テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
テンミニッツTVは、有識者の生の声を10分間で伝える新しい教養動画メディアです。
すでにご登録済みの方は
このエントリーをはてなブックマークに追加

平安時代とはどんな時代?激動と転換の400年が持つ意味

平安時代の歴史~「貴族道」と現代(1)日本の歴史における平安時代の意味

関幸彦
日本大学文理学部史学科教授
情報・テキスト
古代から中世への移行期である平安時代は、日本史上最長の400年に及ぶ時代である。平安貴族に象徴される優雅なイメージとは異なり、この10世紀は内外の危機に見舞われた激動の時代でもあり、さらに周辺国も含めて大きな転換期だったのである。この平安時代を学ぶことは、現代社会に生きる私たちが新時代に突入していく上で大変参考になるはずだ。これから9回にわたり関幸彦氏に解説していただく。(全9話中第1話)
時間:12:15
収録日:2023/10/20
追加日:2024/01/05
≪全文≫

●天皇を保持する国のシステムと武士の存在


 皆さん、こんにちは。私は関幸彦と申します。よろしくお願いいたします。

 今回のテーマは平安時代ということで、その平安時代の大きな流れをお話ししながら、一方では、平安の時代が持った今日的意味を考えながら、同時に、歴史というのは過去を単純に掘り下げるだけではなく、その過去から今日的なテーマをどう汲み上げていくかという、そういうところのポイントを、これから何回かにわたってお話ししようと思います。

 以前、この講座をお取りになっている方に、私は武士の問題を扱った経緯があります。武士とか武家とか、あるいは幕府というものの成り立ち、成立過程ということを前にお話ししました。

 そこでの結論は、直接その部分には論及できませんでしたが、今回は、貴族なり、あるいはそれと関連して武士なりという話をする際に、参考までに言わせていただくと、この『武家天皇か』という、朝日新聞出版から昨今出た私の本があり、その中にも今日のテーマと、前回の武士のテーマとの連動が書かれておりますので、ぜひ参考にしてください。

 そこでの結論ですが、結局、日本の歴史は、天皇という存在、つまり国のシステムとしての天皇という存在を、ずっと歴史の中に保持し続けていきました。そして、一方ではそれに対峙するかたちで、武士なり武家なりという存在があったということです。

 その武士なり武家なりというものを誕生させたのは、中世という時代です。中世という時代は、いわば突然到来するわけではなく、それ以前の段階を経ながら徐々に到来していくということです。前回は、その武士の成立のプロセスについて考えながら、日本の歴史を俯瞰してきたということになると思います。


●日本史上最長の平安時代が持つ意味


 今回のメインテーマはその武士武家というものが登場する以前、別の言い方をすれば、歴史のバトンというものが、貴族の時代から武士の時代に受け継がれていくという、そのバトンゾーンの時代です。このバトンゾーンの時代を、一般的に広く「平安時代」と呼んでいます。

 平安時代と一口にいっても、400年という非常に長期に及ぶ時代で、過去の日本の歴史を見ても400年にもわたる長い時代というのはありません。皆さんご承知のように、江戸時代でさえ250年ないし260年ほどです。それをはるかにしのぐ期間が、平安時代であったということです。

 ただ、平安時代を一口に400年といっても、皆さんはイメージ的に平安貴族ということから、なんとなく貴族は女々しいとか、あるいは歌に明け暮れているとか、恋に明け暮れているとか、そのようなイメージ化がされやすいと思います。しかし内実を見てみると、決してそうではありません。

 平安の中における不安の状況、そして外圧、あるいは疫病、内乱、騒乱、様々な危機また危機の連続が、平安の時代ということになるわけです。わずかな平安王朝の時代の一部分を、例えば『源氏物語』の世界とか、あるいは『枕草子』の世界とか、この場面だけを切り取ったときのイメージというものが、どうしても固定していることは否めません。

 そのあたりを少しでも払拭しながら、このような世界が平安の時代なのか、そしてその平安の時代の持つ意味というものが、今日的なわれわれの世界の中でどのような意義を持つのかという、現代史的な視点を提案しながらお話しできればいいと思います。

 次に具体的な話の中に入っていきます。では、平安時代が400年といっても、大きく捉えると、前半の200年ぐらいと後半の200年ぐらいですが、だいたい10世紀の半ばぐらいが1つの大きなポイントと見たとき、10世紀というのは、いわば国内的に見ても、あるいは対外的に見ても、非常に大きな転換期であるということです。これは、まず押さえておかなくてはいけない問題です。

 とりわけその10世紀後半の時代は、それ以前の日本国が持っていた権力体系と大きく変わっていきます。別の言い方をすれば、10世紀後半以降の日本国の歴史というのは、古代、中世というように、ほとんどの人が学校で習ったと思いますが、その括り方を四捨五入論でいうと、10世紀以前というのは今日的な常識でいえば古代という世界に属するし、10世紀以降は今日的な括りでは中世という枠組みに整理できます。


●古代から中世に移り変わるバトンゾーン


 これはあくまでも四捨五入論ですから、それぞれの議論はあったとしても、大きく捉えると、その10世紀以降の時代というのは貴族が力を持ちつつも、一方では、その後の武士が徐々に力を持ってくるという、このような部分です。

 ですから、10世紀、11世紀、あるいは12世紀という平安後期の時代というのは、まさしく古代から中世へと大きく移り変わっていく、バトンゾーンに当たる時期だといえ...
テキスト全文を読む
(1カ月無料で登録)
会員登録すると資料をご覧いただくことができます。