10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.04.03

コンビニでたばこに次ぐリピート率の商品とは?

 おにぎりやサンドイッチなどの食料品の販売のみならず、文房具や洗剤などの日用品のほかにも、書籍・雑誌を取り扱い、コンサートチケットの予約までできる最近のコンビニ。「コンビニエンスストア」の名前の通り、便利で使いやすい、街角の小さな何でも屋さんです。

 たくさんの人が訪れるコンビニですが、実は同じ人が週に2回以上購入する率が最も高いのは「たばこ」だと言われています。これに次いで、近年リピート率がうなぎのぼりの商品があることをご存じですか?

 それはコンビニのコーヒーなのです。

 今回は、コンビニ・コーヒーの魅力についてのお話です。

リピート率を底支えする価格

 コンビニ・コーヒーが人気の背景にはいくつかの理由があると言われています。まず目に止まるのは価格の安さです。大手コンビニチェーンのセブンイレブンであれば、ホットコーヒーのレギュラーサイズが税込100円。同じサイズのものを他のコーヒー専門店で飲もうとすると税込300円以上するところも珍しくありません。

 コーヒー党の人々にとって、毎日のコーヒーは欠かすことのできない相棒のような存在です。プライベートから仕事モードに頭を切り換えるためであったり、集中力を得るためだったり、コーヒーを飲まないと調子が出ないという人も多いはず。そのなかで、一杯100円という価格はお財布にも優しい魅力的な値段と言えるでしょう。コンビニ・コーヒーのリピート率を底支えしているのは、この価格が大きな要因といわれています。

コンビニ各社が展開する独自のコーヒー開発

 ただ安くて早いからよいのであれば、より安価で素早く購入できる缶コーヒーに移行するという方法もあります。しかし、それでもコンビニ・コーヒーが選ばれる理由は、もちろん“味”に満足度を得ているからです。

 コンビニ各社ではそれぞれコーヒーの淹れ方にこだわりを見せています。例えば、セブンイレブンでは2018年3月にコーヒーの刷新を行いました。すでに年間10億杯も売れているのですが、さらにその味に改良を加えたのです。4種類の豆を利用し、3種類の焙煎した“トリプル焙煎法”を採用。入れ方はドリップ方式を使用し、より旨みと深いコクが味わえるコーヒーへと進化しています。

 他社も負けていません。ローソンは、レインフォレスト・アライアンス認証を得ているコーヒー豆だけを使用しています。レインフォレスト・アライアンスとは、社会、経済、環境の3点において、事業者が一定の基準に達していると判断されたことを意味します。これを満たした優良な農場からコーヒー豆を輸入しているのです。淹れ方はエスプレッソ方式です。その他、ファミリーマートやミニストップなど、コンビニ各社では独自にコーヒー開発を行っています。

実は時短にもなるコンビニ・コーヒー

 ですが、安くて美味しいを叶えるにはもう一手間あるはずですよね。

 そこで注目なのはコーヒーの販売方法です。コンビニでコーヒーを購入すると、レジでカップを購入し、それをコーヒーマシンのところへ持っていき、自分で濯ぐという手順を踏むことになります。コーヒー専門店などでは見られない販売方法ですし、はじめてコンビニ・コーヒーに挑戦する方にとってはとまどうところかもしれません。

「なぜわざわざ自分で?」と思われる方もいるかもしれませんが、注文から抽出、受け取りまでの行程を考えると、コンビニ・コーヒーを購入する方がずっと時短になるのです。また、すべてセルフのため、その分価格も安く回転も速いことが魅力となります。

 セルフ・ガソリンスタンドやセルフでトッピングを選ぶうどん専門店など、実はこうした安くて速いセルフ・ビジネススタイルは珍しいものではありません。

コンビニ・コーヒーの更なる進化に注目

 全日本コーヒー協会の調査によると、レギュラー・コーヒーの1週間当たり飲用量は2010年には3.27杯だったものが、2016年は3.89杯と約20%増加に転じています。これは、この6年のあいだに広がったコンビニ・コーヒーの押し上げが大きいと考えられています。

 実際に身近なコンビニ・コーヒーのリピーターの人からは、「安くて美味しい」という評価の声が多く聞こえました。またコーヒーとともに、コンビニ・スイーツを合わせて購入するのが楽しみだという人も。確かに、コンビニ・スイーツも日々改良と開発が進んでいる商品です。一緒に購入すれば、さらに楽しみも広がります。

 淹れ立て、挽き立てのコーヒーから香る、かぐわしい匂いや温かなカップの手触り。これからもコンビニ・コーヒーの進化から目が離せません。
(10MTV編集部)

あわせて読みたい