テンミニッツTV|有識者による1話10分のオンライン講義
ログイン 会員登録 テンミニッツTVとは
社会人向け教養サービス 『テンミニッツTV』 が、巷の様々な豆知識や真実を無料でお届けしているコラムコーナーです。
DATE/ 2019.10.16

今日からできる「恋愛運」を上げる方法

恋愛運は自分でアップさせられる

 最近、なぜかいい恋愛ができない……と悩んでいませんか? 素敵な出会いがなかったり、出会いがあっても「はずれ」だったり。それは、恋愛運が落ちているからかもしれません。この運気をアップさせれば、理想の恋愛も引き寄せられるでしょう。「運」というと自力ではどうしようもないイメージを持たれがちですが、これは生命の内側から放たれる「気」とか「オーラ」のようなものです。星やカードに願いを託すのではなく自分でアップさせることが可能なので、その方法をご紹介しましょう。

 身の周りを美しくする:まずは部屋をきれいにすること。ゆっくり休む場所が汚れていると疲れが取れず、さらに掃除をしなくなってどんどん無気力になってしまいます。それに、断捨離をするといらないものがあった場所にプラスの気が集まってくるので、恋愛運もアップします。

 身につけるものを美しくする:部屋をきれいにしたら服や化粧にも気を使いましょう。大切なのは、自分がわくわくするものを選ぶことです。そうすると、わくわくが外ににじみ出て恋愛運をアップさせます。特に女性はピンクを身につけると、女性ホルモンが活性化してより美しくなるのでおすすめです。

 モテオーラを浴びる:モテる人を友人に選びましょう。モテオーラをおすそ分けしてもらうとモテる仕草や言葉遣いが身につき、恋愛にポジティブになれます。モテる人に「恋人募集中」とアピールするのも効果的。素敵な人がフリーになったときに紹介してもらえるなどのチャンスが巡ってきますよ。

 誰にでも自分から優しく接する:人は優しくしてくれた人には優しくなれます。優しさを待つのではなく、自分から積極的に優しくすることがよい人間関係を築き、恋愛運もアップさせるわけです。ただし、気に入った人にだけ優しくすると裏表のある人と思われるので、平等な接し方を心がけましょう。

恋愛をはじめるには第一印象が大切

 恋愛運がアップして理想の相手と出会えたら、今度はしっかりと自分にひきつけなくてはいけませんよね。実はそのとき、相手の心をつかむには第一印象がとても大切です。『人は見た目が9割』という本が話題になったことを、記憶している方も多いのではないでしょうか。

 アメリカの心理学者アルバート・メラビアンの研究でわかった「メラビアンの法則」によると、人間は外見や表情などの「視覚情報」、声質や抑揚などの「聴覚情報」、話の内容や言葉などの「言語情報」の3つから相手の印象を判断するといわれます。このうち特に重視されるのが視覚情報で、55%を占めるとか。実際には聴覚情報の38%と合わせて「9割」といわれるのですが、第一印象で見た目が最も重要なのは間違いありません。それでは、よい第一印象を与えるにはどうすればよいでしょうか。

 まずなにより笑顔:相手に好意を持っていると示せる最強のツールが笑顔です。笑顔で接するだけで第一印象は格段によくなり、相手も笑顔で接してくれます。

 背筋を伸ばして姿勢よく:意外と気にかけないポイントですが、ぴんと伸びた背筋はポジティブさや自信を相手に感じさせます。相手に信頼されるためには姿勢にも気を配りましょう。

 清潔な服装を心がける:服装は流行や値段を気にするのではなく、清潔でちょうどいいサイズのものを選ぶことが大切。不潔なのは論外ですが、わざと小さいサイズを着て痩せているように見せるのもよくありません。相手に無理をしている痛々しい人と思われてしまいます。

 ワントーン高めの大きな声で話す:聴覚情報で重要なのが聞き取りやすい声。特に第一印象をよくするには、元気で明るく感じてもらえる高めの大きな声が効果的です。

 結婚相談所オーネットのアンケートでは、第一印象が決まるまでの所要時間は「およそ10秒程度」が17.6%で最も多く、次に多いのが「見た瞬間に分かる」となっています。第一印象は会って1分以内に決まるという回答が6割を占めており、一瞬の勝負ということがわかります。せっかく恋愛運を上げて巡り合った出会いを逃してしまわないよう、第一印象にも気を配って人に会いましょう。
~最後までコラムを読んでくれた方へ~
雑学から一段上の「大人の教養」はいかがですか?
明日すぐには使えないかもしれないけど、10年後も役に立つ“大人の教養”を 5,200本以上。 『テンミニッツTV』 で人気の教養講義をご紹介します。
1

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

2024年問題は2024年で終わらない…物流業界の厳しい現実

物流「2024年問題」~その実態と打開策~(1)「2024年問題」とは何か

トラックドライバーの労働時間制限によって引き起こされる物流「2024年問題」。トラック業界に訪れる働き方改革は、5年間の猶予措置を経て、さまざまな問題を噴出させる。中でも注目すべきは、時間外労働の上限規制と改善基準告...
収録日:2024/04/30
追加日:2024/06/18
首藤若菜
立教大学経済学部教授
2

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

OpenAI創業者サム・アルトマンとはいかなる人物なのか

サム・アルトマンの成功哲学とOpenAI秘話(1)ChatGPT生みの親の半生

ChatGPTを生みだしたOpenAI創業者のサム・アルトマン。AIの進化・発展によって急速に変化している世界の情報環境だが、今その中心にいる人物といっていいだろう。今回のシリーズでは、サム・アルトマンの才能や彼をとりまくアメ...
収録日:2024/03/13
追加日:2024/04/19
桑原晃弥
経済・経営ジャーナリスト
3

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

なぜ「心の病」が増えている?メンタルヘルスの実態に迫る

メンタルヘルスの現在地とこれから(1)「心を病む」とはどういうことか

組織のリーダーにとって、メンバーのメンタルヘルスは今や最重要課題になっている。組織として目標達成が大事であることは間違いないが、同時に一人ひとりの個性を見極め、適材適所で割り振っていく「合理的配慮」も求められて...
収録日:2024/04/17
追加日:2024/06/15
斎藤環
精神科医
4

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

「三種の神器」ブームの後に来た最大の危機…その予兆とは

松下幸之助の危機克服~熱海会談の真実(2)最大の危機と予兆

佐久間氏は自身の苦境を乗り越えるにあたり、松下幸之助の「最大の危機」を参考にしたという。それは1964年7月、松下関係者と販売会社・代理店のトップ200名を集めて行われた「熱海会談」である。(2023年12月1日開催日本ビジネ...
収録日:2023/12/01
追加日:2024/06/17
佐久間曻二
元松下電器産業副社長
5

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

直観型と熟慮型…2つの思考回路を使い分ける人間の特徴

行動経済学とマーケティング(2)行動経済学を構成する「3つの分野」

行動経済学は、3つの分野で構成されている。「現象の描写」「メカニズムの説明と理論」「実社会への適用」の3つだが、それぞれどのようなものなのか。詳しく解説し、従来の経済学との違いを明確にしていく。(全6話中第2話)
収録日:2024/04/08
追加日:2024/06/13
阿部誠
東京大学 大学院経済学研究科・経済学部 教授