10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.01.25

ポイントで元を取る!「ふるさと納税」お得な方法

 わずか2,000円の自己負担で大きなリターンが得られる「ふるさと納税」。ここ1~2年ですっかり定着しましたが、ただ何となく納税していませんか?実は、ふるさと納税制度で得をするだけでなく、納税する過程においてもポイントを二重取り、三重取りすることができる方法はあるのです。

2千円の自己負担も楽々チャラに!

 自治体によって納税方法も違うのですが、一番損なのは納税者が手数料を負担する銀行振り込みや郵便振替。次にこれより比較的マシなのは、手数料無料の銀行振り込みや郵便振替。でもこれだって得をするわけではありません、あくまでプラマイゼロです。

 ではここからが本題、納税で得をする方法です。まずはクレジットカード払い。ポイント還元率は所有しているカード次第ですが、今回は比較的良い条件の1%還元と仮定して話を進めましょう。続いて楽天ポイントがつく楽天市場でのふるさと納税。クレジットカード(約1%)に加え楽天ポイント1%がつき2%となります。

 まだまだこんなものでは終わりませんよ。楽天カードを持っていればプラス3%、これに楽天市場のアプリ、楽天プレミアムカード、楽天モバイルの利用があればそれぞれプラス1%ずつボーナスがつくので、合計すると8%です。ふるさと納税は最低でも自己負担2,000円分は払わなければいけませんが、8%還元の条件下で3万円納税すれば2,400円還元となるため、楽々自己負担分をカバーできます。当然納税額が増えれば増えるほど、ポイントによるバック額も大きくなります。

 通常ならここで終わりですが、期間限定の楽天スーパーセールや楽天お買い物マラソンにタイミングを合わせれば最大でポイント10倍です。10倍の恩恵に預かるためには10店舗で買い物をしなければいけないのですが、その条件も満たした場合、なんと納税額の18%がポイントとして還元されることになるのです。自治体によってはスーパーセール時にポイントのボーナスがつく場合もあります。

最優先事項は還元率?お礼の品?じっくり考えよう

 と、楽天市場でのふるさと納税をべた褒めしてきましたが、最大のネックは品揃えの悪さ。少しずつ取り扱う自治体も増えてはきましたが、ふるさと納税大手の「ふるさとチョイス」や「さとふる」には大きく劣ります。同じ自治体であっても、ふるさとチョイスでは数十種類に渡る特産品の選択肢がある一方、楽天市場ではわずか数種類というケースもあります。

 金銭的なメリットを最重視するなら楽天市場が今のところベストですが、欲しくもないものを選んでしまっては本末転倒。自治体によっては手数料を払う必要があることを冒頭に書きましたが、そこでしかもらえないお礼の品がどうしても欲しければ、手数料を払ってでも納税する価値はもちろんあるでしょう。そもそもふるさと納税はお得な制度なのですから。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい