10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.09.25

今すぐできる!口臭の原因とその予防法

 自分の口臭がひどいのではないか心配になったことはありませんか?

 人は他人のにおいには敏感でも、自分のにおいには気付きにくいもの。知らず知らずのうちに口臭で他人に不快な思いをさせているかもしれない―と不安を覚える人も少なくありません。最近では口臭予防の商品も数多く販売され、口臭への関心も高まっています。

 では、なぜ口臭が発生するのでしょうか?口臭を予防する方法はないでしょうのか?今回は、悩んでいる人も多い、口臭についてお届けいたします。

そもそも口臭の原因とは?

 口臭がひどい人がいると、蓄膿症や糖尿病、舌がんなどの病気を疑う人が多いのではないでしょうか。しかし、口臭はこうした病気よりも、歯周病や虫歯といった口の中の病気が原因であることの方が多く、後者の割合が大半を占めています。口内環境が原因で発生する口臭は、口の中にいる細菌が食べかすや死んだ細胞を分解することで発生するガスによるもの。つまり、口の中を清潔に保つことができれば、そのガスの発生を抑えることができて、口臭は改善することができるのです。

口臭の二大発生源は舌と歯周ポケット

 口の中でも特に口臭が発生しやすいのは舌と歯周ポケットです。その理由と対策を紹介していきましょう。

[舌]
 自分の舌を鏡で見てみてください。健康な舌は赤い舌ですが、もし白っぽい苔が付着していたら、注意が必要かもしれません。それは舌苔(ぜったい)といって細菌や食べかすなどの汚れが付着したもので、過剰に付着している場合には口臭の大きな原因となります。

 舌苔を改善するために熱心に舌をみがく人もいますが、これは舌にとって良くないことなのでやめましょう。一生懸命に舌をみがきすぎると、味覚を感じなくなってしまうこともあるので注意が必要です。ただし、少量の舌苔があるのは当然のことなので、全部を取り除かなければいけないと思わなくても大丈夫です。舌苔は口内の乾燥やストレスが原因だといわれていますので、しつこくみがくよりも、しっかりうがい・歯みがきを徹底して口内を綺麗にして、体をリラックスさせてあげましょう。そうすれば舌苔も減っていくはずです。

[歯周ポケット]
 口臭の原因を作る細菌が固まってできた歯垢は、時間が経つと歯石になり、最終的には歯周病の原因となります。これらが原因となって歯と歯ぐきの間に歯周ポケットができてしまうと、口臭の原因へとつながってしまいます。歯周ポケットの汚れは歯みがきでなかなか届かないために落とせなくなってしまい、そこに膿や歯垢がたまることによって口臭が発生してしまうのです。

 対策としては、ていねいに歯みがきをすることと、定期的に歯科健診へ受けること。セルフケアでは歯垢をすべて取り除くことはできないので、歯科医院でのプロフェッショナルケアを受けるようにしましょう。また、虫歯や歯周病の早期の発見にもつながりますので、口内環境を健康に保つためにも定期的に受診することをおすすめします。

唾液の分泌

 口内環境を清潔に保つには、唾液の分泌が欠かせません。唾液は汚れを洗い流し、細菌が繁殖しないようにする働きを持っているからです。しかし、唾液はストレスや緊張、加齢などさまざまな要因によって減少することがあります。そんなときには水分をとるようにして、口内が乾かないように気をつけましょう。

 いかがでしたか。口臭を気にすることはエチケットとしても大切なことなので、セルフケアで改善できることにはぜひ取り組んでいきましょう。しかし、気をつけたいのは口臭を気にするあまり、自分で口臭がひどいのではないかと思い込みすぎてしまうこともあります。あまり気にしすぎてしまうとそれがストレスになってしまい、口臭の遠因にもなってしまいます。最近では口臭をはかるブレスチェッカーも発売されていますので、そうしたツールを用いて調べてみるのも良いでしょう。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい