テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

なぜ経済学で軽視されてきた「地域研究」が最高の学問なのか

国際地域研究へのいざない(1)地域研究の意味とイスラエル研究

島田晴雄
東京都公立大学法人理事長/テンミニッツTV副座長
情報・テキスト
経済学では軽視されてきた「地域研究」だが、外交評論家の岡崎久彦氏は自著で「地域研究は最高の学問だ」と書いている。そこで今回のシリーズではいくつかの国を取り上げ、見逃されてきた地域研究の重要性と面白さについて解説する。一つ目の国として、近年急速な技術発展によって注目されているイスラエルを取り上げる。さまざまな分野で世界の技術発展を牽引するイスラエルだが、その原動力は自国の存亡に対する切実な危機感であると島田氏は指摘する。(全8話中第1話)
時間:10:18
収録日:2020/04/07
追加日:2020/11/14
ジャンル:
≪全文≫

●総合的な学問である地域研究は最高の学問


 「国際地域研究へのいざない」というテーマで、地域研究の面白さや、重要性、その意味について、皆さんと一緒に考えてみたいと思います。

 私が大変尊敬している方に、岡崎久彦氏がいます。この人は、自他ともに認める異色の外交官で、同時に大変な歴史家です。思想家、哲学者と呼んでも良いでしょう。彼はある著書の中で、「地域研究は最高の学問だ」と書いています。

 私は経済学を学んできましたが、この中には序列があります。経済学の最高の序列は、まず抽象理論です。それからミクロ経済学、マクロ経済学と、抽象度が徐々に下がっていくのです。それから、計量経済学から財政学、金融論、国際経済と続き、抽象度はかなり下がります。開発経済や労働経済では、さらに下がります。一番抽象度が低いのが地域研究です。これは、経済学の中の序列からいえば最低なのです。そのような世界に身を置いていたので、岡崎氏の指摘は非常に新鮮な驚きを受けました。

 私は専門外ですが、政治学という分野があります。政治学は、ある既存の大きなパラダイムがある中で観察事実を整理し、そのパラダイムとの適合性を検定する学問だと思います。

 ところが、地域研究では、非常に多様な要因を同時に考える必要があります。例えば地形や構造、そしてその中で人びとが持つ社会構造などが挙げられます。さらに、歴史的背景も重要です。加えて、周囲の国々との関係を分析する地政学、より広い世界からの国際関係、技術進歩などの観点も必要です。また、思想や宗教も関わってきます。関連する人物のことが分からなければ、その地域のことは理解できません。どのような教育を受けてきたのかという点も重要です。そうなると、地域研究の分野では仮説検定は容易ではなく、なじまないのかもしれません。したがってよくいえば、地域研究は総合理解の学問なのです。

 岡崎氏は、ある国、ある時代に着眼し、あるがままの姿を観察して、事実を丹念にさまざまな角度から研究するといっています。そうした事実から、ある種の理解や示唆を得る点に、地域研究の面白さや高い価値があるのではないかといっていたように思います。

 岡崎氏は、歴史を語る際に、しばしば左翼史観を批判しました。例えば、左翼史観の研究者は、得てして帝国主義を批判します。しかし岡崎氏にいわせれば、現代の観点から歴史上の帝国主義を批判することは簡単だが、それは本当の批判になっていないのです。当時の列強のあり方や、人びとの考え方、行動を理解するうえでは、現代の観点から過去の帝国主義を批判することにほとんど意味はないと、厳しく批判しています。こうした意味でも、岡崎氏の観点からは、総合的な学問である地域研究は、最高の学問だといえるのかもしれません。


●世界の技術開発の最先端を行くイスラエル


 本日は、私が最近書いたいくつかの長いエッセイを例として、このような考え方について皆さんと一緒に考えてみようと思います。

 その一つはイスラエルです。イスラエルについて、私は長いエッセイを書きました。このテンミニッツTVでも何回かにわたって、報告させていただきました。われわれがイスラエルに興味を持つのはなぜでしょうか。まず、この「なぜ」というキー・クエスチョンが非常に重要なのです。

 われわれがイスラエルに興味を持つのは、イスラエルが世界で最もイノベイティブな国だからです。イスラエル人も自分の国のことを、「スタートアップ・ネーション」と呼びますが、新しくベンチャー企業を起こし、イノベーションを進めるというサイクルが世界で最も進んでいる国なのです。日本人でも、なぜそのような国となったのか、どうしても興味がわきますよね。イスラエルにできることなら、日本でも同じようにしてみたいと思うのが自然なので、これがキー・クエスチョンだと思います。このような理由で、地域研究の題材としてイスラエルを取り上げてみたいということになるのです。

 非常に多くのイスラエル発の技術があります。しかも、世界の科学技術の歴史をつくるような技術です。例えば、サイバー・セキュリティの分野では、イスラエルの技術は世界で最高峰です。それから水の技術があります。イスラエルにはあまり雨が降らないので、水をつくる、もしくは水の質を高めるさまざまな技術が開発されているのです。さらに、生命科学・健康(ヘルス&ライフ・サイエンス)の分野に関しても多くの技術があって、医療でも用いられています。農業技術の開発も盛んで、ほとんど雨の降らない乾ききった国にもかかわらず、みごとに農業が栄えているのです。また、金融技術のレベルも高いのです。最後に、自動車に関する技術も持っています。自動車を製造するわけではないですが、自動車の根幹となる技術がイス...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。