10MTVオピニオン|有識者による1話10分のオンライン講義 ログイン 会員登録
DATE/ 2018.09.07

世界で最も平和な国・危険な国はどこなのか?

 日本は世界的にも安全な国だと言われています。たしかに、平和や安全について、日本は長い間、安定した状況を保ってきていると言えるでしょう。ですが、世界規模で見てみるとまた違った状況があるようです。たとえば、戦死者は増加傾向にあり、難民は世界人口の1%近くに達しています。今回はこういったデータをまとめている「世界平和度指数(GPI)」をもとに、世界の平和と危険の現状を見てみましょう。

「世界平和度指数」とは

 世界平和度指数(GPI : Global Peace Index)とは、シドニーに本部を置く国際的独立系シンクタンク「経済平和研究所」(Institute for Economics and Peace)(IEP)が毎年発表しているレポートです。最新版は第12版、対象は世界163の国と地域で、大きく「治安」(犯罪率、暴力犯罪の数、政治テロなど)、「内戦・戦争」(内戦・戦争の有無、隣国関係など)、「軍事化」(軍事支出、核兵器などの武力、軍従事者の割合など)といった3つ分野にまたがる23の指標を作成し、平和の状態を評価しています。

 この評価によると、現在の世界の平和度は、過去10年の内でも低い状況にあります。

「世界平和度指数」ランキング1位はアイスランド

 国別トップはアイスランドで、08年以降11年連続して首位を維持しています。犯罪率が非常に低く、1年に殺人が起こる確率は10万人あたり1.8人で、これはアメリカの3分の1ほどとのこと。

 アイスランドといえば、先のサッカーワールドカップでアルゼンチン代表と引き分けて大いに盛り上がりましたよね。サポーターの繰り出す「バイキング・チャント」にも注目が集まりました。またこのとき、アイスランド国内でテレビを見ていた人の99.6%が試合を観戦していたということも、話題になりました。

 アイスランドはヨーロッパの北方にある島国。面積は北海道よりやや大きく、人口はおよそ35万人。NATO加盟国ですが、自国の軍備はありません。1951年よりアメリカと防衛協定を結び、米軍の駐留を認めていましたが、米国の事情で2006年に撤退しています。現在は、アメリカとの二国間防衛協定に基づき、アメリカによるアイスランド防衛が保証されています。また、水産業が盛んで、日本で流通している「ししゃも」の多くがアイスランド産とのことです。

「世界平和度指数」ランキング最下位はシリア

 最下位である163位はシリアです。シリアでは、アサド政権や化学兵器の問題に対するアメリカとロシアの対立、イスラム教原理主義組織の問題など、あらゆる問題が絡み混沌とした状況が続いています。やはり今回の調査上も厳しい状況を示しています。国連の試算によると、この7年間続いている内戦での、物的損害はおよそ4000億ドル(44兆円)に上るとされています。

 IEPの創始者で会長のスティーブ・キルリー氏は、「平和は破壊するよりも、築き上げる方がずっと難しい、ということが研究の結果、分かっています。指数の底辺にいる国々が長期化する紛争から抜け出せないでいる理由の一つです」と述べています。

「世界平和度指数」ランキング日本は9位

 2018年の日本のランキングは9位です。普段感じている治安や安全の意識では、かなり上位なのではないか、という期待もあったかと思いますが、ぎりぎりのトップ10という感じでしょうか。ちなみに遡ると、2015年は8位、2016年は9位、2017年は10位という推移です。

 以下は2018年のランキングトップ10です。右の数字はスコアで、数字が小さい方がさまざまな不安要素が小さいことを示しています。

1位:アイスランド 1.096
2位:ニュージーランド 1.192
3位:オーストリア 1.274
4位:ポルトガル 1.318
5位:デンマーク 1.353
6位:カナダ 1.372
7位:チェコ 1.381
8位:シンガポール 1.382
9位:日本 1.391
10位:アイルランド 1.393

 ヨーロッパの国々が多い印象はあります。アジアからはシンガポールと日本がランクインしています。しかし、ヨーロッパ諸国を一括りに平和だと考えるのは早計なようです。スペインの順位は10位後退して30位。これは、国内の政治的緊張と、テロの影響の高まりが原因です。また、過去10年間に、政治不安、テロの影響の高まり、犯罪性の認知の高まりなどが原因となって、ヨーロッパの61%を占める各国で平和度は後退しています。

<参考サイト>
・Global Peace Index2018
http://visionofhumanity.org/app/uploads/2018/06/Global-Peace-Index-2018-2.pdf
・Huffpost:W杯アイスランド初戦、テレビ視聴者のうち99.6%が観戦
https://www.huffingtonpost.jp/2018/06/18/iceland-worldcup_a_23462242/
・AFPBBNEWS:シリア内戦の物的損害44兆円相当、国連発表
http://www.afpbb.com/articles/-/3185483
(10MTV編集部)