10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2017.10.21

なぜ「炭酸水」は流行ったのか?

 コンビニやスーパーマーケットのドリンクコーナーを覗くと、お茶や清涼飲料水に混じって炭酸水のペットボトルが目につくようになりました。

 数年前までは、割り材としてアルコールコーナーに1~2種類が常温で置かれている程度でしたが、さまざまなメーカーが500ミリリットルペットボトルの製品を出し、それがお店の冷蔵棚に堂々と並んでいます。この「炭酸水ブーム」、一体どこからやってきたものなのでしょうか?

美容と健康のための炭酸水

 きっかけの一つは、「ミネラルウォーターブーム」でしょう。

 2000年ごろより、主に女性たちの間で、美容やダイエットを目的としてミネラルウォーターを飲むことがトレンドとなり、フランスの超硬水「コントレックス」をはじめとする海外のミネラルウォーターが多く流通するようになりました。その一つとして「ペリエ」や「サンペレグリノ」などのガス入りミネラルウォーターもカフェや料理店で広く置かれるようになり、炭酸水を日常的に飲む習慣が少しずつ根付くようになってきました。

 美容とトレンドに敏感な女性たちは、「炭酸水ダイエット」にも目を付けます。炭酸水が血行を促進し、冷え防止や便秘解消に役立つ上に、炭酸特有の満腹感で食欲を抑える効果もあると紹介され、ミネラルウォーターでない「炭酸水」の需要も急上昇。各メーカーがトクホやレモンなどのフレーバー入りなど、さまざまな趣向を凝らした炭酸水を発売するようになりました。

ハイボールブームも大きな要因に

 炭酸水ブームを担ったのは若い女性だけではありません。2009年から2010年にかけて起こった「ハイボールブーム」も、炭酸水ブームに大きく貢献しました。

 特に、アサヒ飲料が販売する炭酸水ブランド「ウィルキンソン」は、2007年から10年ほどで10倍以上も売り上げを伸ばすほどのヒット商品に。ウイスキーや氷を合わせてもパンチのある爽快感が楽しめるのは、強炭酸のウィルキンソンならでは。ハイボールを扱う飲食業界で根強いファンを生みました。

 また、自宅でハイボールをつくって楽しむ人たちに、余った炭酸水をそのまま飲むという習慣が定着。無糖かつノンアルコールで爽快感を味わえる炭酸水を、ビジネスタイムにも愛飲する人が増えてきました。

 スタッフの中にも炭酸水の愛飲者がおり、特に朝や暑い日、眠気が辛いとき、あるいはアルコールを控えているときなどに、炭酸水は気持ちをシャキっとさせてくれる頼もしい味方だと話しています。そのスタッフは、以前は微炭酸のサンペレグリノを箱買いしていたけれども、最近は強炭酸のウィルキンソン一択とも言っていました。また、知人は水道水から炭酸水がつくれる「ソーダメーカー」を購入し、さまざまなフレーバー入りの炭酸水を楽しんでいるそうです。

炭酸水に健康リスクはあるのか?

 「無糖かつノンカロリーで身体にいい」というイメージが強く、食事中、運動中、仕事中とさまざまなシチュエーションでポピュラーに楽しまれるようになった炭酸水ですが、胃と歯への影響は少し気をつけたほうがいいかもしれません。

 炭酸水は先に挙げたように満腹感を得られます。つまり胃が拡大することになるので、医学博士の大西睦子氏は日経Gooday30+の記事で「胃酸が逆流する人、過敏性腸症候群のある人、胃潰瘍のある人には、炭酸水は適しません」と答えています。ということで、胃の弱い方はなるべく控えたほうがいいかもしれません。

 また、歯科医師の小林保行氏は東洋経済ONLINEに寄稿した記事にて、「口にする頻度が多かったり、唾液の減る就寝前に飲む習慣があったりすると歯は少しずつ溶かされてしまう可能性があります」とコメントしています。そして、その対策として「フレーバーのものは極力避ける」「口の中にためない」「寝る前に飲むのは避ける」「飲んだらなるべくうがい、水を飲む」などを挙げています。

 何事も「ほどほどがいい」とはいわれますが、炭酸水もどうやら同じよう。適度に飲んで、炭酸水ライフを楽しむのがよさそうです。

<参考サイト>
・東洋経済ONLINE:「炭酸飲料が歯を溶かす」という通説は本当か?
http://toyokeizai.net/articles/-/115727
・日経Gooday30+:炭酸水は無糖なら水代わりに飲んでもOK?
https://style.nikkei.com/article/DGXMZO14555100X20C17A3000000?page=2
(10MTV編集部)

あわせて読みたい