10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録

関連するタグ

村山談話

村山談話
 「村山談話」(Murayama discourse)は、1995(平成7)年8月15日に、村山富市首相(当時)が発表した「戦後50周年の終戦記念日にあたって」と題された談話。日本が「国策を誤り、戦争への道を歩んで国民を存亡の危機に陥れ、植民地支配と侵略によって、多くの国々、とりわけアジア諸国の人々に対して多大の損害と苦痛を与え」たことが明記され、反省とお詫びの意、犠牲者への哀悼の念を表した。また、「唯一の被爆国としての体験を踏まえて、核兵器の究極の廃絶を目指し、核不拡散体制の強化など、国際的な軍縮を積極的に推進していく」ことを表明している。  村山談話は日本の公式見解として、その後戦後60年の小泉談話を経て歴代内閣に引き継がれ、安倍首相の「戦後70年談話」にも影響を及ぼした。  「10MTVオピニオン」では、歴史学者で東京大学名誉教授の山内昌之氏、元朝日新聞主筆の若宮啓文氏、作家の石川好氏らが、「村山談話」の歴史的な意味と現代に生きる意味について、多方面からの検討を行なっている。なかでも山内氏は、安倍首相の戦後70年談話の元となる「21世紀構想懇談会」の一員として、現代人がかつての戦争に向き合うための基本姿勢を語っている。

安倍首相の「戦後70年談話」は周辺国とどうあるべきか

戦後70年談話所感(3)周辺国との関係
毎日新聞2015年8月13日(木)朝刊に、「戦後70年首相談話に望む(4)負の歴史 向き合って」と題して、歴史学者・山内昌之氏のインタビューが掲載された。聞き手は政治部松本晃記者。ここで山内氏が触れ...
収録日:2015/08/19
追加日:2015/09/14
山内昌之
東京大学名誉教授/歴史学者/武蔵野大学国際総合研究所特任教授

分かった人はプロ! 日中4項目合意に村山談話が隠れている

どうなる?戦後70年「安倍談話」(4)村山談話をコミットした安倍内閣
戦後70年安倍談話では、「侵略」や「植民地支配」という言葉を同様に用いるわけではないと明言した安倍晋三首相。しかし、実はすでに、安倍内閣は村山談話を間接的にコミットしていると、若宮啓文氏は指摘する...
収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/19
若宮啓文
元朝日新聞主筆

「反省」はあるが「侵略」も「植民地支配」もない

どうなる?戦後70年「安倍談話」(3)豪州演説にみる方向性
戦後70年安倍談話に当たっては、村山談話を「全体として継承」するも、「侵略」や「植民地支配」という言葉を同様に用いるわけではないと明言した安倍晋三首相。果たしてどのような内容になるのか。その参考と...
収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/12
若宮啓文
元朝日新聞主筆

安倍首相は昔、村山談話反対の「歴史・検討委員会」に参加

どうなる?戦後70年「安倍談話」(2)「侵略」にこだわる背景
2015年8月に発表が予定される安倍晋三首相の戦後70年談話は、村山談話を「全体として継承」とは言うものの、文言の継承について聞かれると「そういうことではない」と否定した。安倍首相が「侵略」という...
収録日:2015/01/29
追加日:2015/03/05
若宮啓文
元朝日新聞主筆

戦後70年「安倍談話」はどのような内容になるのか?

どうなる?戦後70年「安倍談話」(1)村山談話をどこまで踏襲するのか
2015年は戦後70年の節目の年。来る8月に発表される安倍晋三首相の談話に今から注目が集まっている。果たして「安倍談話」はどのような内容になり、歴代内閣の立場をどの程度まで継承するつもりなのか。『...
収録日:2015/01/29
追加日:2015/02/25
若宮啓文
元朝日新聞主筆

米国も日韓の仲を取り持とうと配慮

日韓関係の悩ましさ(3)関係硬直の背景と日韓条約50年に向けた進展の兆し
 しばらく硬直状態を続けてきた日韓関係は、今年3月のハーグでの日米韓首脳会談を経て、ようやく進展の兆しを見せてきた。両国関係の難しさの背景となる韓国社会の変化や日本側の主張にも言及しつつ、問題点を...
収録日:2014/04/28
追加日:2014/05/15
若宮啓文
元朝日新聞主筆

ゲットー英雄記念碑の前で跪き、黙祷を捧げたブラント

なぜ「ドイツの謝罪」のようにいかなかったのか(1)世界に印象づけられたドイツの二つの謝罪
日本はなぜドイツのように戦争責任を明確にできなかったのか。世界に印象づけられたドイツの二つの謝罪 “ブラントの祈り”と“ヴァイツゼッカーの演説”を取り上げながら、日本の村山談話との違いを解説していく。(...
収録日:2013/10/31
追加日:2014/04/17
若宮啓文
元朝日新聞主筆

当時1年生議員だった安倍首相は終戦50年決議に反対

「村山談話」とは何だったのか(2)談話に至った経緯と「安倍談話」の行方
1995年の表明以来、日中、日韓を中心とする日本のアジア外交の基本となった「村山談話」。この首相談話表明につながる終戦50年決議の顛末や、村山談話や歴史認識に対する安倍総理の姿勢に触れつつ、戦後7...
収録日:2014/01/17
追加日:2014/04/11
若宮啓文
元朝日新聞主筆

アジアに対する謝罪や和解を求めるメッセージの決定版

「村山談話」とは何だったのか(1)二つの大きな意義
日本の歴史認識を問う際に、焦点となるのが1995年の「村山談話」である。若宮啓文氏が、この村山談話がもつ二つの大きな意義を説きつつ、談話の継承がアジア外交にとっていかに大切であるかを浮き彫りにする。
収録日:2014/01/17
追加日:2014/04/03
若宮啓文
元朝日新聞主筆