 電話・インターネット投票 はじめての方へ
https://www.jra.go.jp/dento/welcome/
・STRATE 20代女性の15%が馬券を買ったことがあり、4割強が競馬に興味ありと回答【(20代対象)競馬に関するアンケート】
https://strate.biz/news/horse-racing-20/
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
「学ぶことが楽しい」方には 『テンミニッツTV』 がオススメです。
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制は民主主義的で、野党もブレーキ役に担っていた

55年体制と2012年体制(1)質的な違いと野党がなすべきこと

戦後の日本の自民党一党支配体制は、現在の安倍政権における自民党一党支配と比べて、何がどのように違うのか。「55年体制」と「2012年体制」の違いと、民主党をはじめ現在の野党がなすべきことについて、ジェラルド・カ...
収録日:2014/11/18
追加日:2014/12/09
2

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gはなぜワールドワイドで推進されていったのか

5Gとローカル5G(1)5G推進の背景

第5世代移動通信システムである5Gが、日本でもいよいよ導入される。世界中で5Gが導入されている背景には、2020年代に訪れるというデータ容量の爆発的な増大に伴う、移動通信システムの刷新がある。5Gにより、高精細動画のような...
収録日:2019/11/20
追加日:2019/12/01
中尾彰宏
東京大学 大学院工学系研究科 教授
3

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミは本来、与野党機能を果たすべき

マスコミと政治の距離~マスコミの使命と課題を考える

政治学者・曽根泰教氏が、マスコミと政治の距離を中心に、マスコミの使命と課題について論じる。日本の新聞は各社それぞれの立場をとっており、その報道の基本姿勢は「客観報道」である。公的異議申し立てを前提とする中立的報...
収録日:2015/05/25
追加日:2015/06/29
曽根泰教
慶應義塾大学名誉教授
4

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITのEU首脳会議での膠着

BREXITの経緯と課題(6)EU首脳会議における膠着

2018年10月に行われたEU首脳会議について解説する。北アイルランドの国境問題をめぐって、解決案をイギリスが見つけられなければ、北アイルランドのみ関税同盟に残す案が浮上するも、メイ首相や強硬離脱派はこれに反発している...
収録日:2018/12/04
追加日:2019/03/16
島田晴雄
慶應義塾大学名誉教授
5

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か?取り組み方とメリット

健康経営とは何か~その取り組みと期待される役割~

近年、企業における健康経営®の重要性が高まっている。少子高齢化による労働人口の減少が見込まれる中、労働力の確保と、生産性の向上は企業にとって最重要事項である。政府主導で進められている健康経営とは何か。それが提唱さ...
収録日:2021/07/29
追加日:2021/09/21
阿久津聡
一橋大学大学院経営管理研究科国際企業戦略専攻教授