10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2016.07.09

4人に1人は生涯未婚!結婚したいけどできない理由とは…

 今や男性の2割、女性の1割が「生涯未婚」であり、その割合は増えていく一方だと明記した書があります。これは、預言の書やインチキ統計ではありません。なんと政府の統計『平成27年度版厚生労働白書』なのです。

 「生涯未婚」とは、50歳時点で一度も結婚をしたことのない人の割合。1990年には男性5.6パーセント、女性4.3パーセントだった生涯未婚率が、2010年には男性20.1パーセント、女性10.6パーセントに達しており、2015年には男性24.2パーセント、女性14.9パーセントと推計されています。つまり男性は4人に1人、女性も7人に1人が結婚しないまま人生の大半を過ごしているという計算になるのです。

 今回は「生涯未婚」について、その実態と原因、さらに未婚の何が悪いのかなどを探ってみました。

結婚したくないの?したくてもできないの?

 「結婚なんて、する気ないんじゃないの」「家族に縛られたくないんでしょ」などは、独身者の周りでよく聞く感想です。では、当事者は結婚したくないのか?というと、そうではありません。2010年に国立社会保障・人口問題研究所が18~34歳の未婚男女を対象に調査したところでは「結婚意向」にYesすなわち「結婚したい」と答えた男性は86.3パーセント、女性は89.4パーセントに上るのです。

 「したい」が「しない」や「できない」に変わるのは、なぜなのでしょう。男性の場合、雇用形態が一つのポイントになりそうです。「結婚していない理由」を尋ねた時に、正社員では「適当な相手に巡り合わない」が半数以上の答えですが、非正規では「収入が十分でなく結婚後の生活に不安がある」が5割を超える最多回答となっているのです。さらに、恋人はいても「結婚するためのお金が足りない」と答える人も、非正規では27パーセントに達しています (内閣府経済社会総合研究所調べ)。

 彼らは「結婚したい」から「したくない」に変わったのではありません。「したい」のに「できない」のです。

女性が安定を求めても、恋愛も見合いもできない現実って

 一方で、「三高時代」は終わったものの、女性が結婚相手に求めているのは、「性格」に次いで「経済力」が根強くあります。明治安田生命の調べでは、女性が結婚相手に希望する年収は400万円以上が30パーセントを超える最多回答。しかし、現実の未婚男性の年収は、200万円未満が39パーセント、200~400万円が38パーセントを占め、400万円の壁を突破できている割合は20パーセント強に過ぎません。

 結婚どころか、今や恋愛体験も減っているようです。内閣府の調べによると、20代前半では男性38.8パーセント、女性25.3パーセント、30代前半で男性27パーセント、女性14.6パーセントが「交際経験なし」と明言しています。

 高度経済成長期までなら「見合い結婚」に頼るという手がありました。実際に1945~49年には、結婚したカップルの6割は見合い結婚でした。恋愛結婚VS見合結婚の割合は1960年代後半に逆転し、2005年以降の「見合い結婚比率」は、5.3パーセントのレッドゾーンまで下がっているのです。

「生涯未婚」は何が悪いの?

 結婚するかしないかは、あくまで個人の自由です。それなのに、国がここまで「生涯未婚」を問題視するのは、結婚と出生率が深く関わっているからなのです。フランスや英国を始めとする欧米諸国では「結婚」と「出産」を必ずしも結び付けない風潮が進んでいますが、それ人口動態に影響が少ないからです。日本では98パーセントの子供が婚姻を届けた男女の嫡出子となっている事実との違いにあるといってよいでしょう。

 次世代人口が確保できなければ、国の収入は激減するし、年金も保険も破綻します。「生涯未婚」は、国や自治体にとって「待ったなし」の大問題なのです。

 結婚していない当人にとってはどうなのでしょう。気になる単語は「老後」「介護」「孤独死」などです。未婚の場合、すべての土台にある「健康」をむしばむ可能性とともに将来に不安を感じざるを得ない状況にあるのです。

 「生涯未婚」を大々的に特集した『週刊東洋経済5/14号』には、40歳~79歳の男女約10万人の婚姻と死亡の状況を追跡調査した結果が掲載されました。順天堂大学の池田愛准教授と大阪大学の磯博康教授らの研究によるもので、未婚男性を既婚男性と比べると、心筋梗塞による死亡が3.5倍、呼吸器系疾患によるものが2.4倍、自殺を含む外因死で2.2倍など、さまざまな原因で死亡リスクが高いことが、警告されています。

 同誌の特集では、「未婚時代を生き抜く知識と知恵を学ぶ」として、これからの婚活事情、世帯タイプ別マネー計画などを紹介しています。今後、生き抜くのが大変な時代に向けて、結婚と次世代を作らない選択はどうあるべきか、「生涯未婚」はよくよく考えていきたいテーマになっているのです。
(10MTV編集部)

人気ランキング

おすすめ記事

関連記事